夏休の楽しみとして、『花火』をあげるお子さんも多いですね。
それ程人々を魅了し続ける夏の大イベントですが、大きな花火大会ですと、その混雑も大変なものになります。

そんな中、特にお子さんが一緒ですと、迷子への心配があり、親としての気の張りようも相当なものになってしまうものです。

楽しいはずの家族でのお出掛けが、気苦労で終わるのは悲しいものですね。

そこで、少しでもリラックスして花火を観賞出来る様に、いくつかの穴場スポットを調べてみました。

Sponsored Link

隅田川花火大会の穴場スポットは?

毎年大変な混雑なようですので、少しでも花火がきれいに見えて、混雑が避けられる場所を探してみました。

お子さんと一緒の場合は、予め迷子へなった時の事を考えて、ご家族で話し合っておくのも大切だと思います。

SkyTree

 

 

蔵前橋―第一、第二、どちらからの花火も楽しめるようです。
順路に規制がある様ですので、ご注意されて下さい。

言問橋―花火を真正面から観賞出来るので人気は高いようですが、混雑するので立ち止まりは禁止になっている様です。

スカイツリー展望デッキ (フロア350,340)
―花火を見上げるのではなく、同じ高さで観賞出来るのが魅力のようです。

銅像堀公園―会場に近い割には、視界を遮る建物などが少なくて、
花火が良く見えるようです。
しかし、公園内には立ち入れない様ですのでご注意下さい。

Sponsored Link

大変有名な花火大会ですので、地方からお出掛けされる方も多いと思います。
その際は、宿泊先のホテルから花火を楽しむ事も可能ですので、参考にされて見て下さいね。

 

ホテルサンルート浅草―最寄り駅;田原駅より徒歩1分
―花火大会の会場に近い為、お部屋から花火を楽しむことが可能なようです。

浅草ビューホテルー最寄り駅;つくばエクスプレス浅草線直結
―会場、そしてスカイツリーとも近い距離になり、大変良いロケーションです。
お部屋は10階以上に宿泊されると、両方の会場からの花火を楽しめるようです。

 

花火大会での大変な混雑が想像されますので、お早めにお部屋を確保される事をお勧めします。
ご予約の際は、花火大会が目的である事を伝えられると、より良いお部屋を教えて頂けるかもしれません。

隅田川花火大会2015

Sumida River

この花火大会は、江戸時代から続く、日本の伝統的な花火大会です。
その知名度、人気は凄い様で、毎年100万人近くの観覧者数を集め、又、打ち上げられる花火の数は2万発を越える大規模なイベントです。

 

2015年度のスケジュール

日程7月25日(土)、雨天の場合は翌日26日(日)

時間第一会場(両国ゆかりの花火職人のコンクール)
    19時05分―20時30分

   ;第二会場(連続発射打ち、創作花火)
    19時30分―20時30分

場所第一会場;隅田公園―最寄り駅;浅草駅より徒歩10分
   ;第二会場;駒形駅から蔵前の江戸通りー最寄り駅;蔵前

 

 

最後に

Fireworks

夏の夜空に広がる花火に、感動せずにはいられませんね。

その芸術性はもちろん、それを作られる職人の技にも心動かされるのではないでしょうか。

美しいものを観賞する事は、心の浄化にも繋がります。
お子さんと一緒に、夏の素敵な思い出を作られて下さいね。

あやより

Sponsored Link


関連記事はこちら