白浜楽しかったねー。
海の幸美味しかったねー。また来ような。
うん。ところでお土産買った?
げ、、、、忘れてた。でももう白浜出たで・・・。引き返すか。

 

となった場合も大丈夫。

白浜のとれとれ市場から、大阪に帰る途中に海鮮せんべい南紀に寄りました。とれとれ市場から近くにありお土産買い忘れたー!と思っていてもここに寄れば大丈夫です(笑)

ここではせんべいを実際に作っているところを見学できるだけでなく、たくさんの種類のせんべいを試食できるので、子連れの場合は特におすすめです。

今回は、この海鮮せんべい南紀について写真付きで紹介したいと思います。

Sponsored Link

せんべい工場を見学できる!

ガラス張りの工場の中を外から見ることができます。

この日はいかげその唐あげを作っていました。作り方も書いてありました。

  1. いか下足を秘伝のタレに漬け込みます。
  2. 味が均一になるように、手で混ぜます。
  3. 粉をつけます。
  4. 鉄板の上に丸めてのせます。
  5. 回転焼成機で、鉄板に挟まれたまま一周してくると・・・
  6. 自動でコンベアの上に落ちます。
  7. 油で揚げます。
  8. 放熱されます。
  9. 包装されればできあがり!おやつやお酒のつまみにどうぞ!

という手順です。外からは、4-6が良く見えました。

kaisensenbei nanki6

せんべいを試食できる!

kaisensenbei nanki9

いくら美味しそうに見えても食べてみないとわからないですよね。

ということで、ここがすごいのはたくさんの種類のせんべいを惜しみなく試食できるということです。

そして、このせんべいがとにかく美味しいんです!!素材の味がとにかくよく出ており、めちゃうまです^^。

よく「◯◯味のせんべい」とか言っても、◯◯が入っていなかったり、色が◯◯に似せているだけのせんべいってあるじゃないですか。

そういうのとは、全くここのせんべいは違います。素材そのものが見えますからね。いかのげそなら、げそが見えます。そのまま入っています。これがすごい!

「本当に美味しいから、とにかく食べてみな!!」と言わんばかりの、試食コーナーで、中でも気に入ったのがあれば、それを購入するという流れです。

本当に美味しいからこそできることです。

kaisensenbei nanki11

私たちは全部気に入ったので、一番人気のいろんなせんべいが詰め合わせされているものを購入しました。1袋で520円です。すごく美味しい上に、安いのもあり、職場のお土産にも、購入しましたよ^^;。

Sponsored Link

ゆっくりくつろげるスペースがある!

kaisensenbei nanki8

さらに、工場を見学できるスペースの近くには、テーブルと椅子が用意されていて、自由に使ってもよく、さらには、無料のコーヒーまで用意されているのです。

まさに至れり尽くせりとはこのこと!
試食まででき、無料でコーヒーも飲めて、ゆっくりできるなんて・・・。

ただし、試食のものを持ってきて、テーブルでは食べてはいけません。

これだけ尽くされると、逆に買わないと申し訳ないという気持ちになりますね。それが作戦なのかもしれませんが、とにかくギブ&ギブという感じです。

食事コーナー、野菜販売のコーナーもある!

さらには、バイキング形式で食事をすることもできますし、とれたての野菜などを販売しているスペースもあります。

せんべいだけじゃないんです!

表には植物もたくさん売られています。

関西でお出かけスポット、実際に行ったところだけ、まとめました!よろしければどうぞ。

関西子連れおすすめ

★関西を都道府県別に子連れお出かけスポットまとめました。お出かけするごとに随時更新しています★

最後に

kaisensenbei nanki10

行けば大満足の海鮮せんべい南紀でした。せんべい作ってるところ見れるみたいだから、行ってみようと通りがかりにたまたま寄っただけだったのですが、思わぬヒットでした。

美味しく試食でき、よいお土産まで買えました。

場所はこちらです。白浜に行かれた時は是非立ち寄ってみてください。

by kudi

Sponsored Link


関連記事はこちら