皆さんは、ハイハイレースをご存知ですか?

ハイハイレースは、ハイハイを始め、歩く前の赤ちゃんが参加することが出来ます。

ハイハイレースは、子どもの成長を感じるイベントです。

しかし、場所によっては、素敵な景品もいただけたりするので、親も気合が入りますよね。


【我が家のハイハイレース体験談】

人見知りに感謝!!

【ハイハイレースの参加できる時期】

 

最初にもお話したように、ハイハイレースは歩きはじめる前のハイハイ時期に参加出来ます。

大体、1歳前の子を対象としていますが、1歳前に歩きはじめた子もいます。

ハイハイレースの途中で歩くと、歩いた分戻らなくてはいけないので、歩く前の参加がいいでしょう。

逆に、ハイハイし始めたばかりだと、優勝出来る可能性は低いので、景品が欲しい場合は、ハイハイが上手になった時期をおススメします。

長男は、10か月で歩きはじめたのと、ハイハイレースが開催される時期が合わなかったため、一度も参加出来ませんでした。

お近くで、ハイハイレースを参加する場所があるのでしたら、開催時期とこどもの成長を照らし合わせて参加しましょう。

【ハイハイレースの必需品】

ハイハイレースと言えば、赤ちゃんがどれだけ早くゴール出来るかどうかですよね?

そのためには、ゴールで待つママやパパが赤ちゃんが来てくれるように、惹きつけなくてはいけません。

ですから、赤ちゃんが好きなおもちゃやお菓子を手に持ち、赤ちゃんの名前を精一杯呼びましょう。

ただし、赤ちゃんたちは何が起こっているのかよく分かっていません。

あ、パパやママがなんか呼んでるからとりあえず行こうかな・・
と、ハイハイし出す赤ちゃんや

パパ、ママ、何してるんだろ・・
と、ぼーと座り込んでいる赤ちゃんなど様々です。

例え、1番になれなくても、ハイハイレースは赤ちゃんの成長の中の1つの思い出です。

勝ち負けにこだわらず、楽しく参加しましょう。

【まとめ】

今回の育児マンガは、長女が後追いのおかげで1位を勝ち取ったというお話でした。

正確に言うと、1位で予選を勝ち進み、決勝で準優勝・・ということだったのですが、本当にびっくりしました。

次女は、更にやってくれるんじゃないかと、期待満々で同じハイハイレースに参加しました。

しかしながら、ただただ座っているだけ・・というトホホな結果で終わりました。

でも、それはそれでいい思い出かなと思います!
皆さんも、参加できるなら、参加してみてくださいね。

とても素敵な思い出になると思いますよ。

by keally

関連記事はこちら