インフルエンザノロウイルス熱のかぜにお腹の風邪。

子どもが体調を崩す原因はいろいろありますが、どんなときにでも使えるグッズや、病み上がりにおススメのメニューをご紹介します!


グッズ編

用意しておくと便利なグッズを紹介しますね!

ペットボトルストロー

どんな病気でも水分補給は第一!!
ペットボトルストローをつけて枕元においておけば、飲みたいときにすぐ飲めて便利。

レジ袋

車で病院へ向かう途中に嘔吐!!なんてこともよくありますよね。

そんなときにはレジ袋があると便利。
普段から、バックに1つ、車に1つと入れておけば、突然の嘔吐や、汚れ物の持ち帰りに大活躍。

おでかけのときには道で摘んだ草花や拾ったどんぐり、昆虫なんかも入れられます。(お母さんの許可があれば…)

100均のエチケット袋を使ってみましたが、ダイソーのものは口が狭いので、吐物がうまく入らなさそう…

チャック付きで漏れずに捨てられるのはよかったのですが。
会社によっても違うと思うので、試してみるのもいいかもしれません。

食べ物編

病み上がりでも食べやすいものを紹介しますね。

一口ゼリー

“ゼリー食べたい”って我が家はよく言われるのですが、カップのゼリーは病み上がりには大きいらしく、食べかけては残し、その後食べず…ということがよくあります。

そんなときには一口タイプのゼリー
好きなだけ食べられて量の調節がラク。

小さい子ほどおススメです。

ただし、こんにゃくゼリーはご存じの通り、詰まらせる事故も多く発生しているため、おススメしません。

そうめん(にゅうめん)

うどんはちょっと重いな…というときにも、細いそうめんなら食べやすいというときもあります。
病み上がりなのであったかいおつゆの中に入れてどうぞ!

バター入り雑炊

おかゆがお腹に優しい。とはいえ、子どもってあまりおかゆを好みませんよね

これは我が家の病み上がり定番メニュー。
誰かが食べていると、調子の悪くない人までもが食べる、意外な人気メニューです。

バター入り雑炊レシピ
材料 1~2人分
  • ご飯  茶碗1杯
  • 水   300㏄くらい
  • 和風だし 小さじ1/2
  • しょうゆ 小さじ2
  • みりん  小さじ1
  • バター   お好みの量

*作り方*

  1. 鍋にバター以外の材料を入れて、ご飯が柔らかく なるまで煮る。
  2. 茶碗に盛ってバターをのせ、混ぜて頂く。

バターは入れすぎると気持ち悪くなるかと思うので、入れすぎないようにしてくださいね!

ちなみに我が家では、これをバター茶漬け 略してバターちゃづ と呼んで親しまれています。

まとめ

調子の悪いときって、あれも食べさせたい、こんなのなら食べられるかな?と通院帰りについいろいろ買い込んでしまい、結局あまり食べず…ということがよくありました。

今ではできるだけ家にあるもので、また少しでも無駄にならないような工夫をするようにしています。

参考になりそうなものがあればぜひどうぞ!!

はれ より

スポンサーリンク

関連記事はこちら