大分マリーンパレス水族館「うみたまご」内にある新施設「あそびーち」があるのをご存知ですか?

大分在住の私も、以前から「うみたまご」にはよく遊びに行っていたのですが、「あそびーち」ができてからはもっと行く回数が増えました。

先日も春休み中の子供たちを連れて行ってきましたが、家族連れやカップルなど幅広い年齢層に大人気でしたよ。

そうそう「あそびーち」!

前から聞きたかったんです。

うみたまごには行ったことあるんですが・・・

気になりますよね。

子供たちも大好きな「あそびーち」。

あんなに楽しそうな姿を見ている親の方もつい笑顔になっちゃうんです。

そんなに楽しそうなところなら、私も子供を連れて行ってみたいです!

詳しいことを教えてください。

わかりました。

それでは先日行ったときのことなど、詳しいお話をしていきますね!

 

「うみたまごは知っているけど「あそびーち」は知らなかった・・・。」

「今さら「あそびーち」って何って聞けない・・・。」

そんなママさん必見!

 

今回は大分マリーンパレス水族館「うみたまご」の新施設「あそびーち」について

  • 料金
  • 体験談

などを紹介したいと思います。

気になっている人はぜひ読んでくださいね!


うみたまごの「あそびーち」別料金は必要なの?

「あそびーち」ってうみたまごの中にあるんでしょう?

うみたまごの入館料以外に別料金が必要なんですか?

「あそびーち」とはうみたまご内にできた新施設なのですが、入館料にすべて含まれているので「あそびーち」に行く時に別料金は必要ありません。

うみたまごの入館料は

  • 大人 2200円
  • 小人 1100円
  • 幼児 700円

です。

もちろんこの中に「あそびーち」も含まれますので、入館料以外に支払うことはありません

 

うみたまご あそびーち 料金

1階のイルカ水槽横にある自動扉からこのように「あそびーち」へ行くことができます。

入口からとても開放感がありますよね。

うみたまごの「あそびーち」はこんなとこ!

ところで・・・「あそびーち」は一体どんなところなんですか?

水族館ではないの?

「あそびーち」は一言でいうとガラスのない水族館です。

いつもはガラスの中の魚や動物たちを見ることが多い水族館ですが、あそびーちにガラスはありませんので動物たちをとても身近に感じることができますよ。

他にも子供が遊べるところもたくさん!

それは楽しそう!

動物と仲良くなる水族館っていうだけありますね。

しかも子供が遊べるなんてすごく魅力的です!

ますます行きたくなりました。

では、実際にどんなところがあるのか紹介しますね。
あそびーちにあるのは・・・
  • イルカプール
  • 魚プール
  • うみさんぽ
    (シェリー・キャンバス、イワシ玉・スライダー、サンゴ・めいろ) 

うみたまご あそびーち

イルカプール

海のようなかたちに作られたイルカプールにはイルカが自由に泳いでいます。

そしてイルカプールの浅い部分に靴を脱いで入ることができるので、実際に泳いでいるイルカを間近に見ることもできますし、タイミングよくイルカがジャンプしてくれればラッキーです。

うみたまご あそびーち イルカプール

まるで海の浅瀬に浸かっているような感覚です。

うみたまご あそびーち イルカプール

深さはこれくらい。

もう要領を得ている長女はスカートをはいて来ていますが、末息子はすでにびしょびしょなのであとで全てお着替えです。笑

うみたまご あそびーち イルカプール

イルカがジャンプしているのがわかりますか?

運がよければ、こんなに間近でイルカのジャンプを見ることができます。

これはショーをしているわけでもないんですよ。

イルカに触ることはできませんので、小さいお子さんからは目を離さないようにしてくださいね。

 

魚プール

季節によっていろんな海の生きものが登場する魚プール

先日行った時にはアザラシがいました。

うみたまご あそびーち 魚プール

のんびりしている姿に癒やされますよ。

うみさんぽ

うみさんぽってなんですか?
魚になった気分で海を散歩しているような、遊べるアートなんです。
遊べるアートってことはついに子供が遊べるところですね?

はい、そのとおりです。

それでは紹介していきますね。 

シェリー・キャンバス

なんと、チョークで壁に落書きができちゃうんです!

うみたまご あそびーち 

普段、落書きするなといわれている子供たちは夢中になって書きます書きます。笑

うみたまご あそびーち

すごい落書きだらけですよね。

手も服も体もなぜか顔までもチョークだらけ!

うみたまご あそびーち

水で簡単に落とせますが、着替えは絶対に必要です。

汚れた手足などは、イルカプールの横に洗う場所がありますよ。

うみたまご あそびーち

子供たちはここで洗って全身着替えています。

着替えを忘れても大丈夫なように

  • タオル
  • オムツ
  • 子供用パンツ

などを販売していますよ。

お近くのスタッフに声をかけてくださいね。

着替えてもまた汚れたりぬれたりもしますもんね、我が子たちも最初は2枚ずつ着替えを準備してました。笑

 

イワシ玉・スライダー

すべり台があるんですが、この形どこかで見たことありませんか?

うみたまご あそびーち スライダー

小さなイワシの群れでつくられた大きな魚のかたちをしたすべり台なんです!

中にある広い階段を上ってすべります。

 

サンゴ・めいろ

白い砂の上にいろんな色のサンゴがたくさん。

うみたまご あそびーち サンゴ

上にのぼってみたり、かくれんぼしたり、我が子たちは鬼ごっこしていましたよ。

でも、サンゴが邪魔で鬼はなかなか捕まえられずにいました。笑

砂の中に体を埋めて遊んだりもしていたので、帰って服を脱がすと中から砂がたくさん・・・なんてこともよくある話で、ここも着替えが必要です。

 

あそびーちにいる動物たち

運が良ければ、いろんな動物が散歩にくることもあります。

ペンギン・リクガメ・ウサギ・アルマジロ・・・

うみたまご あそびーち

この日にいた動物はこんな感じ。

前に行った時は、ペンギンが散歩にきたりうさぎが出てきたことがあったので、子供たちは大興奮でした。

でも入口に看板があるように、お客さんのことは放ったらかしだったりします。笑

うみたまご あそびーち

いいですよね、この自由な感じが私は好きなんです。

動物たちの自由な姿を間近で楽しみましょうね。

 

うみたまごの「あそびーち」みんなの口コミは?

あそびーちってすごく楽しそうですね!

早く行きたくなりました。

私もまた行きたいなぁ〜。

他にも行った人の声を集めてみましたよ。

 

こんなに身近に感じられる水族館は他にないですよね。

 

癒されますね。

こういう光景が日常的にあるのがあそびーちなんです。

 

そうなんです、あそびーち内のみ飲食可なので、私もお弁当持って行きましたよ。

うみたまご あそびーち

食べている途中に動物たちが散歩に来たり、イルカがジャンプしたり・・・

そんなラッキーに遭遇することも珍しくないんです。

 

最後に

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」の中にある「あそびーち」について紹介しましたがいかがでしたか?

「あそびーち」は入館料のみで別料金は必要なし。

「あそびーち」内にあるのは、

  • イルカプール
  • 魚プール
  • うみさんぽ
    (シェリー・キャンバス、イワシ玉・スライダー、サンゴ・めいろ)

でした。

運が良ければ動物たちの散歩などに遭遇することもありますが、基本お客さんは放ったらかしです。笑

動物たちを間近で見守り、遊んだり飲食もできる「あそびーち」。

子供が満足すると親も笑顔になりますよね。

思い出深い時間を「あそびーち」でお子さんと一緒に過ごしてくださいね。

関連記事はこちら