じゃがいもって焼いたり煮たり揚げたり色々な調理方法で利用でき色々な料理に使えて便利ですよね!

離乳食中期から後期大きくなってもずっと食べられるじゃがいもを使った離乳食のレシピをいくつかご紹介しますね!

じゃがいもに含まれる栄養

たんぱく質炭水化物はもちろんジャガイモにはみかん並みビタミンCが含まれているんですよ!
また、新ジャガにはビタミンCがより多く含まれているんです。

中期から食べさせれる茹でるだけのレシピ

  1. まず適当な大きさに切ってあく抜きのためしばらく水にさらしときます。
    (この時、細めに切ってると時短になりますよ)
  2. 水から出して、茹でます。
    竹串がしっかり通るまで茹でてください。
  3. お湯から出し、適当な深めの皿に出して潰していきます。
    この時潰す前の温かいうちに少量のバターをいれ溶かしながら潰していきます。
  4. 醤油を少々かけて出来上がりです。
    (中期の頃は素材の味を楽しんでもらうため醤油はいれなくてもいいです。)

あとは、小さく丸めてお皿に飾り付け手づかみで食べさせてあげてください。
ジャガイモと一緒に人参をしっかり茹でて潰して混ぜても栄養満点でいいと思います。
砂糖を少しいれると、手軽なおやつにもなりますよ。
もちろん、砂糖なしでも十分おやつになります。

[adsense]

後期向け焼くレシピ(ジャガイモのおやき)

  1. まずは、下準備です。
    水にさらしてあく抜きがすんだら、茹でるだけのレシピの通りにまずは茹でます。
  2. おやきにいれたい食材、例えばほうれん草キャベツなど葉物系の食材を細かく刻んでおきます。
  3. 茹でて、潰したジャガイモと刻んだ食材を混ぜ合わせます。
  4. 混ぜたものにだしと醤油を少しいれ、片栗粉をまぶします。
  5. ごま油や、バターオリーブオイルなどをフライパンにしいて焼きます。
    焼き加減は、ジャガイモはもう茹でていて火が通っているので、混ぜた食材に火が通るぐらいです。
    なので、焼き目がつくぐらいでいいと思いますよ。
ほうれん草をなかなか食べてくれなかったうちの娘も、このおやきなら食べてくれるようになりました。
ジャガイモの力恐るべし!

最後に

紹介したのはほんの一部ですが、この要領さえ覚えてればいろいろな食材を入れて色んな味のおやきが作れるし、少し多めに作って、あんかけ等をかければ大人の晩御飯にも利用できちゃいます
大人と子供と作り分けなきゃいけなくてめんどくさいというママさんもこれなら、少しアレンジすれば大人用に変身するのでぜひ、作ってみてください。

むうこより

関連記事はこちら