ひらパーウィンターカーニバルでスケート。すごく人気ですよね。友達や家族と行ったり、彼とデートで行ったりと、様々なグループを見ますが、気になるのは服装。

どんな服装で行けば失敗ないのでしょうか?

私はデートでスケートに行き、スカートをはいていたんですが、派手に転んで恥ずかしいことになるわ、膝から血が出るわ、散々な結果になった思い出があります。

そこで今回は、ひらパーでスケートの際の服装を、大人と子供に分けてご説明し、持ち物レンタルできる物スケート靴サイズをご紹介したいと思います。

Sponsored Link

ひらかたパークでのスケート!服装は?

家族でひらパーにスケートをしに行きたいねと話しています。どんな服装で行けばいいでしょうか?
大人の場合と子供の場合に分けて、服装をご説明します。

大人の服装

  • 防寒着
  • 長ズボン
  • 靴下
  • 手袋
  • 濡れても大丈夫なスニーカーまたはレインブーツ

家族で行く場合、スケートだけじゃなく、子供と一緒に雪遊びコーナーで遊ぶことも多いと思います。大人の場合、見落としがちなのが靴。レインブーツまではいかなくても、濡れても大丈夫なスニーカーなどで行かないと、雪で濡れ、靴下の中まで濡れてしまうと帰りが大変です。革靴はすべりやすいので避けましょう。

また、手袋はスケートの際も雪遊びの際も必須です。濡れても大丈夫なナイロン製のものがいいでしょう。

子供の服装

  • 防寒着(スノーウェアでもOK)
  • 長ズボン(ナイロン系の長ズボン)
  • 靴下
  • 手袋
  • 長靴
  • ニット帽

子供の場合も、基本大人と同様ですが、足元は長靴にしましょう。大人以上に濡れてしまい、濡れてしまうと足が冷たくなり泣いてしまう子も続出で一気にテンションも下がります。また、耳も頭も冷たくなるので、ニット帽があるといいでしょう。

ロッカーがあり、着替えをしまっておけるので、完全防寒のスノーウェアなら濡れても安心ですが、ない場合は濡れても大丈夫なナイロン製のズボンがあるといいでしょう。

suke-to

関連記事)ひらパーでスケート!料金は?入場料とは別?口コミも紹介!

ひらかたパークでスケートする時の持ち物は?

持って行った方が良い持ち物はありますか?
あったら助かる持ち物をご紹介します。
  • 手袋
  • 替えの靴下
  • 着替え(子供の場合は特に)
  • タオル
  • おもちゃ(バケツやスコップなど砂場遊び用のもの)
  • ヘルメット
  • 膝・肘あて
  • おやつ
  • 温かい飲み物

手袋は服装でもご説明した通り必須ですが、替えの靴下も必須です。寒いので重ね履きもいいですが、帰り用にも用意しておくといいでしょう。その際、手足を拭くタオルも必須です。

また、子供の場合、スケートの横の雪遊びコーナーもあって遊べるので、おもちゃなどを持参すると楽しめます。ヘルメットは貸し出しもありますが、数に限りがあるので、持参しても良いでしょう。子供の場合は、膝・肘あてもあると転んでも痛い思いをせずいいでしょう。

遊びの途中でちょっと休憩する際に、横にベンチもあるので、お菓子や温かい飲み物を用意しておくといいでしょう。

hirapa- wintercarnival10

 

子供の頃からインラインスケートやローラースケートをして遊んでいたので、余裕で滑れるでしょうと軽く考えていたら、安定性のないスケート靴ではステンステン滑って転んでしまい、お尻も膝もびっしょりに。大人もズボンの替えはあった方がいいかもしれません。

関連記事)ひらパーの割引券げっど方はコンビニだけじゃない!一番安いのは?

レンタルできるものはある?

持って行かなくても、その場でレンタルできる物ってありますか?
レンタルできるものの他、売店で販売されているものもあるのでご紹介します。

レンタルできるもの

  • スケート靴
  • ヘルメット
  • ソリ

スケート靴600円でレンタルできますが、子供用に安定性のある二枚刃のスケート靴もあり、レンタルできます。また、ヘルメットや雪遊びコーナーで使えるソリ無料でレンタルできます。

マイシューズも使用できますが、フィギアスケートやアイススケート用のものですと、ハーフスピード靴はトーガード着用する義務があり、ロングスピード靴は使用できません。

suke-to

売っているもの

  • 手袋
  • おもちゃ

手袋は敷地内売店にて300円から販売しております。また、雪遊びコーナーで遊ぶおもちゃも販売していますが、持参することも可能です。

Sponsored Link

スケート靴のレンタルは何cmから何cmまで?

スケート靴は何cmからありますか?
スケート靴のサイズをご説明します。

スケート靴:15cm~30cm

二枚刃スケート靴:15~18cm

スケート靴は0.5cm刻みでサイズが揃っています。また、子供の際安定性のある二枚刃タイプは1cm刻みで揃っています。

ありがとうございました。大変参考になりました。準備バッチリ、行くのが楽しみです。

関連記事)関西の子連れお出かけスポットまとめ!実際行ったところのみを紹介!

最後に

  • 防寒着・長ズボン・靴下・手袋・濡れても大丈夫なスニーカーまたはレインブーツ、長靴でスケートを
  • 替えの靴下、着替えのズボンは必須
  • 手袋は濡れても大丈夫なナイロン製のものを
  • ヘルメットや、膝・肘あて、スケート靴、おもちゃもあれば持参
  • スケート靴は15cm~30cmまで

ロッカーが400円であり、何度も開閉でき、返却時に100円返って来るので、途中いらなくなったものをしまう際にも、着替える際にも便利です。

大人だから大丈夫でしょ!と思いがちですが、けっこう転んでしまってる人を見かけます。お尻や膝が濡れたまま園内をうろつくのも寒く、帰りの電車などでもちょっと恥ずかしいので、大人でもズボンの替えくらいあったら助かるでしょう。

Sponsored Link


関連記事はこちら