onokoro Eye-catching image

 

淡路島のワールドパークONOKOROに出かけて来ました。

息子が生まれてからは初です。

以前一度行ったことがありますが、その時はフリーパスなど買わず、ぶらり一周してからすぐに出た記憶しかありません。

淡路島を語る上でここは外せませんよね。

今回子連れでフリーパスも買って行って来ました。

体験談とリアルにどう思ったのかをまとめました。

Sponsored Link

淡路ワールドパークONOKOROは淡路島へのアクセスは?

淡路ワールドパークONOKOROは淡路島の真ん中らへんの東側にあります。

onokoro world park access

津名一宮ICで高速を降りて下道で15分程度で到着です。

淡路ワールドパークONOKOROの料金は?

onokoro world park011

入園料が

  • 大人 1,000円
  • 子供 500円

入園料+フリーパスで

  • 大人 3,500円
  • 子供 3,000円

です。乗り物に乗りたいと子供が言うので、家族3人でフリーパスにすると、

3,500円+3,500円+3,000円=10,000円・・・。

結構するな〜^^;と思いながら諭吉様が吸い込まれていきました。

まあ、フリーパスなのでこれで乗り放題。

あとはお金使うことないだろうとこの時点では思いながら・・・

ちなみに入場料の割引情報はこちら→淡路ワールドパークONOKORO(オノコロ)、割引ってあるの?

2017年6月1日追記

なんと値上げ!!するようです。

アクセス情報を追記しようと公式サイトチェックしたらびっくり・・・。

2017年6月1日から、さらに値上げするようです。

新しい値段はこちら

入園料が

  • 大人 1,200円
  • 子供 600円

入園料+フリーパスで

  • 大人 3,700円
  • 子供 3,100円

 

 

やはりちょっと高い感がありますね。

淡路ワールドパークの混雑具合は?

onokoro world park020

今回5月の天気の良い日曜に出かけましたが、待ち時間が生じるような混雑具合はありませんでした。

GWとかはやばいと思いますが、そうでないときは割と快適に遊べそうです。

メリーゴーランドなども誰も乗っておらず、乗れば貸切かそれに近いという乗り物もいくつかありました。

onokoro world park099

淡路ワールドパークの楽しかったアトラクションは?

実際に乗って楽しかったアトラクションをいくつか紹介します。

ゴーカート

息子が最も気に入っていたのがゴーカートです。

人気のゴーカートもほぼ待ち時間なしで何度も乗ることができました。

onokoro world park077

 

ゴーカートめっちゃ面白かった。

終わってもすぐに乗れるから最高やわ。

係りの人も「この子またか!!何回乗るんや」と思ってたと思うで。

onokoro world park061

フリーパスじゃなければ1回600円するので、これだけでフリーパスの元は取れたと言えます。

芝滑り

onokoro world park053

実はこの淡路ワールドパークonokoroに来るのは個人的には2回目で、そのときは5-6年前なのですが、この芝滑りは鮮明に覚えていました。

それくらい淡路ワールドパークonokoroと言えば芝滑りの印象の人も多いと思います。

子供もこの芝滑りを見た瞬間に大興奮。

実は、大阪のハーベストの丘ですでに芝滑りデビューをしているので、楽しいことを知っているからです。(ハーベストの丘は4歳以上で1人で滑れます。)

そのときの様子はこちら→ハーベストの丘体験ブログ!口コミは?混雑は?写真と動画で解説!

しかし、このあと4歳の息子はショッキングな宣告を受けることになります。

「小学生未満は1人では滑ることはできません。必ず親と一緒に滑ってください」

なんでや・・・・。

いやや、一人で乗りたい。

あかんわ。そういう決まりや。
いやや、一人で乗れるもん。

というやりとりをしても聞かない息子。

息子は、どうしてもひとりで滑りたかったようで、ひたすら駄々をこねてしまいました。

あまりに駄々をこねるので、こっそり一人で滑らせると・・・

onokoro world park161

ほら一人で滑れるやろ!めっちゃ楽しい( ◠‿◠ )

アナウンス「小学生未満は保護者と滑ってください。係員の指示に従わない場合は、強制終了となります。」

あかんわ、俺らのこと言ってるわ。めっちゃ見てるわ

 

他にも明らかに6歳未満も1人で滑っていて、しょっちゅうこのアナウンスは流れていましたが。

ルールはルール。

仕方ないのですが、ちょっと残念でした。

ここでの芝滑りは小学生になってから楽しみましょう!

逆に未就学児を連れて行くときは、芝滑りを見せない方がいいかもしれません・・・。

三階建て立体迷路

onokoro world park118

その名の通り、三階建ての大型迷路です。 扉を探して、階段を登って… なかなか体力のいる迷路です。

これ、真夏はめちゃくちゃ暑くて地獄だと思います。
5月でもだいぶ暑かったです。

onokoro world park113

木造の作りで中の扉は分かりにくく、しっかりと行き止まりもあり、なかなか難しいです。

出口はとにかくややこしくなってますので、小学生の子どもたち、真っ赤な顔になって汗をかいて、必死に探していました。

他には、観覧車や車に乗って水をかけるアトラクションなどがありました。

onokoro world park051

ただし、残念ながらジェットコースター系はありません。

そういう意味でおとなしい遊園地といった感じです。

ミニチュアワールドで世界旅行を体験

他にないここの特徴としてはミニチュアワールドで世界の有名な建物などがミニチュアで展示してあるところです。

行ったことがあるところならば、「あ!どこどこだ!」と感動するかもしれません。

私は個人的にフランスに行ったことがあるので、凱旋門で「お!」と思いました。

onokoro world park048

が、個人的にはそれ以上でもなくそれ以下でもなく・・・・。

世界地理などを習っている小学生などには良いかもしれませんね。

写真で見るより実際のミニチュアを見た方が記憶に残るかもしません。

童話の森で童話体験

onokoro world park120

他には、童話の森と言って、おとぎ話の人形やお話を再現したところがあります。

onokoro world park125

裸の王様です。

onokoro world park126

このように物語の概要が書いてあるので、展示物を見ながら子供に説明するのもいいかもしれないですね。

こちらは3匹の子豚。

onokoro world park128

まあ、ぶっちゃけそこまでテンションが上がるものではありません・・・。

実際どうなの?淡路ワールドパークonokoroの感想は?

それほど混雑していないので、フリーパスを購入した場合、乗りたい乗り物に何度も乗れるのはgoodです。

ただし、ジェットコースターなどこれぞ遊園地という乗り物がいくつか足りていないのも事実です。

またミニチュアワールドや童話の森といった展示系も結構あり、何かそれでお茶を濁されている感がするのは否めません。

ショベルカーとか楽しかったわ。
それもここの問題点かもしれんなあ・・・。

 

どういうことかというとフリーパスを使えないアトラクションや乗り物が結構あります

それを、フリーパスを使えるアトラクションとアトラクションの間に置いてあったりする点はちょっと微妙でした。

onokoro world park138

例えばこのショベルカー。

周りに写っているのはいずれもフリーパスが使えます。

しかしこのショベルカーはフリーパスが使えません。

onokoro world park140

300円します・・・。

そして、ご丁寧に横に両替機を置いている・・・。

onokoro world park139

すると・・・・こうなります。

onokoro world park137

で、息子が興味を示すのは、フリーパスが基本使えないものばかり・・・

onokoro world park017

onokoro world park134

おーい、その左手に巻いてる黄色いの(フリーパス)を使おうぜ。
こっちの方が楽しいよ。
・・・。

もちろんどこの遊園地もそうなんですが、特にここは露骨というか・・・。

神戸の王子動物園のように、破格の入場料にして(大人600円、中学生以下無料)、中でお金を使わせるタイプでもありません。

そして王子動物園はその1つ1つの料金も良心的です。

ここは、フリーパス買って入るのに結構お金がかかり、その後、中でも様々なトラップを仕掛けて来ます。

そして、1つ1つの料金も200円とか300円とか結構あります。

で、出口もこれです。

onokoro world park173

どう見てもここが出口だったと思うのですが、ご丁寧に今流行りの?ショップを通らないと出口にいけない。

かなり無理やり感がありました。

さらに、出口を出ても、柵があって駐車場から遠のく方向に進ませて、もう一つのショップに誘導させます

そこまでするか。

唯一良心的だったのは駐車場が無料であったこと。

それでも料金所が残っていたので、以前は料金を取っていたのでしょう。

ONOKOROのネットでの口コミは?

そうなんです。

こうやって写真を撮るくらいしかできません。

こうやって写真を撮れば楽しめますね。

芝滑りできるところは少ないので、貴重ですよね。

かなり楽しいです。

やはり芝滑りですよね。

淡路ワールドパークonokoroめっちゃ楽しかった!!!というツイートは見つかりませんね・・・。

ONOKOROの料金が高いのではないかという口コミは?

こちらも調べてみました。

とにかくオノコロランドはお金が凄くかかるというイメージでした。
今年のお出かけで一番、お金使ったかも・・・。

出典:ONOKOROランドに行ってみたけど・・・。

 

やっぱり入園料が高く更に各乗り物でお金をとられるので、高いイメージが強いです。

出典:じゃらんの口コミ

で、2017年6月1日からさらに値上げだそうです・・・・。

淡路島子連れスポットまとめました→【保存版】淡路島の子連れおすすめ!体験したところをブログと写真で解説!

最後に

淡路島らしく広大な土地の中にある淡路ワールドパークonokoro!

ミニチュアワールドなどでのんびりデートなどで使えそうです。

子供もここならではの芝滑りに加えて、ゴーカートや観覧車など楽しめます。

ただし、クオリティの割にやや高い!という印象です。

そして、フリーパスが使えるアトラクションの間に、使えない乗り物を配置するなど悪意を感じるトラップが多数ある!

入場料+フリーパスはこれくらいで仕方ないのかもしれませんが、数あるトラップが個人的には微妙でした。

あくまで個人的な見解ですが、このような配置は「効率よく客にお金を落とさせる」意味で非常に戦略的だと思います。しかし度を超えると

「おいおい!こんなところにショベルカー置いて!まあ、仕方ないか。」

「おいおい!こんなところに車のゲーム置いて!まあ、仕方ないか。」

「おいおい!こんなところに電車のゲーム置いて!そろそろいい加減にせえよ

となりますよね。

この「そろそろいい加減にせえよ」をどこで感じるかには個人差があると思いますが、ここの施設の場合、入場の時点で割と高いお金を払っているので、普通よりは早く感じると思います。

同じお金を使うにしてもそれなら入場料をもっと上げて、全部乗り放題!遊び放題!とした方がこちらは気持ちよくお金を使えますね。

ちょこちょこ財布を開けさせるのが気持ちよくないですね。

で、それもあって、少なくとも子供が芝滑りを1人でできるようになる小学生まで、再訪はなです。

Sponsored Link


関連記事はこちら