1歳のお誕生日、どのようにお祝いしましたか。
また、今から迎える方はどのようにお祝いする予定ですか。

初めてのお子さんならママやパパにとって、ママパパになって1年のお祝いでもありますよね。


【みんなが大好きアンパンマン】

誰しも、アンパンマンが好きな時期があるのではないでしょうか。
長男は年少までアンパンマンが好きでした。

年中以降は戦隊ものに変わりました。

娘たちも好きでしたが、比較的早く2~3歳でアンパンマンは卒業しました。

周りのお友達に聞いても、アンパンマンは『一回は通る道だよね』と、口を揃えて言います。

クックパッドなどをみても、1歳のお誕生日に作られているキャラクターは

アンパンマン
しまじろう
ワンワンとうーたん(いないいないばぁ)

などが多いようですね。

私が長女の1歳の誕生日に作ったアンパンマンのプレートです。

DVC00593.JPG

  • アンパンマン・・・さつまいもをすり潰したもの
  • 食パンマン・・・ご飯
  • カレーパンマン・・・ハンバーグ
  • 眉毛・目・口・鼻・・・のり、スライスチーズ、ニンジン

なるべく手づかみで食べれるようなものを
心がけました。

ちなみに、型はアンパンマンと食パンマンとカレーパンマンの型が
セットになったものを購入しました。

ほっぺたなどの丸は、ストローでくり抜くといいですよ。

【色々な1歳のお祝いの仕方】

地域によって、さまざまな1歳のお祝いの仕方があります。

そろばん(電卓)、財布や筆、ボールを並べて選んだもので将来を予想する、選び取り をするところもあります。

一升餅を踏ませたり、背負わせたりするというのも聞いたことありませんか。どちらも意味合いはありますが、子どもの成長をお祝いするものです。

一升餅でお祝いする時は、1歳のお誕生日の前後で吉日を選びます。

どんなお祝いをするにしても、

  • 子どもが無事成長してくれて良かった
  • これからも元気に成長していってほしい

という気持ちはどの親も一緒でしょう。

【最後に】

キャラクターのプレート作るにあたって、細かい作業が苦手な方は避けたいところかもしれません。

けれども、ママの作ってくれたプレートは何よりも子どもは喜ぶし、とても素敵な思い出になると思います。

小さい頃はその大変さや思いが分からないかもしれませんが、大きくなって子どもが出来た時に、親の有り難さを心から感じることでしょう。

私自身も親になって、ようやく親の有難みをしみじみ感じました。

子どもの成長を感じながら、そして子育てしてきた1年間に頑張ったと自分を褒めながら、是非1家にしかないワンプレートを作ってみてください。

by keally

関連記事はこちら