母乳の量は足りているのかしら。
赤ちゃんの吸い付きが悪いみたい。
おっぱいが張って痛い。
乳首が切れた…

などなど、赤ちゃんが生まれてみると、おっぱいのトラブルや悩みってたくさんでてきますよね。
私自身、おっぱいをあげた後も、娘が泣くことがあり、「母乳が足りてないのかな?おっぱいの出が悪いのかな?」と悩みました。
そんな時、従姉から桶谷式の母乳院が近くにあることを教えてもらい、早速、行ってみることにしました。
そこでの体験をお話ししたいと思います。


桶谷式とは?

まずは、桶谷式のことについて少し説明したいと思います。

桶谷式とは、助産師だった桶谷そとみ先生が考案された乳房マッサージです。
「痛くない・母乳がよく出る」と言われています。
助産師の資格を持ち、研修を受け、認定された方がマッサージを行います。

また、食事指導や、授乳指導、育児相談にものってくれます。
料金は初診¥5000~再診¥3000~となっています。

全国的にありますが数は少ないので予約していくことをお勧めします。

私の体験談

初めての赤ちゃんを出産後1ヶ月ほど経って初来院しました。
来院と言っても、病院のような所ではなく一軒家の一部屋に通されました。
最初に、赤ちゃんの体重を量ります。そして、おっぱいの様子や母乳の出具合を見てくれます。
授乳の仕方が不安でしたので、そこで授乳の様子を見ながらおっぱいの吸わせ方も指導してもらいました。
授乳後、赤ちゃんの体重を量って何CC飲んだかをチェックします。
そして、ベッドの上でおっぱいマッサージをしてくれます。
マッサージを始めて最初は、少々痛いですが、揉みほぐされていくうちに痛みはなくなり、母乳がピュッピュッっと水鉄砲のように出てきました。
そして、マッサージ後は、ふわふわおっぱいになっていました。
おっぱいが張って痛い方は、最初、痛みが強いかもしれません。
私の場合、おっぱいはよく出るおっぱいで、赤ちゃんが泣いていたのは、飲みすぎて苦しかったのだろうと言われました。
そして、たくさん作られ過ぎて、赤ちゃんが飲み残している分が溜まっておっぱいの中で発酵されているから一度、全部出し切ったほがいい。
しかし、一度にすべて出し切ると、張って痛いから、数回に分けてマッサージしたほうがいい。というアドバイスをもらいました。
そこで、2週間に1度、2回通いました。
牛乳のような色だった母乳が、次第にカルピスのような色になりました。
また、そこにいたママさんたちの話を聞くと、おっぱいの出が悪く、週に2回のペースで通っている方や乳腺炎になってマッサージを受けにきた方、断乳の相談に来た方など、様々でした。
おっぱい以外にも、育児の相談にものってくれます。
通うのを終えたあとも、保湿の仕方や、湿疹ができたときに相談したり、便秘のアドバイスもしてもらいました。
誰に聞けばいいかわからない時に、心強い存在でした。

最後に

一つ気になることといえば、思っている以上に母乳崇拝といいますか、赤ちゃんのトラブルのほとんどは母乳で解決できる。
母乳絶対主義という感じがします。
3時間おきの授乳はもちろん、時には食事も指導されます。
それを守ろうとすると、結構大変ですので、ストレスに感じてしまう方もいるかもしれません
自分に合っているか、合っていないかを見極めることが大切だと思います。
おっぱいトラブルで悩んでいるより多くのママが、赤ちゃんとの授乳時間を楽しく過ごせるヒントになれば思い、自身の体験を書かせてもらいました。

ゆずママより

関連記事はこちら