ひな祭りに用意したひなあられ
我が家は女の子二人姉妹なのでたくさんいただいてしまいたくさん余ってしまいました。

放っておくと湿気てしまうし子どもたちは飽きてしまって食べない・・・
このままダメにしてしまうのはもったいないような。

何か違うお菓子にリメイクできたら・・・

そんなときにとっておきのレシピを紹介します。

とっても簡単なのでお子さんと一緒に楽しく作れますよ♪

スポンサーリンク

用意するもの

材料
  • ひなあられ
  • 板チョコ
  • ビニール袋
  • めん棒

チョコはお好みに合わせてミルクチョコホワイトチョコなど、用意してみてもいいですよ。

作り方

1.雛あられをビニール袋に入れて麺棒で軽く叩いて砕く。

ひなあられ途中

触感を残したいのであまり細かくしすぎないほうがいいです。

2.板チョコを細かく割って湯栓で溶かす。

3.溶かしたチョコの中に砕いた雛あられを入れて混ぜる。

4.スプーンで一口大ぐらいにすくってまとめ、バットやお皿の上にのせる。

5.冷蔵庫で1時間ほど冷やす。

ひなおかし

できあがり!

簡単できるので、ぜひ試してみてください♪

スポンサーリンク

その他にもアレンジいろいろ

かわいい形に仕上げよう

ハート型や星型のクッキー型に流しいれ、そっと抜いてから冷やすと、かわいい形に仕上がります。

たくさんできたらプレゼントしてもいいですね。

食感をさらに楽しもう

砕いたひなあられにさらにナッツ類やコーンフレーク、フルーツグラノーラなどを混ぜてみるとさくさくとした食感が楽しめます。

デコレーションに

カラフルな色合いの雛あられはデザートのデコレーションにもなりますよ。

ケーキの上に並べてみたりパフェやアイスクリームに乗せてみても、かわいらしいです。

ひなあられを「おこし」に

溶かしたマシュマロに雛あられを混ぜて固めるとおこしのような甘いお菓子に変身します。

牛乳に混ぜてあまさを楽しもう

ホットミルクに混ぜるとひなあられがふんわり溶けてミルクが甘くなり、おいしいドリンクに早変わりします。

牛乳嫌いなお子様にもおすすめですよ!

冷たい牛乳でも良いです。

お砂糖のコーティングを生かしておせんべいに

湿気てしまった雛あられもトースターで少し焦げ目がつく程度に焼いてみると、お砂糖が溶けてひなあられ同士がくっつき、お煎餅のようにサクサクと食べられるお菓子になります。

最後に

ひなあられと同様、節分の豆も余ってしまいがちですよね。

そんなときはリメイクしてみてください。

新しい食感や、新しい味に子どもたちは大喜びです。

ママもダメにしてしまうよりはおやつになって食べてもらえるほうが助かりますよね♪

ぜひ、お試しください!

mkmmより

スポンサーリンク

関連記事はこちら