外で遊ぶのが大好きな子供たち。
でも虫の多い時期は虫刺されが心配ですよね。

気がつくとそこら中に虫刺されの跡ができていることがあります。
いつまでも消えなかったり、赤みが広がってしまったり、痒がっている様子を見ると心配になりますよね。

今回は、子供が虫に刺された時、跡は大丈夫か、刺されたときのケアや、刺されないための予防策、便利グッズを紹介します。
ぜひお出かけ前の参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

・子供の虫さされって跡が残る?

虫刺されの経験が少ない子どもは、アレルギー反応の「遅延型」に相当します。
とくに赤ちゃんの場合は、刺されてから1〜2日経ってから反応が出て、1週間ほどたってやっと治っていきます。

虫刺されが悪化すると水疱性膿痂疹(とびひ)になってしまうことも多く、そうなると、人に感染したり、跡がさらに広がり、残ってしまうので、注意が必要です。

ka

大人は「即時型」が多く、刺されてすぐに痒くなり、2時間後ぐらいでピークとなり引いていきます。
大人に比べたら、やはり子どもの方が跡が残りやすいですね。

Sponsored Link

・虫にさされた!ケアの方法とは?

さされてから時間が経つと、腫れが広がったり、かゆみが増して、治りが悪くなります。
刺されたと思ったら、痒がっていなくても早めにケアすることが大切です。

まずは刺されてしまったら、洗うなどして清潔にし、その後市販のかゆみ止めを塗ってあげましょう。

大きく腫れて、熱を持っていたら保冷剤をタオルで包んで当てたり、冷やしたおしぼりなどで、患部を冷やしてあげても良いでしょう。

市販薬が効かない、症状がひどくなっていく場合は、皮膚科を受診しましょう。

・虫にさされないための予防策は?

家の周りの水場をなくす

syabon

蚊は水場で繁殖しますので、水のたまったバケツがないかなど、水溜りに注意してみましょう。

肌の露出を減らす

とくに汗で湿った肌は虫が寄りやすいです。
こまめに拭いてあげましょう。
外出の際は長袖、長ズボンなどを用意しておくとよいですよ。

黒い服は避ける

黒い色は虫が好むので、明るい色の服を着るのが良いでしょう。

蚊取り線香、虫よけスプレー、虫よけシートなどで予防
肌に直接つけるのが心配な時は、洋服にスプレーするだけでも効果はあります。

赤ちゃんが寝ているときは、昔ながらの蚊帳の中で寝せるのもいいですね。

・虫さされ予防に便利なグッズは?

虫よけリング

おしゃれなうえに、100円ショップでも売られています。

電子蚊取り器

煙が出ないので安心ですね。

虫よけシール

肌に直接つけなくても、洋服など身につけるものにつけておけば予防できるので安心です。

つりさげタイプの空間虫よけ

天然ハーブを使用したものなら、赤ちゃんがいても安心です。

虫よけウォータージェル・ティッシュ

スプレーよりも飛び散る心配がなく、ムラなく塗れます。

最後に

小さい子どもほど、虫さされの経験が少なくアレルギー反応が大きく出てしまいます。
あとが残ったり、患部が広がって心配な時は、迷わず皮膚科を受診しましょう。

katori

家の周りの水場をなくす、黒い服を避けるなど、ママにできる対策はできるだけしてあげましょう。

最近ではさまざまな虫よけ便利グッズが売られていますので、用途に合わせて上手に使っていきましょう。

大切なお子さんのお肌を、虫から守ってあげてくださいね。

mkmmより

Sponsored Link


関連記事はこちら