女の子に人気の習い事、トップ5常連のバレエですが、お金のかかる習い事としても有名です。

なぜ高額な費用がかかってしまうのでしょうか?

これからお子さんに、バレエを習わせたいとお考えの親御さんなら気になるのではないでしょうか?

そこで、高額な理由やバレエに関する情報をお届けしたいと思います。


バレエの発表会が高額な理由は?

015

先輩ママ Bさん
発表会にかかる主な費用は以下の通りです。
  • 衣装代
  • 衣装のクリーニング代
  • パンフレット代
  • 舞台代
  • 音響や照明機材代
  • ヘアメイク代など

関連記事)女の子の習い事、続ける?続けない?

そうです。主に裏方にお金がかかるのです。

特にプロの方にお願するとその分、金額も跳ね上がります。

本格的なバレエ教室では、年2~3回発表会が行われる所もありますし、逆に一切発表会開催しないお教室もあります。
そして、発表会にかかる金額もさまざまで、約数十万~五千円と幅があります。

 

バレエの発表会は必要なの?

Girl (15)

ママ Aさん
バレエの発表会は必要なのでしょうか?
先輩ママ Bさん
個人的には、必要だと思います。

 

  • 発表の場があると、そこに向けて頑張れる。
  • 発表会の舞台を踏むことで、精神的に強くなれ。
  • お姉さん達の踊りを間近で見ることで、刺激される。
  • バレエとはそもそも舞台で踊るもの。

 

以上の様に、発表会にはプラス面が多いのです。

発表会がないと、なぜこの練習が必要なのか、分からないお子様も多いです。
何のためにこの練習が必要なのか、理解した上でレッスンに励むのと、先生になんとなく言われた事をやるとでは、バレエに対するモチベーションが変わってきます。

また、必ず参加しなければならないのか、欠席は可能か、ということも確認したいところです。
不参加の場合でも日が近付くにつれ、レッスン内容は発表会中心となり、レッスンには参加しないといけないのでお子様と充分検討すべきところです。

レッスン体験の際や入会時に、先生や生徒の保護者の方にお話を聞くと、あとあと金銭面で困らずにすみます。

費用を抑える方法は?

Woman (35)

試しにレッスンをさせてみたい、などと希望される場合は、区や自治体などで開催されているバレエ教室がオススメです。

教室によって、先生も異なれば、指導方法や特色もさまざまですので、お子さんに合った教室を探せると良いですね。

お子様のやる気を尊重して、バレエは高額だから、と諦めないでほしいと思います。
ひとまず、気軽に通わせられる教室で試してから本人のやる気を見てみてはいかがでしょうか。
やる気があるようなら、レベルアップして別の教室に変更するのも良いと思います。

先輩ママ Bさん
入会金月謝のほかに、最初に準備するものは以下の3点です。
  • レオタード
  • バレエシューズ
  • タイツ

この3点は、成長ごとに買い替えをする必要があります。
店頭販売の他、ネットショップも充実していますので、予算に合った物を探しだせますよ。

教室によっては、指定のシンプルなデザインのレオタードだったり、反対に女の子が大好きな、華やかな色とスカートのついたレオタードが、OKなところもあります。
教室を決めるポイントのひとつかもしれませんね。

有名なバレエ用品ブランドは?

ママ Aさん
有名なバレエ用品ブランドを教えて下さい。
先輩ママ Bさん
主なブランドに、以下の2つがあります。
  • チャコット
  • レペット

 

可愛らしいデザインが豊富に揃っているので、見ているだけでも楽しめます。

チャコットは、年に数回各地で「チャコットまつり」という名でファミリーセールを開催しているので、こちらもオススメです。
チャコットの商品は値段のことだけあって、丈夫で長持ちします

関連記事)子供の習い事の初め時は?ピアノはいつからがいい?

まとめ

先輩ママ Bさん
まず、子供にどこまでやらせたいのか考えることが大事です。
  • プロのバレリーナを目指しているのか。
  • バレエを趣味として大人になっても続けてほしいのか。
  • スタイル維持のために、細く長く続けてほしいのか。
  • 本人の気持ち(やる気)はどうなのか。

 

その上で、それぞれの子どもの性格に合ったスクール選びが大事になってきます。

厳しいスクールが合わなかった子は、本当はバレエが大好きなのに通うのが嫌になり、バレエを辞めてしまったりします。

見極めるのは難しいですが、お子さんとよく話してすすめていくことが大変重要です。

 

ママ Aさん
まずは、子供と一緒に色々な教室に見学に行こうと思います。参考になりました。

Mimosa

関連記事はこちら