お子さんの夏休に、『花火大会』に、お出掛けする計画を立てられる事も多いのではないでしょうか。

暑い夏の日、夜にお出掛け出来る事は、子供にとって特別な感じがして、楽しみなイベントになる事でしょう。

今回ご紹介する『淀川花火大会』最先端技術の花火を楽しむことが出来るようです。

Sponsored Link

淀川花火大会の穴場スポットは?

① 淀川河川公園西、仲之島地区野球場

―会場からは離れますが、スペースも広く、比較的ゆったり花火を観賞出来るようです。
屋台が点在するのも魅力的ですね。

② 本庄公園

―会場から離れますが、スペース的にもご家族に良さそうです。
しかし、最寄り駅の中津駅は混雑するようです。

③ 梅田スカイビル宮中庭園展望台

―トイレ、飲食の心配が要らないのが魅力的です。
当日は23時まで営業時間が延長されるようです。

④ 阪神高速の西側(十三側)塚本エリアの河川敷

―比較的空いているようで、夕方からのお出掛けでも大丈夫なようです。

⑤ 長柄橋

―少し遠くなる分、スペースが広く良く花火が見渡せるようです。
天六駅から近いという立地条件が魅力なようです。

Umeda

淀川花火大会の見所は?

Fireworks

『なにわ淀川花火大会』は、なにわを愛する地元市民がボランティアで、企業、団体、個人からの寄付を募り、運営されている手作り色の強い大会のようです。

その人気は毎年上がって来ている様で、約55万人の観覧者が約2万発の花火を楽しめるようです。

手作りと言っても、そのクオリティーは大変高く、最新技術を駆使、100分の1秒での打ち合いが観られる『花火の追いかけ合い』や、大玉(8号)を10発一斉に打ち上げて始まる『音楽のシンクロ』など、大変ユニークな仕掛けが多く、訪れる人々に大きな感動を与えてくれそうです。

淀川花火大会の日程は?

開催日;8月8日(土)

時間; 19時50分から20時40分頃まで。

場所;新御堂筋淀川鉄橋から下流の国道2号線までの淀川河川敷

会場には駐車場、駐輪場は無いようですので、ご注意下さい。

Sponsored Link

淀川花火大会の有料席は?

Money (2)

淀川を挟み、2つの会場が設置されるようです。

十三会場
エキサイティングシート 大人、8千円 子供 5千円
アリーナシート     大人,7千円 子供 4千円
団体(50名以上)   大人、7千円 子供 4千円
ステージ        大人、8千円 子供 5千円

チケットは前売りのみのようです。
又、料金にはお弁当、お茶、テーブル、パイプ椅子が含まれます。

梅田会場
―大人 4千5百円(前売り券)、5千円(当日券)
子供 2千5百円(前売り券)、3千円(当日券)

料金にはパイプ椅子のみ含まれます。

納涼船
―大人 1万6千円、子供 8千円

チケットは前売りのみです。
又、料金にはお弁当、お茶、テーブル、パイプ椅子が含まれます。

チケットの購入先;24時間音声案内(06-6307-7765)

料金は、2014年の料金ですので、詳細は公式ホームページでご確認下さい。

最後に

『花火大会』そのものは大変魅力的で、お出掛けする事も多いかもしれませんが、その混雑ぶりに驚かれる事もあるのではないでしょうか。

特に小さいお子さんが一緒ですと、親御さんの心配も大きくなるものです。

家族で夏の楽しい思い出を作られる為にも、どうか安全面を考慮されて、有意義なお時間を過ごされて下さいね。

あやより

Sponsored Link


関連記事はこちら