添い寝をしている間や少し目を離した隙に、赤ちゃんがベッドから落下してしまった!という経験をもつママは意外と多いのではないでしょうか?

実は私も2度ほど経験があります。

落下してしまった時は、どうしたらいいのか分からず焦ってしまうと思いますが、冷静にどう対処したらいいのかを分かりやすく紹介していきます。


赤ちゃんがベッドから落下!慌てずに確認したいこと

赤ちゃんがベッドから落下してしまったら、まず慌てずに以下の事を確認しましょう。

  • 意識があるか?
  • 意識があっても、ぐったりしていないか?
  • 視点がきちんと定まっているか?
  • 嘔吐していないか?

嘔吐をしている場合、どのくらい時間が経過してから嘔吐したか、また嘔吐した回数も確認し把握しておきましょう。

更に、骨折や脱臼、たんこぶや擦り傷等の外傷はないかも合わせて確認します。触れて痛がる所がある場合は、どうするとどう痛がるのかを明確にしておきましょう。

rakkabousi1

赤ちゃんのこんな様子はすぐ病院へ!

上記4つのポイントでどれか一つでも当てはまる場合は、迷わず病院へ行きましょう。
時間外であれば、救急外来を受診しましょう。

rakkabousi2

落下した際、殆どの赤ちゃんは大泣きします。そのまま泣きが落ち着くようであれば、自宅で様子をみましょう。ただし、いつまで経っても泣きが落ち着かない様であれば病院へ行った方が安心です。

また泣きが落ち着いた後も、手足を動かしたり関節に触れると痛がる場合は、骨折や脱臼の恐れがありますので病院で受診しましょう。

擦り傷やたんこぶ等であれば、自宅での手当で問題ないでしょう。

いずれも気になる点がある場合は、病院へ行き受診する事をおすすめします。

赤ちゃんのベッドからの落下を予防しよう!

rakkabousi3

一番の予防策は、ベッドを使用しない事です!

ですが、どうしてもベッドで寝かせないといけない環境の場合はベッドガードを利用しましょう。
長さや固定の仕方など様々なベッドガードが売っていますので、合ったものを使用してください。

因みに、我が家もベッドガードを利用しています。
物凄い力で寝返りをしたり蹴っても外れる事はありません。
お陰様で、ベッドガードを利用してからは一度も落下はありません。

ベッドガードがない場合は、ベッドの周りにクッションやマットを敷いておくだけでも違いますよ!

最後に

気をつけていても、赤ちゃんの落下は防ぎきれない場合があります。
ベッドのみならずソファーやテーブル等、落下しそうな場所は様々です。

ママが焦らずきちんと対処する事で、最悪の事態を回避できる可能性が高まります。
またきちんと予防策をとっていれば、大きな事故にならずに済みます。

是非参考にしてくださいね。

by ykr@

関連記事はこちら