我が子の、通う保育園。
保育園選びは、すごく重要です。

お子さんの、1日の大半を過ごす場所ですから、ママにとっても、お子さんにとっても合う保育園を、選ぶことが大事です。

でも、保育園の見学は

  • どの流れで行うものか
  • 時期はいつを選んで行くべきか
  • 選ぶポイント

など、ママにとっては考えることがたくさんですね。

今回は、保育園の見学時期や流れ、見学の際に確認するポイントをご紹介します。


《保育園の見学時期》

保育園の見学時期は大体の保育園が1年を通していつでも行っています。

日にち、時間が決まっている保育園もあれば、いつでも、見学可能な保育園もありますし、園庭開放を行っている、保育園もあります。

4月入園を希望でしたら申し込み締め切りが少し早いので、前年の秋くらいには見学を始めるといいですね。

《保育園の見学までの流れ》

保育園を決めていない場合は、市区町村役場に、保育園の一覧表があります。

その中から、候補に上がる保育園を選び、保育園に直接電話してみましょう。

その際、日時が決まっていれば保育園が教えてくれますし、いつでも大丈夫、とのことでしたらママの都合が合う日時で予約します。

園児の様子を見るために、

  • お昼寝時間
  • お迎え時間

は避けて行くことが、おすすめです。

予約していた日時に、もし急用が入ったり、お子さんの体調が優れなく行けなくなった時は、必ず保育園に連絡をし、改めて、日時を確認してください。

《見学の際、確認するポイント》

①土地、施設

毎日通う保育園ですから、家から保育園の距離、保育園から勤務先の距離はとても重要です。

雨などの日は歩ける距離か、公共機関を使うのであれば時間も考えないといけません。

そして、お子さんが毎日安全に、楽しく過ごせるかなども重要なポイントです。

  • 駐車場
  • 駐輪場
  • ベビーカー置き場

もチェックをするポイントです。

②保育園の方針

保育園の方針は、保育園によってバラバラなのでお子さんに合うかを確認しておきましょう。

③保育時間、休日保育、病児保育の有無

  • ママのお仕事に合う時間帯か
  • 急な延長保育は受け入れ可能か
  • 休日保育、病児保育の有無

働くママさんには必要なポイントです。

その際、親以外のお迎えは可能か、ならし保育のスケジュールも確認しておきましょう。

④保育料金

認可保育園では、収入に応じて保育料が変わりますが、無認可保育園は、保育園によって金額が違いますのできちんと確認しておきましょう。

⑤給食

給食・おやつの献立が手作りかどうかは気になりますね。

確認して、献立表をもらってもいいかもしれません。

⑥年間スケジュール

保護者参加の行事の曜日や、回数、お弁当は年間何回くらいかも確認しておくポイントです。

⑦持ち物

  • 園指定のものはどれくらいか
  • 毎日持っていくものは何か
  • 入園までにどれくらい用意が必要か

確認しておきましょう。

⑧呼び出し、休み基準

  • 熱は何度から呼び出しか
  • 休みの基準
  • 薬の対応はあるか

なども確認しておきましょう。

⑨バス

バスがある保育園でしたら、バスの時間・料金なども確認が必要です。

《最後に》

おわかりいただけたでしょうか?

保育園の見学時期は、1年を通して行われているが、4月入園の場合は前年秋頃には見学を始めましょう。

見学までの流れは保育園に電話をして予約してから行きましょう。

保育園の見学のポイントは

  • 土地、施設
  • 保育園の方針
  • 保育時間、休日保育、病児保育の有無
  • 保育料金
  • 給食
  • 年間スケジュール
  • 持ち物
  • 呼び出し、休み基準
  • バス

です。

お子さんにぴったりな保育園を見つけるためにも、ママは大忙しです。

みなさんのお子さんが楽しく保育園に通えるように、バッチリなサポートがしたいですね。

かなママより

関連記事はこちら