赤ちゃんに水疱瘡(水ぼうそう)はうつるのか?
予防方法はあるのか?


水疱瘡とは?

水痘(水疱瘡)というウイルスの一種で、
感染すると発熱と全身に強いかゆみを伴う発疹ができます。
ほとんどの子供が感染して、一度罹れば免疫ができるので二度かかることはないそうです。

感染経路は?流行る季節はあるのか?

冬~春にかけて流行するそうで、感染者は主に10歳以下の子供だそうです。
感染ルートは空気感染、飛まつ・接触感染で、感染力は非常に強いです。

症状は?

1~2日は微熱があり、小さくて平らな赤いブツブツした発疹が出て、発疹が水泡状になります。
水泡状の時が一番痒いそうで、だいたい1週間くらいでかさぶたになって完治です。

次男は、かさぶたが完全になくなるまで1か月くらいかかりました。

 

注意すべき点は?

水疱瘡が原因となって、肺炎気管支炎髄膜炎脳炎になる事もあるそうなので、軽視してはいけない病気だと思います。
一般的には、4か月以下の赤ちゃんは母乳免疫があるのでかかりにくいと言われているので、注意が必要なのは母乳免疫が切れ始める6か月以上の赤ちゃんです。

※母乳免疫は、お母さんが水疱瘡の免疫がある場合のみです。

赤ちゃんに水疱瘡はうつるのか?

赤ちゃんにも水疱瘡はうつります。

うちの次男も、長男が感染してから、ちょうど2週間後に発疹が出ました。
まだ8か月の時です。
少し痒そうにはしていましたが、痒みが原因で泣いたりぐずぐずしたりすることはありませんでした。
見かけはとても酷くて可哀想でしたが・・・。

予防方法は?

予防接種がありますが、接種ができるのは1歳ごろからだと思います。

予防接種以外ですと普通の風邪と一緒ですね。

  • 手洗い
  • うがい
  • 感染者にはマスク着用
  • タオルなどの共有はしない等

感染力が強いので、兄弟間での感染予防はとても大変だと思います。
実際に長男がかかった時は、タオルの共有はもちろんお風呂のタイミング、寝る場所の変更(極力兄弟離して寝かせる)など努力しましたがうつりました。

一緒に遊んでいた時の飛まつ感染が原因かなと思います。
兄弟なので、一緒に遊ぶなとも言えないですしね。

最後に

うちは長男は予防接種で軽く済み、次男は予防接種をする前に感染したので、バッチリ症状が出ました。

赤ちゃんが水疱瘡にかかると注意すべき点があり、心配(とにかく見かけが酷いので・・・)だと思いますが、かかった方がしっかりと免疫がつくそうですよ。

by keishin

関連記事はこちら