冬の寒い時期は、寝るときの子供の寒さ対策に悩みます。

寝るときにしっかり布団をかけて寝たずなのに朝方布団を蹴飛ばして、手足が冷え切っていることってよくありますね。

風邪をひいても困るので何とか布団を着て寝てほしいのですが、子供はなかなかそうもいきません。

そんな子供の寝ている時の寒さ対策を紹介します。


【薄着にして布団を着せる】

子供は大人より暑がりです。
とくに親と一緒に寝ている子は布団の中が暑くて飛び出してしまいます。

基本は大人の枚数-1です。

綿の肌着に綿のパジャマ1枚の合計2枚で布団を着せてあげれば暑くなることはないでしょう。

これなら大人と寝ていればちょうどよいかと思います。

とても寒い時期だったらもう少し厚地にしてみましょう。

【厚着にして布団を着せない】

肌着にフリースやキルティング素材のパジャマその上にスリーパーを着せれば
布団から飛び出しても大丈夫です。

心配な時は、厚地のひざかけをかけてあげます。

これなら寝相の悪い子供でも朝まで安心ですね。

【手足が冷たいのは大丈夫?】

手足が冷たくても体が温かければ大丈夫です。
とくに赤ちゃんは手足で体温を調節するので手袋や靴下をはかせる必要はありません。

【ひざかけを余分に枕元に準備】

気が付いたら布団を蹴飛ばして布団の上で寝てしまっていることも。

そんなときにすぐかけられるように予備の布団または厚地のひざかけを数枚枕元に用意しておきましょう。

朝方冷えてきたと思ったときにもう1枚着せてあげるのにも便利です。

【寒さ対策で気をつけること】

とくに小さい赤ちゃんは自分で布団を脱いだり着ているものを自分で脱ぐことができません。

もちろん暑いとも言えないので我慢してしまいます。

そうすると体温調節ができずに熱が体にこもってしまい乳幼児突然死症候群の原因となってしまうこともあります。

心配な気持ちもわかりますが大人-1枚を心がけましょう。

背中に汗をかいていたら暑い証拠です。

【まとめ】

我が家も寒い時期に娘たちが寝苦しそうにしています。

布団から出ると風邪をひく、と思い込んでいるのでとにかく布団を着せるようにしていましたがパジャマ+スリーパーを着せてその上に布団だったので暑かったようです。

とくに下の娘は私にべったりくっついて寝ていますので。

寝相が悪くて毎晩布団から出てしまっているお子さんはもしかしたら暑いのかもしれません。

夜は冷えるので心配ですが一度子供の目線で寒さ対策を考え直してみるといいですね。

mkmmより

関連記事はこちら