赤ちゃんが生まれてから、色々なことに刺激を受けます

赤ちゃんの視覚・味覚・触覚などの五感を磨いてくれる身近なものは、おもちゃであると思います。

そのおもちゃの中で、特に五感を磨いてくれるおもちゃはどんなおもちゃでしょうか?

我が子がよく遊んでいたおもちゃ

大好きだったおもちゃ

 

うちの3人の子どもが共通して遊んでいたおもちゃを2つ紹介しますね!

くるくるチャイム

それは、くるくるチャイムというおもちゃです。

ボールを入れると、くるくる回りながらボールが下りてきて最後にチャイムが鳴るというものです。

ボールが下りてくる様子をジーと見つめ、下りてきたら、もう一度投入。

何度も何度も飽きずに繰り返します

このおもちゃで、物を掴んだり、離したりする動きを学びます。

このことは、鉛筆で文字を書いたり、ハサミを使って紙を切ったりすることに繋がります。

また、落ちていくボールを見つめることで視覚を養います。

そうして、文字を読む時の集中力を身につけることが出来るのです。

型はめ積木

もう一つが、型はめ積木です。

丸や三角の形の積み木を同じ形の穴に入れていくというものです。

これは、赤ちゃんにとってはとても難しい作業です。

最初は、的外れな場所に入れようとしてしまうと思います。

しかしながら、赤ちゃんは失敗を重ねながらすこしずつ学んでいきます。

親は、形や色を教えてあげたり、まずはお手本を見せ、ゆっくり見守りましょう

その中で、赤ちゃんは口に入れてしまうことがあります

これは、赤ちゃんが口の中で、形を判断しているからということによるものです。

ですから、
『口に入れてはダメよ』

などとは言わず、時期がくるまで仕方のないこととしてあげて下さい。

なので、おもちゃを選ぶ際は、口にも入れても大丈夫なおもちゃであることを確認してから購入しましょう。

[adsense]

その他おススメなおもちゃ

子どもに買ってあげたかったおもちゃの1つです。

ルーピング

くねくね曲がった所にボールを通していくものです。

支援センターなどに、置いてあり、行くと大概遊んでいました。

くねくね曲がった所を通すことで、空間認識を養います。

そして、目と手を一緒に動かすことで、更に五感を刺激することが出来ます。

まとめ

今、おもちゃは沢山有り過ぎて、どれを選んであげたらいいのか悩んでしまいますよね。

子どもによって、好きなおもちゃは異なりますから、支援センターなどおもちゃが沢山あるところで子どもが何で遊ぶのが好きなのか、探ってみてもいいですね。

小さな頃は子ども自ら選べません。
親が子どもにとって最適なおもちゃを選んであげたいですね。

by keally

関連記事はこちら