周りの赤ちゃんが段々卒乳していき我が子はいつだろう…出来るのだろうか…など考えたことのあるママさんは多いのではないでしょうか?
私の上の息子も、卒乳できるまで毎日一緒に泣き、一緒に成長したことを思い出します。
今回は卒乳の時期方法をご紹介します。


卒乳の時期

Drink

卒乳の時期は1歳6ヶ月の離乳食から幼児期に変わる時期が理想と言われています。
ですが1歳~1歳3ヶ月頃に卒乳する赤ちゃんが平均的には多いみたいですね。
いつかは自我が芽生え卒乳しますので2~3歳になっても安心感やコミュニケーションの為に吸わせていてもいいみたいです。

卒乳の方法

卒乳日を決める!!

赤ちゃんに取っておっぱいは安心感があります。
いきなり大好きなおっぱいとバイバイするより赤ちゃんにも少しずつバイバイが来ることを伝えてあげましょう。
赤ちゃんにもカレンダーを見せ『この日におっぱいとバイバイしようね』などと伝えます。
そして、毎日『○○ちゃん、もうすぐおっぱいとバイバイするんだって?すごいね!かしこいね!』

などと卒乳が寂しくならないように不安にならないようにハグなどもたくさんしてあげてください。

卒乳当日

当日、最後のおっぱいはたくさん赤ちゃんが満足するまで飲ませてあげてください。
飲ませる前には『このおっぱいで最後だからね。バイバイするのかしこいね!』
などと、最後のおっぱいだということを伝えます。
飲んだ後は『これでおっぱいとバイバイだね!お兄ちゃん(お姉ちゃん)になったね!すごいね!』
などと、褒めてあげてください。
赤ちゃんは数時間経ちますとおっぱいが欲しくて泣きます。そのときも『バイバイしてかしこいね!』
などと、抱っこなどであやしてあげてください。
赤ちゃんがたくさん泣き、ママも負けそうになるときがあると思います。

でも1番辛いのは赤ちゃんです。赤ちゃんは小さい体で成長しようとしているのでママも頑張ってくださいね!

卒乳当日~卒乳後数日

ママはなるべくおっぱいを見せないで下さい。
お風呂の際は服を着たままだったり水着になったり絵を書くのもいいみたいです。
パパに入れてもらってもいいですね。
夜泣き防止に昼間はたくさん外などに連れていきおっぱいのことを忘れれるくらい遊ばせてあげてください。
それでも夜泣きするようでしたら車でドライブだったりベランダで涼んだりたくさん付き合ってあげて下さい。
1週間程で赤ちゃんも完全に卒乳できるかと思います。

最後に

1週間ほどは赤ちゃんもおっぱいを求め母子共に辛い時期です。
ですが、卒乳できた後は赤ちゃんの成長をまた1つ感じ、母としての成長も感じれるのではと思います。
ママにとっても、赤ちゃんにとっても笑顔溢れる卒乳になりますように。

 

かなママより

関連記事はこちら