妊娠中は何かとトラブルがつきもの。誰でも楽しいマタニティライフを送れるわけではないのが現実です。

かくいう私もそうでした。雑誌では楽しげなマタニティライフの特集が組んでありますが、私は楽しいマタニティライフとは程遠い妊婦生活を送りました。最終的には入院して1か月以上、寝たきり・点滴だけで生活していました。

私のケースは重い方ですが、つわり、出血、切迫流産や切迫早産など、自宅安静を言い渡されることもあります。自宅安静を言い渡されたらどう過ごすべきなのでしょう? 少しくらいは買い物や家事をしてもいいのかな? そんな疑問についてまとめました。


妊娠中、自宅安静を言われたら何がOK?何がNG?

自宅安静を言い渡されたら心がけたいことは、

重いものは持たない
洗濯物を干す、高いところにある物を取るなど、腕を上げない
人に会う、テレビを見る時間は短く
階段は利用しない
湯船には浸からない

 

やってもいいことは

食事を食卓で取る
洗面所で顔を洗う
自分でトイレに行く
シャワーはOK

 

ansei3

基本的に「お風呂、食事、トイレ以外は寝たまま、家事はできるだけしない」です。買い物はたくさん体を動かすので控えましょう。体を起こすと赤ちゃんが下りてきてしまうので、体は許す限り横にします。上の子がいてそんなの無理!! なら、どんなサービスが使えるか確認し、早めに申し込んでおくことが大切です。

妊娠中、自宅安静を言われたら医師に確認しておきたいことは?

自宅安静とはいっても、段階があります。安静度が低い人は普段の家事や買い物もOKですが、安静度が高い人は「お風呂、食事、トイレ以外は寝たまま」という指示になります。

ansei2

しかし自宅にいて寝たきり生活は実際には不可能ですよね。ご主人に家事をお願いするにしても、何もかもやってもらうのはさすがに難しいもの。年齢が小さい子供がいれば、「寝て過ごす」なんて無理に近いのが現実です。

安静度はどこまでなのか、しっかり確認しておきましょう。
また、「こんな兆候が出たら危険」ということもあわせて教えてもらうと安心です。

妊娠中、自宅安静を守らなければどうなるの?

ansei1

自宅安静を守らなければ、流産や早産につながります。
おなかの赤ちゃんを守るためにも、安静の指示は守るようにしましょう。

自宅安静中にできる日常生活の工夫とは?

自宅安静になると、立っている時間はできるだけ短くする必要があります。

洗濯物はこまめに分けて、ご主人がいる時間帯に洗えるものは洗ってしまって干してもらいましょう。

食事の支度は女性にとって大切な仕事ですが、買い物や調理は体への負担が大ネットスーパー、生協などを利用してお店まで出かけなくてもいいようにしたり、食材配達サービスを使うのもアリです。

ansei5

私は安静度が高かったので、食材配達の調理済みのおかずを利用していました。食材配達には、食材のみを配達して調理は自分でするものや、調理済みの冷凍おかずをお湯ポチャで解凍するだけのもの、おかずの品数も多いものから少ないものまで、いろんなタイプがあります。

また小さな子供がいる妊婦さんは、自宅安静を守ることは難しいです。保育所の一時保育や行政のサポートなど、使えるサービスがあるかどうか確認しておくことが大切です。

最後に

私には2人子供がいますが、二人ともトラブル続き、自宅安静も入院も経験しました。2人目に至っては、それでも早産になりました。

入院生活は制限が多く、体調が悪いこともあって、寝ているだけなのにストレスが溜まります。自宅安静のほうがずっとマシですが、自宅にいるなら自分で体調管理をする必要があります。

おなかの赤ちゃんを守るために、あらゆる対策を講じましょう。ガマンは生まれるまでの期間限定です。

by 武藤はづき

関連記事はこちら