今や大人気の、大分マリーンパレス水族館「うみたまご」。

大人気がゆえに混雑具合も気になりますよね。

とくに車で行く場合、運転するお父さんたちは駐車場が心配な人も少なくないはず。

やったぁ!

今度の休みはうみたまごだぁ。

楽しみだなぁ~

楽しい休日にしたいけど、駐車場で渋滞になっていたら入る前から疲れちゃいそうだな・・・。

料金とか混み具合とかどうなんだろう。

せっかく楽しみにしていても、入る前から渋滞などで時間がかかってしまっては楽しい気分も台無しですね。

私もうみたまごへ行くときはスムーズに車を停められるように、なるべく早めに行くことが多いです。

先日、春休みに子供たちを連れて行ったときは平日でしたが、昼過ぎからは駐車場も混んできていました。

駐車場に停めることがまずは最初の入り口ですよね。

 

そこで今回は、うみたまごの駐車場について、

  • 料金
  • 混雑具合
  • 周辺に他の駐車場があるかどうか
  • 車以外の行き方

を紹介したいと思います。

うみたまごへ行く前に駐車場について気になっている方は、ぜひ読んでくださいね!


うみたまごの駐車場料金は?

それでは説明していきますね。

料金は以下の通りです。

  • 普通車(軽自動車)  410円
  • バス        1,030円

割引はありませんが、駐車場に停めたまま、うみたまごと高崎山自然動物園の両方利用することができます。

 

うみたまごの駐車場!混雑具合は?

そういえば、うみたまごの周辺に駐車場がいくつかあるみたいだけど、どうなってるんだろう?

どの駐車場もうみたまごと高崎山の共同駐車場なんですよ。

以下の説明をみてくださいね。

 

第1駐車場から第4駐車場まであり、台数は合計で800台まで可能です。

  • うみたまご側・・・第1,2駐車場
  • 高崎山側・・・第3,4駐車場

うみたまご 駐車場 時間 料金

通常第1・2・3駐車場朝8:30から常時開いていますが、通常の週末でも満車になることはなく、連休時等に第4駐車場を開けています。

私が行った春休みの平日は通常の土日のように混雑していましたが、朝1番に行ったので駐車場も第1駐車場に停めることができました。

午後に見たときは駐車場も第3駐車場まで入っていて、混雑を避けるのなら朝早く到着するように行くことをオススメします。

第3駐車場になるとうみたまごまで歩道橋を渡って行かなければいけないので、少し歩くことになるんです。うみたまご 駐車場 混雑 満車

お盆やお正月、GWなどはやはり混雑しますので、第4駐車場まで開いていても満車になることもあり、そういう場合は入り口付近で並んで待つことになります。

もしくは次で説明しますが、シャトルバスを利用されるとよいでしょう。

 

シャトルバスを利用するということは、そのシャトルバスがどこからか出ているということ・・・

うみたまごの周辺情報!他に駐車場はある?

入館料も考えると、駐車場代がイタイなぁ。

どこかに無料の駐車場なんてないのかね?

少し離れた場所になら、あるんです。

うみたまごから約1.5キロほど離れた田ノ浦ビーチ無料駐車場があります。

 

田ノ浦ビーチ

 

そこから徒歩で15分くらいですが、大型連休等は田ノ浦ビーチの駐車場からシャトルバス(有料)がでることもありますよ。

シャトルバスが出るかどうかは連休直前に決定することが多いので、大型連休に予定されている場合はホームページなどで確認するとよいでしょう。

うみたまごまでのアクセスをわかりやすく解説!車以外で行く方法は?

また、うみたまごへは車以外に、公共交通機関でも行くことができますよ。

うみたまご前には、大分交通の「高崎山自然動物園前」というバス停がありますので公共交通機関はバスが便利です。

JR利用の方は別府駅から「大分駅行」のバス、大分駅からは別府方面行きのバスに乗って「高崎山自然動物園前」で降るとすぐ目の前がうみたまごになります。

うみたまご 駐車場 バス停高速バス利用の方は別府駅または別府北浜のバス停、飛行機を利用の方は大分空港から高速バスで大分・別府行きに乗り別府北浜で降りて乗り換えてくださいね。

 

まとめ

今回は、うみたまごの駐車場について紹介しました。

料金は、

  • 普通車(軽自動車)  410円
  • バス        1,030円

でした。

その他の情報としては、以下のものがありましたね。

  • 駐車場は第4駐車場まで
  • 合計800台駐車可能
  • 開場は8:30なので混雑時は早い時間がオススメ
  • 近隣の駐車場は田ノ浦海岸に無料駐車場がある
  • 田ノ浦海岸よりシャトルバスが出る場合もあるが随時確認が必要
  • 車以外では大分交通のバスが便利

 

事前に確認することでスムーズに入ることができ、うみたまごを十分に楽しめることでしょう。

関連記事はこちら