千葉県浦安市にある巨大テーマパーク、ディズニーランド
とても広くて、アトラクションもたくさん。
大人でも目移りしてしまいますよね。

しかし、大人だけで行くのと子供を連れて行くのでは大違い。
今回は、ディズニーランドで楽しく子供と過ごせる為の攻略法をご紹介します。

Sponsored Link

子連れディズニーで抑えておきたい場所は?

小さいお子さんを連れて行くときに心配になるのが、おむつを替える場所や、授乳をできる場所があるかですよね。

ディズニーランドの中には、割とたくさんのおむつを替えるスペースがあります。
女性のトイレの中にあるのはもちろんですが、男性用トイレの中にもおむつ替えスペースがたくさんあります。

トイレ以外にも、ディズニーランドにはベビーセンターという場所が2か所あり、ここでもおむつ替えが出来ます。

Milkbottle

ベビーセンターの場所:
・モンスターズインクの建物に向かって右手の建物
・トゥーンタウンの奥、ロジャーラビットのカートゥーンスピンの近く

ベビーセンターでは、おむつ替えのほかにも、授乳や赤ちゃんに食事をあげたりすることが出来ます。
電子レンジやお湯もあるので、持って行った離乳食を温めたり、ミルクを作ったりすることも可能です。
また、哺乳瓶やおむつ、離乳食を購入することもできるので、忘れ物があっても大丈夫だと思います。

お子さんが小さいうちは、ベビーセンターを中心に行動すると、少しは楽かもしれません。

Sponsored Link

アトラクションに乗ろう!

赤ちゃん連れだと、いったいどのアトラクションに乗れるかが分かりませんよね。
基本的に、一人できちんとお座りが出来るようになっていれば、乗れるアトラクションはたくさんあります。

イッツ・ア・スモールワールドのような、ゆっくり周回するようなアトラクションはもちろんですが、他にもプーさんのハニーハントバズライトイヤーのアストロブラスターものることが出来ます。

94dd097eeddd2c51e9f1c96e9d15edbb_s

ですが、実際赤ちゃんと一緒に中に入ってみたら、赤ちゃんが泣いてアトラクションを降りなければならなくなってしまうこともあると思います。

私の子供もそうで、並んでいる間は平気だったのに、いざ乗り込もうとしたら泣いて嫌がるということがありました。

そんな時、限定されたアトラクションではあるのですが、お連れの方の出口で交代して利用する事が可能なものがあります。

「アトラクション交代利用カード」というもので、乗り場でどうしても駄目となった時、キャストの方が発行してくれます。
そのカードを持っていれば、お連れの方と合流後、カードをキャストの方に見せれば、優先的に乗り場まで連れて行ってくれます。

対象となるアトラクション:
・ビッグサンダーマウンテン
・スプラッシュマウンテン
・スペースマウンテン
・ガジェットのゴーコースター
・プーさんのハニーハント
・スターツアーズ

どのアトラクションでも使えるわけではなく、そのカードが発行されたアトラクションでしか使えないのでご注意ください。

最後に

いかがだったでしょうか。
子連れでお出かけって大変ですよね。

私からの攻略法、少しでもお役に立つと嬉しいです。

今回紹介したのはほんの一部です。
なにか困ったことがあれば、係りの方に相談してみましょう。

by りぷる

Sponsored Link


関連記事はこちら