妊娠しているときに、考えなければいけないのは出産方法。
日本はまだ自然出産主流ではないでしょうか。

そして、無痛分娩。こちらは欧米では主流なようですね。
最後に帝王切開。こちらは何らかの理由により、自然分娩が出来ないときに行われる出産方法ですね。

そんな出産方法、そしてそれぞれの出産方法のベネフィットを紹介していきます。


自然出産

自然出産は、皆さんご存知のように苦しい陣痛を何時間も乗り越える出産方法ですね。
けれど、痛みを乗り越えて赤ちゃんに会えた時の喜びは「やった!」と、達成感を感じ取れるでしょう。
そして、自分を褒めてあげてください。

無痛分娩

無痛分娩はどこの病院、産院でも取り入れている訳ではありません。
こちらは「オプション」として取り入れられています。
ので、病院がこちらの無痛分娩を取り入れていても、必ず麻酔を使用しなければいけないのか、というと、そんなことはありません。

実は初産をこちらの無痛分娩で出産しました。

やはり、日本人ですので先生に無痛分娩のことを勧められたときは、迷いました。
麻酔を使うということで、書類に目を通し、印鑑を押す必要がありました。
最後まで迷いましたが、ほかの産院の先生に相談したところ「そういうオプションがあるなら、使うのも手」と言われ、背中を押された樹になり、無痛に決めました。

陣痛が始まり、病院に行き、手続きをし、無痛の麻酔を腰のあたりに打ちました。
それからはまったく痛みを感じませんでした。
ですので、自然分娩で痛みと戦っている間、私はベッドに横になって時間を待ちました。

最後の赤ちゃんが生まれてくるときは、圧迫感などを感じましたが、それまでの痛みはまったくありません。

私が無痛分娩で出産したときは、あまりまだ流行っていなかった無痛分娩ですが、最近ではこちらを導入している病院、産院も増えてきているようですね。

もし、今、出産方法で迷っている方がいれば、無痛分娩をお勧めします。

帝王切開

帝王切開と聞くと手術とイメージしてしまうのは、私だけでしょうか。

体にメスを入れるから、そんな風に感じ取られてしまうのでしょう。
最初の出産が何らかの理由により帝王切開になると、二人目も帝王切開になる可能性はかなり高いようです。
理由は赤ちゃんが逆子であったり、母体の状態、強い陣痛が来なく、帝王切開になる場合もありますね。

私の二人目の子供は帝王切開で生まれてきました。
37週の検診で、赤ちゃんがお腹の中で横になっていることが判明。
その時、先生から逆子体操を教わり、回ってくれることを祈りました。
またもし赤ちゃんが回らない場合は、帝王切開になることを告げられました。

一人目を無痛で生んでいたので帝王切開は避けて通りたかったのです。
帰宅して、逆子体操を1週間頑張りました。

次の検診では見事に赤ちゃんは回ってくれました!
この時、私は安心して、油断して、逆子体操をやめてしまいました。

そのせいか?陣痛が始まった39週では、また横になっていることが、判明!ショックでした。
そして帝王切開を余儀なくされました。

病院で出産準備、点滴をしてもらっているとき、恐怖から涙がこぼれました。
無痛のときと同じように、背中に麻酔を打ち、胸から下が麻痺状態になりました。
主人が一緒に分娩室に入ってきてくれたので、ずっと励ましてくれてました。
先生とも会話をしながら、あっという間に赤ちゃんが誕生しました!

怖かった帝王切開。
けれど、今になってはいい思い出で、陣痛から赤ちゃん誕生までの短時間に驚きました。

もし、帝王切開を余儀なくなれている方には、私は応援メッセージを送ります!

私も怖かったです。けれど、赤ちゃんにすぐに会えますよ!
点滴を病室でしていたのが。午後5時半過ぎ、分娩室に移動し、赤ちゃんと病室に6時過ぎには戻って来てました。
大丈夫!あなたも出来ます!!

最後に

いろいろな出産方法があるけれど、どんな方法であれ、お母さんは頑張ったのです!
10か月の妊娠生活を終え、新たな命を生み出したのですから。
お疲れ様でした。

これからの育児、頑張りましょう!

By ココちゃん

関連記事はこちら