Rokkosan Eye-catching image

大阪市在住4歳児のパパです。

遊びマーレレゴランドも最近行ったしなあ・・・

「なんか、こう・・屋外で体を動かせる遊び施設はないのか?」

と探していたところありました!

その場所は、六甲山フィールドアスレチック!

六甲山の山頂にあるとか!ネットでも割と口コミの良かったので4歳の息子を連れて出かけてきました。

  • 六甲山の自然の中の40種類もの圧倒的な数のアスレチック

に1度回るだけで大変でした。

息子は帰りの車に乗ると一瞬で夢の中に・・・。
それほど疲れたということでしょう。

今回は、六甲山フィールドアスレチックの体験記、口コミ、混雑具合などを写真と動画を交えながら解説します。

Sponsored Link

六甲山フィールドアスレチックとは?

rokko-mountain-field-athletic021

国立公園でもある六甲山の自然を活かして作られた本格的なフィールドアスレチックコースで、自然を身近に感じながら遊ぶことができる施設です。

実際に家族で楽しんできましたので、以下に写真と動画と共にご紹介しますね。

40種類ものアスレチック

rokko-mountain-field-athletic025

フィールドアスレチックには、丸太やロープで作られた色々なタイプの遊具が40個あります。

これをひとつひとつ登ったり、下りたりしながらクリアしていき、入口で受け取ったスコアカードに、各ポイントごとに点数を記入していきます。

各ポイントには迂回コースが準備されており、自分で難易度を調節しながら進んで行く事ができます。

アスレチックコースは2種類

rokko-mountain-field-athletic044

アスレチックコースには二種類あります。
  • 小学校高学年から大人向けの全コースクリアを目標とした=チャンピオンコース
  • 幼稚園から小学校低学年向けの半分クリアを目標とした=チャレンジコース

息子は4歳なので、チャレンジコースをいくことにしました。

スタート時点ではコース別に、それぞれのアスレチックでの自分の点数を記載する紙があります。

rokko-mountain-field-athletic026

ゴルフみたいですね!

しかし、これをマメに書いている子供はコースの途中では見受けられませんでした。

rokko-mountain-field-athletic028

難しいポイントはパスをして、比較的簡単なポイントだけを進んでいく事も可能です。
それでも難しいところがいくつかあり、落ちそうになったりこけそうになったりと、ひやひやする場面もありました。

逆にチャンピオンコースでも行けそうと思えばチャレンジすることも可能です。

それぞれのアスレチックの前にはこのように数字と説明の書いたボードがあります。

rokko-mountain-field-athletic034

rokko-mountain-field-athletic036

アスレチックは大人も参加できますが、かなり体力を使いますよ。

バランスを取るのが難しいものも幾つかあります。

横で付き添うだけでもアップダウンあり、いい運動になります。

rokko-mountain-field-athletic039

幼稚園児と思われる子供もたくさんいましたが、やはり小学生が多かったです。

rokko-mountain-field-athletic047

六甲山フィールドアスレチックの様子の動画はこちら。

 

六甲山フィールドアスレチックの混雑具合は?

六甲山フィールドアスレチックの混雑具合はどうですか?
日曜日の午後に訪れましたがどのアスレチックも2~3分ほど待てば大丈夫でした。

しかし、お子さんによっては時間が掛かりますし、時間を要するお子さんが固まると渋滞が発生することもありそうです。

rokko-mountain-field-athletic049

ただ、35番の「岸へ向かって」のチェックポイントは人気が高いのと時間がかかるので、10分程待つことになりました。

これがその「岸へ向かって」です。小学生くらいになるとサクサクいけますが、幼児には時間がかかりました。2人乗りは禁止と記載があり、なるほど待ち時間が発生するわけです。

rokko-mountain-field-athletic051

また、GW期間中に行くと大混雑となる事もあるようで、40あるチェックポイントの多くで順番待ちの大行列が発生してしまうようです。

rokko-mountain-field-athletic023

ちなみに入口はこれくらい混雑していましたが、帰る15時前はガラガラでした。

 

六甲山フィールドアスレチックでの服装は?

rokko-mountain-field-athletic037

服装で気をつけることはありますか?
思っている以上の山道ですので、滑りにくい運動靴、動き易く汚れてもよい服装がおすすめです。

また、お子さんと一緒ですと荷物も多くなりがちです。そこで、入口にあるロッカーに荷物を預けて身軽になることでアスレチックをより一層楽しめると思います。

その際、水分補給は大切ですので、水筒を持ち歩くためにリュックや斜め掛けバッグはお持ちになった方がよいと思います。

  • ロッカーの料金:200円(返金不可)

小さいお子さんは頭の保護もかねて帽子を被らせていたほうが安心かもしれません。

山の中で少し涼しいですので、運動された後に体を冷さないように上着を持っていかれることもおすすめします。

アスレチックの営業日は?

2016年の今シーズンは、3月19日~11月23日までとなります。

雨天時や悪天候な場合には終日中止となりますので、お天気が心配な場合は、お出掛け前に公式サイトを必ずチェックして下さいね。

六甲山フィールドアスレチックの割引、クーポン情報は?

rokko-mountain-field-athletic053

六甲山フィールドアスレチックの 割引、クーポン情報を以下にご紹介しますね。

六甲山の各施設からお得なクーポンが配信されており、iPhone、Android端末から簡単に取得できます。

クーポンの利用方法

Androidをご利用の方は、あらかじめPass Walletをインストールしてから以下の手順でお進み下さい。

  1. 利用したい施設のクーポンを選択
  2. iPhoneはWallet、AndroidはPass Walletに保存されます。
  3. あとは、ご利用になる施設でクーポンを見せるだけです。

割引

私達は阪神阪急百貨店のペルソナカード提示で割引が受けられました。

ちなみに、料金を支払う際にカードの有無を聞かれましたので、提示するのみで大丈夫でした。

  • 大人930円→100円OFF
  • 4歳以上の子ども510円→50円OFF

六甲山フィールドアスレチックでの食事は?

rokko-mountain-field-athletic014

施設内には移動販売車=うりぼうキッチンカーがきているので、ランチには困らないと思います。

メニューをざっと見ただけでも、カレーやぶたまん、ホットドック、豚汁、ディッピンドッツ・アイスクリーム、フランスドックなど種類も豊富でした。

飲食スペースも広くて、ベンチや机もありました。

  • 開催期間:2016/03/19〜2016/11/23、土日祝に営業

しかし、食事処は少ないですので、近隣のガーデンテラスカンツリーハウスを利用することも出来ます。
ちなみに、私達は車を停めた六甲ガーデンテラス内のフードコートで食べました。ここは、景色がよくてロケーションが最高でした。

rokko-mountain-field-athletic016

お食事をこちらでされ、再度アスレチックで遊ぶ場合は当日に限りチケット提示で再入場出来るようですので、チケットをなくさない様にご注意下さい。

六甲山フィールドアスレチックの口コミは?

ネットでの口コミを幾つか紹介します。

冬は閉鎖しますし、夏は山頂とはいえ暑いと思いますので、春や秋にはいいですね。


確かに子供達の方が身軽でサクサク進んでいく感じがありました。

大人は普段から体動かしておかないときついかもしれません。

回ると達成感あるので、食べたくなりますよね!


40全て制覇とはすごいですね。

フィールドアスレチックからの銭湯はいいですね。

有馬温泉も山を降りればあるので、次回はそうしたいですね。

六甲山フィールドアスレチックの駐車場は?

六甲山フィールドアスレチックの駐車場料金は以下の通りです。
  • 駐車料金:普通車 500円 ※平日(7/21~8/31は除く)は、駐車無料。

アスレチック入口近くに駐車場がありますが小さく、台数も10台ほどに限られているため、お昼頃にはすでに満車でしたので、六甲ガーデンテラスの第3駐車場に誘導されました。

ここは、駐車場も広くてまだ余裕がありました。

フィールドアスレチックまで徒歩15分ほどと少し距離がありますが、丁度良いウォーミングアップになると思います。

六甲ガーデンテラスも少しご紹介しますね!

六甲ガーデンテラス

rokko-mountain-field-athletic009

六甲ガーデンテラスは、ヨーロッパを思わせるエリア内に飲食店ショップが点在し、雰囲気のあるレストランでのお食事やショッピングが楽しめるスポットです。

また、日本でも有数の眺望スポットでもあり、展望スペースからは明石海峡から大阪平野、関西国際空港までが一望でき、夜には美しくきらめくナイトビューが楽しめます。

rokko-mountain-field-athletic005

もう一つのここでの目玉は、2010年夏に、六甲山のランドマークとして誕生した展望台「自然体感展望台 六甲枝垂れ」です。

総檜葺きの展望台で、フレームや壁、床に奈良の吉野の森で厳選されたヒノキが使用されていますので、ヒノキの優しい香りと共に素晴らしい景色を堪能できる贅沢なスポットとなっています。

また、夜には、建物全体を覆う枝葉をイメージした檜のフレームに、1000万色以上の色彩表現が可能なLEDを照射する光の演出もあり、美しい夜景と共に、幻想的な光景も楽しめます。

rokko-mountain-field-athletic004

  • 六甲枝垂れの入場料:大人(中学生以上)=300円、小人(4歳~小学生)=200円

 

六甲ガーデンテラスの詳細

住所:〒657-0101  兵庫県神戸市灘区六甲山五介山1877-9

アクセス:六甲ケーブル山上駅で六甲山上バスに乗り換え「六甲ガーデンテラス」下車すぐ

営業時間:9:00~22:00 季節・曜日・天候・店舗により異なります。

定休日:なし(冬期は店舗により不定休)

料金:無料

駐車料金:普通車 500円/バイク 無料/バス(マイクロ含む) 2,000円

電話:078-894-2281

 

六甲山フィールドアスレチックの基本情報

rokko-mountain-field-athletic041

六甲山フィールドアスレチックの基本情報は以下の通りです。

住所:兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512-98

兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512-98

 

アクセス:

電車場合

  • 阪神御影駅、JR六甲道駅、阪急六甲駅より、神戸市バス16系統で「六甲ケーブル下」下車ー六甲ケーブル「六甲ケーブル山上駅」 から六甲山上バスで約7分 ~ 11分ほど。

車の場合

  • 大阪方面=中国自動車道西宮山口JCT → 阪神高速7号北神戸線 からと東出口 → 裏六甲ドライブウェイ → 六甲山フィールドアスレチック
  • 宝塚方面=兵庫県道16号明石神戸宝塚線 → 六甲山フィールドアスレチック

営業時間:10:00~17:00(15:30受付終了)

定休日:木曜日(3/31、4/28、5/5、7/21~8/31は営業)及び4/11~4/13

料金:大人 930円 小人 510円

電話番号:078-891-0366

まとめ

rokko-mountain-field-athletic018

ちょうど11月の中旬ということもあり、山の中は紅葉がとてもきれいでした。

緑、黄色、赤のグラデーションになった紅葉や、日光に照らされた紅葉がなんとも美しく、みなさん足を止めて写真撮影をしていました。

お天気もよく、比較的暖かい日でもあったので、体を動かすのも気持ちがよかったです。

息子も、今日できなかった難しいポイントも、もう少し大きくなったらできるようになるので、またチャレンジしに行こうと思います。

 

 

Sponsored Link


関連記事はこちら