2歳の子供を連れて大阪最大の水族館、海遊館に行ってきました。
見所も多く、親子で十分に楽しめましたので、お出掛けされては如何でしょうか。

今回は、その海遊館について詳しくご紹介して行きますね。

スポンサーリンク

海遊館の入場料は?

大人が2,300円、小・中学生が1,200円、4歳以上の幼児が600円です。

うちの息子は2歳ですので、無料でした。

ちなみに年間パスがあって、大人は2,700円追加すると、つまり5,000円で年間パスを購入することができます。

あと1回いけばほぼ元が取れる値段設定ですので、年間パスを購入しました。

海遊館とは?

大阪港駅徒歩5分のところにある水族館です。
観覧車や天保山マーケットプレースという、食事からファッション、ゲームコーナーなどまで揃った施設が隣接しており、1日いても飽きることはありません。

海遊館へのアクセスは?

環状線からは弁天町駅で乗り換えて、1駅です。

大阪駅から直の電車がないのはやや不便ですが、大阪駅からバスも出ているようです。

今回は自家用車で行きました。
平日に行きましたのでスムーズに駐車場に止めることができましたが、休日の場合は、少し離れた駐車場に誘導されることがあります。

駐車料金は、30分ごとに200円で、最大1,200円です。
つまり3時間で1200円に到達しますので、基本的に1200円と思った方が良さそうです。

スポンサーリンク

子連れでも楽しめる?

以前は休日に行きましたが、今回は平日の昼間でしたので、十分に楽しめました。

ガラガラとはいきませんが、2歳の子供が少々走っても大丈夫なくらいでした。

「これすごい!」「これもすごい!」「いろんなのがいる!」と2歳の息子はおおはしゃぎでした。

qSkSxUS5GqjLkoUZHrK-Bf2_DyoIM3WaAjhm-wtln_0

ジンベイザメマンボウだけでなく、ラッコやアザラシが優雅に泳いでいるところや、
ペンギンが歩いている様子なども見られますので、飽きないようになっています。

1b21OPTiWdc790lOSxZe6b5DO7rbqF6Kg8-4dS7i1aw

北海道の旭山動物園のように、アザラシが泳いでいる様子を見上げることができたり、最後には、サメやエイなどを実際に手に触れることができるコーナーもありました。

2歳の息子はビビって触れませんでしたが(笑)。

海遊館 子連れにベストな時間帯は?

やはり平日の昼間です。以前休日に行ったこともありますが、朝早くや夕方など時間を選ばないと、大混雑します。

そこで小学生くらいの子供が走ったりしていますので、小さなお子様をお連れの方は、目も手も離せません。

平日昼間はカップルや外国人観光客が多い印象でしたが、のびのびと楽しむことができました。

もちろんお子様の昼寝の時間も考慮する必要もありますが。息子も後半は眠そうでした…。

水族館の後も楽しめる!

最初に述べたように、1周15分の大観覧車や、フードコートなども隣接していますので、水族館の前後も十分に楽しむことができます。

sx-wqQSPXfIiWfuytKaqFKidO_vvFclf180p3S-PNPE

私たちも、大観覧車に乗ってみました。
大阪湾はもちろん、USJや京セラドーム、奈良の生駒山などを一望でき、眠そうな息子も復活していました。

◆オススメ◆
関西でお出かけスポット、実際に行ったところだけ、まとめました!よろしければどうぞ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓関西子連れおすすめ

最後に

今回は大阪にある海遊館に2歳の子供と行ったので、レポートしました。
2回行けばほぼ元が取れますので、年間パスがオススメかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事はこちら