こんにちは。

大阪市在住の5歳男児のパパです。

 

温かくなり桜も咲き、アスレチックやハイキングにぴったりの季節になりました。

そこで、息子をどこか関西のアスレチックに連れて行こうとネットで検索していると、コース数が多く、小学生でも満足できるという「高槻フィールドアスレチック」を見つけました。

5歳の幼児(息子)と一緒に出かけてきましたので、その感想や口コミを写真や動画を交えて、まとめたいと思います。


高槻フィールドアスレチックとは?

高槻市の山の中にある本格的なアスレチックです。

受付にたどり着くまでもすでにアスレチックが始まっているのか!と思うほどの坂を登っていきます。

もう疲れた・・・。

 

何言うてんねん。

まだ始まってもないぞ!

 

高槻フィールドアスレチックの料金は?

高槻フィールドアスレチックの料金

料金は、

  • 大人(高校生以上)700円
  • 子供(小学生・中学生)500円
  • 幼児(3歳以上)300円

となっています。

料金を払うと、ゼッケンをもらうことができます。

ゼッケンをつけている人は料金を払った人でアスレチックに参加できる人とわかるようにするためだそうです。

 

高槻フィールドアスレチックのコースは?

2つのコースからなり、

  • 史跡コース 25個のアスレチック 所要時間 1時間程度
  • 民話コース 35個のアスレチック 所要時間 1時間半程度

となっており、史跡コースの方がまだ簡単なコースが多いとされています。

スタート地点は同じです。

右に行けば史跡コース、左に行けば民話コースとなっています。

高槻フィールドアスレチックの楽しみ方は?体験談!

まず史跡コースでどんなものかを様子をみてから、行けそうならば民話コースにチャレンジするのが良いと思います。

あるいは、午前中に史跡コースにチャレンジして、昼食後に民話コースにチャレンジするのがよいでしょう。

ぶっ続けで2つのコースに挑戦するのはかなり体力を使います。

各アスレチックには番号がつけられており、その説明の看板があります。

こんな感じで、太鼓を3カ所叩いてください。などと説明が書かれています。

 

が!!!ここで注意。

 

  • 書かれている内容と実際のアスレチックの内容が異なる。
  • 書かれている内容は、どう考えても目の前のアスレチックですることは不可能である。
  • そもそも書かれている内容のアスレチックが目の前にない。

なんてことは、しょっちゅうあります。

 

また、大人でもきついアスレチックもしょっちゅうあります。

どう考えてもこれは無理でしょ!というものもありました。

 

ですので、ここのアスレチックへの取り組み方としては、

  • 史跡コース:25個
  • 民話コース:35個

のアスレチックを1つ漏らさずきちんとこなそうとするのではなく、

出来る分を出来る範囲でやればいい!!無理だと思ったらどんどん飛ばす!

という意気込みで行くべきです。

それともう一つ!

ここのアスレチックコースはとにかく勾配がきつく、道も良いとは言えず、アスレチックをやらなくて付き添うだけでもかなりの体力を使います

その点もご注意ください。

可愛い孫と一緒に、おじいちゃんおばあちゃんも付き添うと大変な目に遭う可能性もあります。

 

今回、5歳の息子とともに、まずは史跡コースにチャレンジしました。

史跡コース

簡単なコースというだけあって、5歳の息子でもこなせるものもいくつかありました。

しかし、4つ目のアスレチックがこれ。

 

仰向けになって丸太やロープをたどりながら進む。

これ5歳には無理でしょ。足も届かないし。

早速このあたりから、無理なアスレチックはどんどん飛ばそうと思うようになりました。

その後も、チャレンジしては途中で無理!となるアスレチックがいくつかありました。

それでも、息子は良く言えば切り替えが早く、悪く言えば諦めが早く、次々できるものをこなしていきました。

できないのもあったけど、かなり楽しかったわ。
さ、ぼちぼち帰ろうか。
難しいコースもやりたい!
まじで?簡単なコースも満足にできていないのに・・・。
うん。

軽い昼食後に、民話コースにチャレンジしました・・・。

民話コース

民話コースはやはり難しいアスレチックが多かったですが、5歳の息子でもできるものもいくつかありました。

ひれふしわたりシーソーを横に進む。

と記載があり、皆さんその通りにやっていますが、やはり5歳児では届きません。

しかし、

出来る分を出来る範囲でやればいい!!無理だと思ったらどんどん飛ばす!

という方針のもと、出来る分だけをこなしていきました。

写真は撮れませんでしたが、ブランコ系も息子はすべてこなしました。

ここのアスレチックで最もびっくりしたのがこれ。

池の上を、竹の上をロープを持ちながら歩いて行くというもの。

これが怖いのが落ちる可能性があること、さらには落ちてもすぐには助けに行けないこと。

これはやめといたほうがいいんじゃないか?
やる!
まじか・・・。

見てると息子くらいの年齢の子供もある程度はやっていそうなので、やらせることに。

落ちそうになったり、落ちたらある程度は対応できるように、息子の次に私も続きました。

案ずるより産むが易し!とはまさにこのこと。

難なく息子はこなしました。

結果、全部のコース合わせて60ありましたが、出来たのは半分もありませんでした。

が、出来る分だけやる!という方針で十二分に楽しめました。

アスレチック以外も楽しめる?

アスレチック以外にも

  • モノレール
  • バーベキュー

などを楽しむことが出来ます。

モノレール

モノレールは1人300円で乗ることができます。

1往復15分程度です。

定員は4人ですので、並んでいる人が多ければ結構待ち時間があります。

息子が乗りたいというので30分くらい並びました。

山の中を結構な勾配を同じ速度で進んでいきます。

途中でバーベキューをしている人たちの真横や、アスレチックの真横を通ったり、春は花が綺麗です。

息子は大満足な様子でした。

モノレールからの影像はこちら。

バーベキュー

施設内でバーベキューをすることができます。

1ブース3,000円で、最大20人が使用でき、

  • バーベキュー1台
  • 炭6kg
  • トング2本
  • 火鉢

を借りることができます。

予約が必要であることと、肉などの料理は持参する必要があるので注意が必要です。

モノレールに乗って見えるバーベキュースペースは花見の季節ということもあり、大盛況でした。

食事(ランチ)を食べるところはある?弁当の持ち込みは可能?

今回私たちは食事について何も調べていかなかったのが失敗でした。

レストランはありません。

ですので、みなさんお弁当やおにぎりなどを持ち込んでいました。

持ち込みは可能とかいう話ではなく、持ち込まないと食べるものがない!のです。

当然山の中ですので、コンビニは近くにありません。

どうするの?お腹すいた。
待て、慌てるな。あそこに売店があるぞ!

輝かしき・・・

 

フランクフルトの文字!!!

 

とりあえずこれで飢えをしのごう。
了解。

 

全然足りない・・・。

 

確かに・・・。

仕方ない。アイスクリームも食べよう。

 

とりあえずお腹落ち着いた。

なんて、我が家のようなことにならないためにも、お弁当やおにぎりを持参しましょう。

 

高槻フィールドアスレチックの混雑具合は?駐車場は?

今回は4月の上旬の日曜日に出掛けました。

到着したのは11時頃。

想像以上に混雑していましたが、2つ目の駐車場に駐車することはできました。
(施設のすぐ近くの駐車場はすでに満車でした)

こちらが施設すぐ近くの駐車場。

ちなみに駐車料金は無料です。

しかし、公式サイトを見ると、4月中旬から5月上旬は駐車場も満車になるため、公共機関を利用するように記載があります。

 

高槻フィールドアスレチックへのアクセスは?

自家用車の場合

大阪市内から高速道路を使うと40分程度で到着します。

名神高速道路の高槻ICで降りて、6分程度で到着します。

  • 住所:大阪府高槻市成合北の町242
  • 電話番号:072-688-8281
大阪府高槻市成合北の町242

 

が、私たちは高速道路を降りてからもっと時間がかかってしまいました。

というのも、道がわかりにくい・・・。

本当にこの先にアスレチックがあるのだろうかという不安になるような細い道を通っていきます。

看板など見当たらず、結構不安になるかもしれないというのは行く前の前知識としては重要かもしれませんね。

ただし、混雑が予想される季節は、公共機関を利用してくださいと公式サイトにも記載があります。

バスの場合

  • JR高槻駅南口(市バス6番乗り場松坂屋前)
  • 阪急高槻市駅北口6番乗り場

から高槻市バス(上成合行または川久保行きで約15分)に乗って上成合停留所で下車します。

この上成合行または川久保行きは1時間に3-4本運行していますので、いつ行ってもそれほど待ち時間はなさそうです。

 

高槻フィールドアスレチックの口コミ・評判は?

ネットで口コミを探してみました。

ネットに飛び込む!

説明文が無茶を言ったりして面白いですね。

実際飛び込むことは出来る仕様にはなっていましたが。

同じ事を思いました。

六甲山アスレチックよりも難易度がかなり高いです。

付き添う人にとっても難易度も高いです。

 

こちらは少しシビアな意見です。

  • 全部真面目にこなそうとしないこと
  • 無茶な要求をしてくる説明文はむしろ楽しむこと

が大事ですね。

無理と思ったらスルーがここの楽しみ方ですね。

季節がいいときに時間を間違えると、渋滞に遭うようです・・・。

実際にお出かけしたところをまとめました。→関西の子連れお出かけスポットまとめ

最後に

大阪の高槻市にある高槻フィールドアスレチックについてレポートしました。

幼児でも十分に楽しめますが、口コミにもありましたように、やはり少しレベルが高いと感じました。

小学生3-5年生くらいがちょうど良いくらいかもしれませんが、大人でも十分に楽しめます。

とはいえここの楽しみ方は、出来るところだけやる、全部やろうとしない!ということです。

またレストランなど食事をする施設はありませんので、お弁当を持ち込みましょう。

息子としては、再訪したいとのことです。

 

関連記事はこちら