経産婦さんなら今回はどんなふうにお産が始まるのか大体お分かりだと思います。

ただ、どのように始まるのか、いつ生まれるのかは、誰にも分からないので不安はあるでしょう。

特に初産の方は、病院の母親教室や本などで勉強していても陣痛の痛みはどんなものか?無事に産めるのか?不安でいっぱいと思います。


【みんなそれぞれ違う始まり方】

うちの場合は3人とも、予定日超過、ビッグベイビー、は同じでした。

しかし、

  • 長男は陣痛から
  • 長女は陣痛後破水
  • 次女はおしるし後陣痛

と様々でした。

ただ、長男の時はさすがに陣痛ってこれかな?と意気込んで行ったものの、それから出産まで1日かかりました。

【お産のサイン、陣痛】

初産の場合は、陣痛かなと思っても慌てず、1時間ごとに時間を計りましょう。
1時間に6回陣痛が来るのであれば、病院に連絡しましょう。

病院に行く際は、誰かに付き添ってもらった方がいいですね。
誰もいなければ、タクシーで行きましょう。

決して救急車を呼んだり、自分で車を運転してはいけません。

【お産のサイン、破水】

しかし、破水した場合は、子宮口に細菌が入って感染症をおこしてしまう可能性もあります。
陣痛が来ていなくてもすぐに病院に行き、検査してもらいます。

【お産のサイン、おしるし】

おしるしとは、子宮の収縮や子宮口が少しずつ開いてくることで起こる出血のことです。

ただし、おしるしがあったからと言って、すぐにお産が始まるわけではありません。

もうすぐ生まれるサインであると思ってください。

私の場合は、お産の前日の朝におしるしがありました。
3人目にして初めてのおしるしだったのでびっくりしました。

けれど、人によっては、おしるしから1週間後にお産が来た人もいます。

おしるしがあったからと言って慌てるのではなく、入院準備の最終チェックを行い、赤ちゃんを迎えるための心の準備も万全にしておきましょう。

【最後に】

臨月に入ると、いつかな?まだかな?と楽しみにしながらも、やはり不安になるものです。

私の場合、3人とも予定日超過してしまったので、予定日過ぎるととても不安になっていました。

特に2人目が一番予定日を超過してしまい、すごく不安を感じていました。

しかし、赤ちゃんと話せる整体師さんを助産院で紹介していただき、みてもらいました。

すると、その整体師さんが

『赤ちゃんは出る準備が出来ているよ。
でも、お母さんが凄く疲れているから
元気になるのを待っているみたいだよ』

と教えてくれました。
それを聞いてとても嬉しくなり、大変感動しました。

そのおかげで夜はゆっくり眠ることが出来、翌日のお昼には娘と会うことが出来ました。

お腹にいる赤ちゃんはママの気持ちを凄く感じています。
ですから、不安や心配事もあるかもしれませんが、心穏やかに、赤ちゃんが出てきてくれるのを楽しみに待ちましょうね。

by keally

関連記事はこちら