1歳が近くなってくると生え始める歯。小さくてかわいいですよね。わが子の成長は嬉しいものですが、歯が生えてくると気になるのが虫歯

きちんとお手入れしていないと、この小さな歯も虫歯になってしまいます。歯磨きも嫌がる子が多いので、虫歯予防のためとはいえ歯医者に連れていくなんて、とてもとても! というお子さんも多いですよね。

でも乳歯はそのうち生え変わります。なら、ちょっとくらいの虫歯なんて放置していてもいいんじゃない? と思ってしまいがちですが、本当のところはどうなのでしょう?

乳歯の虫歯についてご紹介します。


乳歯の虫歯、治療しないで放っておくとどうなる?

虫歯はお口の中の虫歯菌が、お手入れ不足でお口の中に残ってしまった食べカスなどを分解し、酸を生成。この酸が歯の表面を溶かしてできるのが虫歯です。

mushiba1

乳歯は歯の表面、エナメル質が薄いので虫歯の進行が早いのが特徴。放置しておくと歯の根っこにまで虫歯が広がって、根っこの下に膿がたまります。

膿がたまっていると、乳歯の下で待機している永久歯がしっかり成長できず、変形してもろい永久歯になってしまう可能性が。

乳歯の虫歯放置は、永久歯にも影響を与えてしまうのです

乳歯の虫歯治療の方法は?

初期虫歯は虫歯の部分を削ってからプラスチックを詰めます。根っこだけになってしまった場合は、永久歯の生えてくるスペースを確保するために根を残します。

神経にまで達した虫歯は神経を取るか切断をします。神経の中に虫歯菌が入ってしまうと永久歯との生え変わりに影響を与えてしまうためです。

虫歯治療の上でどうしても抜かなければならない場合、永久歯のスペースを確保する装置を入れる必要があります。

mushiba3

乳歯を虫歯にしないために、自宅でできる予防ケア

子供を虫歯にしないためには、

  • しっかり歯磨きをする
  • デンタルフロスを使う
  • フッ素を使う
  • 定期的に歯医者さんで診てもらう

ことが大切です。

mushiba4

また、定期的に歯医者さんで診てもらいましょう。

おうちでせっせと歯磨きしていても取りきれない汚れがありますので、プロの手できれいにしてもらうと安心です。虫歯の早期発見にもつながります。

虫歯菌は家族内で感染するので、家族の虫歯を治療することもポイントです。

乳歯を虫歯にしないために、歯医者さんでするケア

虫歯予防のために歯医者さんに行くと、何をしてくれるのでしょうか?

mushiba2

最近の歯医者さんは「虫歯になったら歯医者へ」ではなく「虫歯にならないために歯医者へ」というスタンスに変わってきています。

子供の場合は3カ月から半年に一度が通う目安です。

大人の虫歯は黒くなりますが、子供の虫歯は白いので素人ではなかなか気づきにくいものです。

乳歯のケアは

歯の掃除
フッ素

 

がメインです。その他に虫歯になりやすい歯の溝を埋める「シーラント」や、その子に合った歯磨きの指導などもしてくれます。

うちの子は3歳ごろ炭酸好きで、歯が溶けてきたことを歯医者さんの定期検診で指摘され、歯医者さんに言われたことで3歳でも納得して炭酸断ちをしました。小学生になった今も「歯が溶けるので」とめったに炭酸を口にせず、おかげさまで虫歯ゼロです。

最後に

虫歯は、ならないことが何よりも大切です。

そのためにはホームケアにプラスして歯医者さんを有効に使いましょう。

歯磨き嫌いな子の歯のケアや、歯医者さんに連れていくことを思うと、げんなりしてしまいますが、最近の小児歯科は明るい雰囲気で、子供の大好きなキャラクターやDVDを用意してくれているところがたくさんあります。

痛くなければ「楽しい場所」として認識してくれますから、連れていくのも楽になりますよ。

by 武藤はづき

関連記事はこちら