妊娠期間中は本当に幸せですよね。

私自身、つわりかひどかったり切迫流産の兆候もあったりしたのですが、今考えるとその一つ一つ思い出です。

お腹が大きくなり記念に残そうとマタニティフォトを撮るママも多いと思います。

スタジオに行くのも家でパパに撮ってもらうのも素敵ですね。

携帯のカメラで撮って思い出を残すのもいいと思います。


思い出を写真に残そう

8ヶ月から9ヶ月の頃のお腹がかなり大きくなってからがいいと思います。

スタジオで撮ってもらう場合は安定期に入ったら前もって予約しておくことをオススメします。

私は切迫流産の兆候もあったので8ヶ月を過ぎた頃にいざ撮りたいとなった時になかなか予約が取れませんでした。

特別な写真が撮れるところなどもありますが、一番はなるべく家の近くのスタジオがいいです。

私もスタジオの雰囲気などにこだわりたかったのと予約が取れなかったこともあり車で1時間のところへ行きました。

体調が悪ければ予約はずらすことも可能なので少し早めの時期にまず予約するのがいいと思いました。

そして体調が少しでも悪い場合は行くのはやめましょう。

私もお腹を出したままの撮影を1時間ほどしたのでやはり疲れもきましたし9ヶ月だったのでお腹が張って次の日もベットで1日寝ていました。

なので体調が悪くなったり疲れてきた場合すぐに家に帰れるよう家の近くがオススメです。

それでも、お腹に絵を描いたりパパがお腹にキスをしているところやワンコとも一緒に撮ってもらいとても記念になりました。

毎月の変化

ママ友からも妊娠したと分かった時から毎月お腹の変化を撮っておきたかったという声をよく耳にします。

私自身も実際撮っておけばよかったなぁと思います。

お腹の変化が分かるストレッチのある服(キャミソールなど)を着ていつも同じ場所で同じ角度から撮影していきます。

出産後は赤ちゃんをお腹に抱っこして同じように写真を撮ります。

それを後から全て並べてみると変化が分かりとっても記念に残ります。

これは予約をする必要もないので体調を気にすることもありませんし、ただ撮影しただけでも並べてみるとすごくいい写真になります。

最後に

いかがでしたか?今妊娠中の方やこれから予定がある方もぜひ大事な妊娠期間を思い出に残してください。

上の子がいる場合は一緒に撮るとよりいっそうかわいい写真が撮れますね!

ママにとってはもちろん、パパにとってもママが妊娠中にこれから家族を守っていこうと決めていた事やママをとても大事に思っていたことなどが写真を見ると思い出されるようです。

産後クライシスのママ達もあの頃はこうだったなとパパの優しさを思い出せることもあるようです。

子供が大きくなって写真を見せて妊娠中の話をするのも楽しいですよ♪

marinaより

関連記事はこちら