あなたに合ったオーダーメイドな学資保険を探す方法!

✳︎失敗しない学資保険に興味のある方のみご覧ください。

これから私が実際加入することになった学資保険についてお話ししたいと思います。

あなたがどう判断するかはわかりませんが、私はあなたに1つ約束できます。

これをご覧いただければ、あなただけに合ったオーダーメイドな学資保険を見つけられるということです。

ただ自社の保険を売りたい保険販売員

あなたが学資保険の話を聞きに行って、他社の学資保険を進める販売員はいません

どれだけ自社の保険があなたに合っていなかったとしても、あなたに合うように誘導し契約に結び付けようとするのが保険販売員です。

「一度持ち帰ってから決めます。」

持ち帰られると契約率はガクンと下がってしまうため、その場で契約させようと巧みな言葉を使ってきます。

  • 学資保険に興味がある。
  • わざわざ足を運んでくれた。

このようなあなたは、顧客となる可能性が非常に高いためです。簡単には帰してくれません

何も保険に限ったことではありません。

このようなことは保険に限らないですよね。

先日職場の後輩が結婚式場を探して、とある施設を訪れた時も同じようなことが起こったようです。

「今日契約していただくと30%割引させていただきます。本日のみの限定割引です。」

この一言で、そこの式場を選ばざるを得なくなったということです。

そこは一流ホテルなどではない会場だったのですが、披露宴後教えてもらったところによると、衣装代などが非常に高額で、なんと一流ホテルで披露宴を挙げるよりも、結果料金がかかったということでした。

 

保険にせよ、披露宴会場にせよ、このようなことになるのは、

  • お客さん本意で選ばれたプランでない。

からに他なりません。

そうです、売る側本意で選ばれたプランであるということです。

とにかく難しい学資保険

となると、こちらも情報収集して、販売員に負けない保険の知識をつけていく必要があります。

しかし、ただでさえ忙しいのに難しいのでつい避けがちなのが学資保険です。私もそうでした^^;;。

 

  • そもそも子供が何歳から入ればいいのか?
  • 生まれる前から入ることもできるのか?
  • 2人目の子供ができたら単純に2つ入るのか?
  • 月々どれくらいの負担なのか?
  • どれくらい返ってくるのか?
  • 医療保障などは付いてくるのか?
  • そもそも医療保障などは付けた方がいいのか?

 

などなど、学資保険に対しての疑問は尽きません。

そして、なんと学資保険だけでなんと30社以上が取り扱っているんです。

どこが自分にとって一番いいのかを1つ1つ検討していくには膨大な時間がかかります。途方に暮れますよね^^;;

そこで私は思いました。

「本当に中立的な立場で自分に合った学資保険を提案してくれる専門家はいないのか?」と。

中立的な専門家に相談するのがベスト

吟味に吟味を重ねて入る人もいるでしょうが、学資保険に入るきっかけは些細なことが多いのも事実。

  • ママ友ネットワークでみんなと同じものに決めた。
  • 祖母(あなたの母)に言われて決めた。
  • 別件でいつもの郵便局に行った時に、勧められて言われるがまま決めた。

など誰か身近な人に勧められて加入するケースがかなりあります。

初めて会った知らない販売員よりも、身近な人(特にすでに加入している人)に勧められる方が安心感がありますよね。

ただし、それがあなたの家計やお子様の状況にとって本当にベストなものなのかはまた別問題なのです。

  • 家計の状況
  • 就いている職業
  • お子様の年齢、人数

などにより、ベストなものは変わってくるからです。

そこで、「中立的な立場で専門的な意見を提供してくれる人はいないか?」と探していたところ、

たどり着いたのが保険のビュッフェなのです。

保険のビュッフェとは?

保険のビュッフェでは相談申し込みをすると、専門家であるファイナンシャルプランナーになんと無料で学資保険の相談に乗ってもらえます。

しかも、無料どころか逆に5,000円分の商品券がもらえるのです。

さらに良いのは、先方の事務所まで行かないといけないというのではなく、なんと最寄りのカフェやファミレスまでわざわざ来てくれることです。

まさに気楽に専門家の意見を聞ける環境なんです。

売り込みもありませんし、合うものがないと思えば、「納得できるプランではなかったので、やめておきます」と断ればいいのです。

これはルール違反でもなんでもなく、何より保険のビュッフェのホームページにそのように書いていますので(笑)

保険のビュッフェで学資保険を見直してみる。

なぜ5,000円分の商品券がもらえるのか?

5000yen

「なぜプロに無料で相談してもらった上に、5000円もの高額な商品券までもらえるのか?」

「逆に怖い」

「大丈夫なの?」

そのように思われる方もおられるかもしれません。当然ですよね。私もそうでしたから。

ですので、思い切って相談の際に聞いてみました。すると回答は以下のようでした。

  • 他の保険会社はCMなどの広告費に膨大なお金をかける。
  • 保険のビュッフェではそこを極力抑えている。
  • 広告費を抑える分、お客様に還元している。

ということでした。

これを聞いて安心して、5,000円の商品券を受け取ることができました。

保険のビュッフェで学資保険を見直してみる。

まとめ

以前は学資保険は、知り合いの紹介や口コミで入る人が多かったようですが、今はそういう時代ではありません。

30社もの保険会社があり、そこから自分に本当に合ったまさにオーダーメイドな学資保険を選ぶ時代です。

しかし、量が膨大すぎて素人には選べないのも事実。

かといって保険を押し売りされる可能性がある保険会社に相談に行くのも嫌。

そこで、客観的な立場からプロにアドバイスをもらう必要があり、

それを可能にしてくれるのが保険のビュッフェでした。

実際に体験して、良い保険に出会えました。

私は実際に体験して良いと感じたものしか勧めません。

実際に体験していないのに、行っていないのにネットのみで情報を集めてそれで記事を書くようなことはしません。

関西の子連れお出かけスポットまとめ!実際行ったところのみを紹介!

この記事をコツコツ書いているのも私です。

  • 「保険の話を聞いてみたい」
  • 「相談に乗ってもらいたい」

少しでもそのように思われる方には、保険のビュッフェの利用をご検討されてはいかがでしょうか。

実際に私が保険のビュッフェに申し込んで、無料相談に乗ってもらったまでの流れを記事にしました。こちらも併せてどうぞ。→保険のビュッフェの体験談!FPに無料相談に乗ってもらいました。