梅雨も過ぎ、暑くなって来る頃
見かける機会のあるひまわり

ひまわりの背丈は子どもよりも高く
その花は子どもの顔ぐらい大きく立派なものもありますよね。

そんなひまわりを折り紙で折ってみませんか?

簡単に折れちゃいますよ!
では、折り方をご紹介します。


ひまわりの作り方

ひまわりの作り方STEP①

まず、半分に折ります。

himawari.origami.1

ひまわりの作り方STEP②

半分に折ったものを、さらに半分に折ります。

himawari.origami.1-1

ひまわりの作り方STEP③

himawari.origami.2

半分の半分に折ったものを、開きます
すると、写真のような折り線がついたと思います。

himawari.origami.3

ひまわりの作り方STEP④

四隅()を、中央のに向かって折り込みます。

himawari.origami.4

写真のように折り込みます。
四隅すべて折り込んでください。

himawari.origami.5

ひまわりの作り方STEP⑤

すべて折り込んだら、
中央のの面を外側に適当な段差をつけて折り込みます。

himawari.origami.7

写真のようになりましたか?

himawari.origami.8

ひまわりの作り方STEP⑦

裏返したら完成です。

himawari.origami.9

あとは、これにひまわりの真ん中の種の部分を表すように
格子状に線を入れます。
すると、ひまわりの出来上がりです。

himawari.origami.10

線をいれるとひまわりらしさが出ますね。
つづいて、葉っぱの作り方もご紹介します。

葉っぱの作り方

葉っぱの作り方STEP①

三角に折り、広げます。

himawari.haltupa.1

himawari.haltupa.2

葉っぱの作り方STEP②

の面を両方真ん中の線に沿うように折ります。

himawari.haltupa.2-1

こんな感じです。

himawari.haltupa.3

葉っぱの作り方STEP③

さらに、の面を真ん中に沿うように折ります。
今回は片方のみです。

himawari.haltupa.3-1

葉っぱの作り方STEP④

の面を線に沿って矢印のほうに折り込みます。

himawari.haltupa.4-1

写真のようになりましたか?

himawari.haltupa.5

葉っぱの作り方STEP⑤

裏返したら完成です!

himawari.haltupa.6

茎の部分と葉っぱの部分一枚で折れて
尚且つ簡単なので、おすすめです!
それに、これなら色々な花に合わせて使えそうです。
先ほど紹介した、ひまわりと合わせるとこんな感じになります。

himawari.haltupa.7

葉っぱの葉脈を書くと葉っぱらしさがでてステキですよ。

また、あじさいの折り方の記事で紹介した
葉っぱの折り方で折った葉っぱと
適当に細くおった茎を合わせると
よりひまわり感がでるのでオススメです。

himawari.origami.11

紫陽花の折り紙の折り方。梅雨の時期にぜひ!

最後に

”ひまわり、折り方”で検索すると色々でてくると思いますが、
この作り方なら子どもでも簡単に楽しく折れると思います。

それに折り紙がちょっと苦手なお母さんも
これなら子どもにもわかりやすく教えてあげられると思います。

今回は黄色の折り紙で折りましたが、
オレンジ色の折り紙で折ってもよさそうですね。

それに、この形さえ覚えてしまえば
真ん中に違う色の折り紙を張ったりすると、
ひまわりではないお花に変身することもできそうです。

このように、基本的な折り方さえ覚えてしまえば
色々なアレンジで、様々な形に変わるのが
折り紙の面白さでもあります。

覚えてしまえば簡単なので、
ぜひ、簡単に作れるものから挑戦してみてください。

むうこより

関連記事はこちら