赤ちゃんが歩けるようになると、外出する機会が増えます。
子連れで遊びに行くとなると、荷物はたくさんです。
オムツに、飲み物に、食べ物に、着替えに、カメラに・・・。
大きな荷物を抱えて歩くのは、結構大変です。
もう少し少なくできないかしらと思ってしまうほどです。

ところで我が家では、外出時に常に携帯するポーチがあります。
自称「無くても困らないけれどあれば助かるものポーチ」です。
子どもと一緒に何度かお出かけする中で、「あれを持ってきていれば良かったのに!」とか
友だちのママが使っているのを見て「それ、便利!」とか、そう感じる機会を得て、持ち歩くようになったものです。

無くても困らないけれど、あれば助かるもの、私の外出時の携帯ポーチの中身をご紹介します。

Sponsored Link

 

赤ちゃんとお出かけの時の荷物は? ミニ救急セット

救急セットと言っても、我が家の場合、中身は、絆創膏消毒液、そして虫さされの薬、です。

子どもはすぐに怪我します。
血が少しにじんでいるだけで、泣きやまなかったりします。
そういう時のために、消毒液とばんそうこうを入れてあります。
水で洗って(水道が遠ければおしりふきで拭いて)、消毒して、ばんそうこうを張るだけで、元気が戻ります。

大きくなると、血が出ているのもお構いなく、遊び続けたりするので、それも困ります。
洋服や遊具を汚してしまうので、「とりあえずばんそうこうだけ張って」と張ることもあります。

虫さされの薬は、特に上の子が虫に刺されやすく、刺されると赤く膨らんでしまう体質なので、入れてあります。
虫が多い季節は虫よけを持ち歩くので、使いませんが、夏でなくても虫に刺されることはあるので、欠かせません。

救急セットとは違いますが、手ピカジェルも入れてあります。
水道が近くに無くても、おしりふきで手を拭いて、手ピカジェルで消毒すれば、安心して食事やおやつが取れるからです。

イヤイヤ

赤ちゃんとお出かけの時の荷物は?ビニール袋

持っていくのをつい忘れてしまい、無くても困らないけれど、あれば本当に助かるのが、このビニール袋です。
レジ袋程度の大きめの新品が便利です。

まず、小さい子どもと公園などに行くと、お土産が増えます。
落ち葉とかドングリとか石ころとかお花とか木の実とか・・・。

ポケットやカバンに入れてほしくないけれど、持って帰ると泣きだしたら、困ってしまいます。
そんな時ビニール袋を渡して、そこに入れようねと言えば、親も子も安心して、お土産をお持ち帰りできます。

また、洋服を汚した場合の着替えは持ってきていても、汚れた服を入れる袋を忘れることは多いものです。
大きめのビニール袋を持ってきていると、汚れた洋服一式が入るので、助かります。

お菓子やパンの袋を開けたのに、食べ残して余る時も、新品のビニール袋があれば、そこに入れて持ち歩き、しばらくたってからまた食べることができます。

Sponsored Link

赤ちゃんとお出かけの時の荷物は? おしりふき(ウエットティッシュ)

オムツが外れると同時に不必要なるおしりふきですが、おしりふき(ウエットティッシュ)は大活躍するので、荷物から外せません。

汚れた手や、怪我したところを拭くこともできます。
鼻をかんだり、食べ終わった後の口を拭くこともできます。
遊具やベンチが汚れている時に、拭くこともできます。とにかく、濡れていないと、汚れは上手に取れないのです。

最後に

主婦

以上、我が家の必携品を紹介しましたが、各家庭ごとに、必要な物は違うものです。
子どもとのお出かけを繰り返すうちに、我が家の必携品はこれ!というのが決まるかもしれませんね。

by akikok

Sponsored Link


関連記事はこちら