子どもと一緒に作ったおもちゃ。

意外と遊べず、結局ゴミになってしまった… なんてことはありませんか?

今回ご紹介する、パラシュートゲームは、子どもでも簡単に作れて、その後楽しく遊べます。ご家族みんなで楽しく遊んでみてくださいね。


【パラシュートゲームの作り方】

パラシュートゲームの材料

用意するもの

  • はさみ
  • のり
  • セロハンテープ
  • 鉛筆やペン
  • 定規
  • ティッシュペーパー1枚
  • 工作用紙
  • リボンもしくは紙テープ80㎝

つくりかた

  1. まずは的を作ります。これは、紙に円を描くだけでOKです。
    注意する点は、円中心の直径を必ずおもりの大きさに合わせることです。
  2. 次に、工作用紙で人、3㎝×3㎝の正方形を4枚作ります。
  3. リボンもしくは紙テープを20㎝ごとにカットし、4本に切り分けます。
  4. ティッシュペーパーの四隅に、切り分けたリボンをセロハンテープで留めます。
  5. 3㎝×3㎝の正方形をのりで合わせていき、最後に人の底と合わせます。
  6. 最後に、4で作ったリボン、もしくは紙テープをまとめ、セロハンテープで5の人にとめます。

これで出来上がりです。

2までの用意は、ママがしてあげるといいかもしれません。

パラシュートゲームの作成動画はこちら!

【パラシュートゲームで遊ぼう!】

遊び方

パラシュートを的の真上から落とします。

中心の一番近くに落とした人を勝ちとしてもいいですし、中心を10点、その周りを5点などして、点数を付けて遊ぶのも楽しいです。

屋内など、あまり風の吹かない場所のところの方が的を狙いやすいのでおススメします。

小さいお子さんは、低いところから、大きいお子さんは高いところから、という風にハンデをつけてすると楽しめますね。

うちの子どもたちも最初は、椅子の上に立って、机の上の的に当てていました。しかしながらとても簡単でしたので、次は、椅子に立たせて、床の上の的を狙わせてみました。

これが意外と難しかったらしく、苦戦していました。高さが変わるだけでこんなに違うのですね。

【まとめ】

子どもと一緒に、工作をするということは、とてもいい親子のコミュニケーションが図れます。

沢山の材料や、あまり家になさそうな材料だと億劫になってしまうかもしれません。けれど、今回ご紹介したパラシュートゲームは、家にあるもので本当に簡単に作ることが出来ます。

是非、お休みの時にでも、子どもさんと一緒に作って遊んでみてくださいね。雨などで外に遊びに行けない日などに作ってみるといいかもしれませんね。

by keally

関連記事はこちら