Handmade patching hairpin Eye-catching image

 

100均などで安く手に入るパッチン留め。髪もしっかり留まるので便利ですよね♪私もよく使っています。でももう少し可愛くできないかな~って思いませんか?

そこで、おススメなのがパッチン留めカバー。普通のパッチン留めも、古くて色が剥げたりしたパッチン留めもカバーをつけると可愛く変身します。

材料はハギレやフェルトなので、家に余っているものや100均でそろうものばかりです。デコパーツなんかも100均にたくさんありますよ~。パッチン留めを布で覆ってしまうので、赤ちゃんや小さなお子様のデリケートな頭皮も傷つけにくくなるのもおススメポイントの一つなんです。

でも、裁縫とか得意じゃないし。。。。

大丈夫!!手順は簡単♪画像付きでわかりやすく説明しますね。特別な道具も必要なく、時間もそんなにかからないですよ。

では、いきますよ~!

手作りパッチンヘアピン♪100均材料であっという間にできる!


 

手作りパッチンヘアピン作りに必要なもの

材料と道具は以下の通りです。
家にあるものや100均で簡単にそろうものばかりなので嬉しいですね♪

 

材料
  • パッチン留め
  • 厚紙(型紙用)
  • お好きなデザインの布
  • お好きな色のフェルト
  • デコパーツ(くるみボタン、モチーフ、ビーズetc…)

 

IMG_5568

 

使う道具
  • アイロン
  • はさみ
  • 手芸用ボンド
  • まち針、縫い針
  • 布の色にあった糸

 

かわいいシュシュの作り方もどうぞ→簡単シュシュの作り方!バザーに最適ですよ! 

フェルトの手作りおもちゃはこちら→フェルトで手作りお弁当!簡単にエビフライを作ろう!(動画有り)

超かわいい手作りヘアピンの作り方

画像付きで手順をくわしく説明していきますね。

ステップ1 型紙をつくります

厚紙で、

  • ① パッチン留めより一回り大きい(だいたい3mmほど)もの
  • ② 同じ大きさで上を1.3cmほど切り落としたもの
  • ③ ①より一回り大きい型紙を作ります。

IMG_55712

IMG_5572

ステップ2 布とフェルトを型紙にあわせて裁断します

フェルトは①と②の型紙の大きさに、布は③の型紙の大きさに切ります。

IMG_5573

ステップ3 布のまわりを折り、①の型紙の大きさにする。

ここが少し難しいですが、火傷に気をつけて①の型紙を包むように布の縁を折り、アイロンをかけてください。

IMG_5565

ステップ4 布と①の大きさのフェルトを手芸用ボンドで張り合わせる

布の縁に手芸用ボンドをつけます。(もしボンドが無いときは、この工程は省いてもいいですが、ステップ5で少し大変になります。)

IMG_5579

①の大きさのフェルトときっちり張り合わせます。

IMG_5581

ステップ5 ②の大きさのフェルトと縫い合わせる

②の大きさのフェルトをフェルトの面にまち針でとめます。

IMG_5585

②のフェルトの端からぐるっと一周、かがり縫いブランケットステッチで縫い合わせます。ボンドが乾くと縫うときに固くなってしまうので、乾く前に縫ってしまいましょう。乾いていなくてもある程度くっついているので、布の端のほつれた糸なども出てこず、きれいに縫えます。

IMG_5566

これでカバーの土台は出来上がりです。パッチン留めを差し込んでみましょう。パッチン留めよりカバーが大きすぎるようなら、型紙の大きさを少し調整してみてください。

IMG_5587

ステップ6 可愛くデコる

ボタンや、モチーフなどを取りつければ完成です♪

IMG_5588-COLLAGE

色んな布や飾りで作ってみてくださいね。

837

パッチン留めがこんなに可愛く変身して嬉しいです!
デコパーツなんかも100均にたくさんありますよ♪色々作ってみて下さいね!

まとめ

型紙がなくてもできますが、面倒でも作っておくと、布の裁断が楽で、後で何個でも作ることができるので便利です。100均でくるみボタン手作りキットなども売っていますので、土台の布と同じものでくるみボタンを作っても可愛いですよ。レースやビーズを使ってもおしゃれです♪

パッチン留めは3cmの小さいものや7cmの大きいものも売っているので、大きさを変えても可愛いですよ。色々な布やデコパーツを使ってたくさん作ってバザーなどに出してもいいですね。ハンドメイドは人気が高いですよ~。

デザインはこどもさんが、作成はママがという風に親子で協力して作ってみてくださいね!

関連記事はこちら