英語って早く始めれば早いほどいいと聞きますね。

しかし、親が英語を話せない場合はなかなか難しいものです。
今回は英語の初め時についてお話ししたいと思います。


英語と日本語の周波数

英語と日本語の周波数が違うということはご存知でしょうか。
日本人が英語を聞き取りにくいのは周波数が違うからなのです。

赤ちゃんの耳は、ニュートラルな状態で聞き取れる周波数の幅が大人よりも大きいのです。

「耳の黄金期」と呼ばれる0歳から3歳までの間に英語の周波数の聞き取りに慣れていることで、聞き取れる周波数の幅が変わってくるのです。

また、人は聞くことのできる音しか発音できないようになっているのです。
ということは、周波数が日本語の範囲だけならば、英語特有の周波数の音が発音できないということになります。

それが英語教育は早いほうがよいと言われている由縁なのです。

英会話教室や、英語教材の会社ではそれを売りにして、0歳から対応しているというところは少なくありません。

英語教材

ネットなどで、英語教材の広告などをよく見かけると思います。
その広告やページには金額が書かれていないことがほとんどで、資料請求をして初めて金額を見て驚くというパターンがほとんどですね。

私も金額を見て驚きました。

有名なところではディズニー英語システム。DWEと呼ばれているものです。こちらはすべてのサービスをセットで購入すると90万円近くになります。

一番安いプランですら16万円くらいします。

これを購入した知り合いによると、電話で外国人講師とトークできるプランは別料金なため、さらにお金がかかるそうです。

しかし、その知り合いは親がまったく英語ができないというのに、子どもさんは英語で友達と喧嘩ができるほどペラペラなのです。

90万円の価値はありそうですが、なかなか現実的な値段ではありませんね。

その次に有名なのが8年ほど前にでてきたベネッセのワールドワイドキッズ。こちらはフルセットで約20万円。数年前からは0歳からのセットも販売されそちらは23万円ほどです。

こちらの教材は1ヶ月に1本を目安にDVDを見たり、付録のおもちゃで英語を使いながら遊んだりします。
全てのステージを2年で終了します。

ワールドワイドキッズは年に数回、教材と連動したショーがあったり、英会話のワークショップがあったりと別料金ですが、実際に参加するイベントもあります。

最終的な目標は、英語圏の6歳くらいの幼児が話す言葉までです。

我が家の場合

我が家ではワールドワイドキッズを使っていました。

娘が1歳6ヶ月の頃から始めたのですが、幼稚園入園前には、私を探して「Mummy~!!where are you?」と言ったり「Which do you like?」「I like ○○」などの会話もできるようになり、かなりおしゃべりできるようにはなっていました。

幼稚園入園してすぐくらいに全てのステージまで達しました。入園後、忙しくなり、この教材のDVDを見る時間が少なくなるにつれ、どんどん英語を話さなくなりました。

せっかく20万円近い金額で購入したのに、やめてしまった途端、すっかり英語を忘れてしまうのはもったいないので、今は海外で人気の英語のアニメを見せたりしています。

3歳頃から英語を始めたお子さんの中には、英語のアニメを見せると「日本語にして!」と見向きもしないと聞いたことがあります。

娘は1歳半から始めたからか、英語を聞くことが苦痛ではないらしく、英語オンリーのアニメでも笑いながら楽しんでいるのでその点ではかなりメリットがあったかなと思います。

ワールドワイドキッズをしていて、ペラペラになっているお友達を数人知っているのですが、やはり、ママが英語を話せるという子なのです。

やはり、ワールドワイドキッズでは親が英語を話せるか話せないかでかなり変わってくるということです。

高額な教材を買ってしまったばかりに、しっかり元を取らなければ!!と焦ることもありました。

安い教材もある!!

英語教材を調べているうちに比較的安い教材があることを知ったのはワールドワイドキッズを買ったあとでした。

オックスフォードリーディングツリー(ORT)とCTP96冊絵本です。

こちらはDVD教材ではありませんが、絵本とCDがセットになっています。全部そろえても数万円です。

4冊1セットでCD1枚で2000円もしません。
最低限のセットがその値段なので、試してみて無理だなと思ったらそれで終わりです。

CDが絵本を読んでくれるのでママは絵本をめくるだけ。

そのうち子どもが勝手に絵本を開いて暗唱しだすのです。これらを読んでいる子どもたちの映像がYouTubeなどにあるので見てみてください。

字が読めなくても発音の練習には最適です。

高い教材を買うのはちょっと・・・
だけど、英語には触れさせておきたいというのであればORTとCTPで十分だと思います。

最後に・・・

英語は話せる大人でも、普段使っていなければ、忘れてしまうそうです。
特に子どもは、一度始めたら、英語をずっと使い続けていなければすっかり忘れてしまいます。

高額な教材を買っても、結局は英語を続けなければ意味がないのです。

私は小さいうちに英語を習得させれば、多少高額でも大きくなってから英会話に行くことを考えればましだ・・・と思っていましたが、やはり、忘れてしまうのはもったいないのでリーズナブルな英会話を見つけて通わせています。

英語教材の購入は慎重に考えましょう。

byさっちん

関連記事はこちら