夏といえばプール!

いつもの学校のプールや民間のプールじゃなくてたまには家族で大きなプールに出かけてみたい!

でも本音は、混んでいたら思い切り遊べないだろうし疲れも倍増しそうだな。

料金がどれぐらいするのか心配・・・など、パパもママも心配事がついてきますよね。

今回は中部地方を代表するナガシマジャンボ海水プールでの混雑を避ける方法や、お得な楽しみ方をまとめてみました。

お出かけ前にぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

混雑ピークはお盆休み

8月中はとにかく毎日混雑ピークが予想されています。

もちろん夏休み期間中なので混みますが、とくに混雑するのがお盆休みの土日です。

まずは駐車場から混雑しますので早めの行動が運を呼びます。

夏休みを避けてみる

夏でも比較的に空いているのが夏休み期間に入る前か終わったころです。
fireworks 15

いちばん遊びたい夏休みの時期はやはり混雑しますからプールを思い切り楽しむなら夏休みの時期を避けましょう。

午後よりも午前中がおすすめ

お昼からは混雑のピークとなります。

午後よりは午前中のほうが人は少なめなので、朝早く出発するのがいいでしょう。

Sponsored Link

雨の日が狙い目

Umbrella

雨の日でも営業していますから、あえて天気の悪い日を狙ってみてもいいかもしれません。

豪雨や雷雨などでなければ厳しい日差しもなく快適に過ごせそうです。

屋根付きのエリアもありますから、雨でも十分プールが楽しめます。

体が冷えすぎないように大きめのバスタオルなどを準備しておきましょう

営業時間・入場料

営業時間は7月中は9:00~17:00(土日は18:00)

8月中は8:30~18:00(後半は17:30)

9月中は9:30~17:00

入場料:
一般入場券
大人(中学生以上) 3.300円
小学生 2.500円
幼児(2才~) 1.500円

 

入場券を買うにも混雑が予想されるため前売りチケットを買っておくとスムーズに入れます。

サークルkサンクスや、セブンイレブンでも購入可能です。

子どもはスパキッズがおすすめ

小学3年生の子供と保護者のみが入場できる「スパキッズ」は、こどもが安心してプールを楽しめるのでおすすめです。

屋内型なので厳しい日差しの心配もありません。

  • ウォータースライダーエリア
  • 波プールエリア
  • アクアデッキエリア
  • ぴちゃぴちゃプールエリア
  • おもちゃプールエリア

の、5つのエリアに分かれていてそれぞれ子どもの月齢や楽しみ方に合わせてプールを楽しむことができます。

雨の日でも関係なく遊べるのもおすすめですよ!

関連記事)鈴鹿サーキットのプールに行ってきました!場所取りのコツとは? 

最後に

せっかく出かけても人ごみの中泳いでいては楽しくないですよね。

できるだけ混雑を避けるために空いている時期、時間、天候をねらって出かけてみてください。

楽しい夏の思い出になるといいですね!

mkmmより

Sponsored Link


関連記事はこちら