赤ちゃんと外出するのは、荷物も多くなりがちで、結構大変な事ではないでしょうか。

特に赤ちゃんの時期は、定期健診、予防接種と何かと外出しなくてはいけない事が多いのが現状です。

そんな中、外出する日がだと、ママの不安が膨らんだりするのではないでしょうか。

そこで、そんな新米ママを少しでもお助け出来ればと、自分の経験や色々な情報を紹介していきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんと雨の日の外出時に役立つ知恵

まずは、外出先への距離、目的を良く考えましょう!

[icon image=”point1-1-r”]電車、バスを使わなくてはいけないような時は、抱っこ紐を使わるのがお勧めです。
[icon image=”check3-r”]中でも4wayタイプ(横、縦抱き、前向き、後ろ向き、おんぶ)ですと、後頭部まで覆う事が出来ますので、赤ちゃんの首が据わっていない時期でも使用する事が出来ます。

[icon image=”check3-r”]その際、赤ちゃんには脱がせる事が簡単な帽子付きポンチョ、又は、お砂場ガード(本来は砂場の砂ガードですが、色々な用途に使えます。)などを着用させてあげて下さい。

そして、ママもレインコートを着用し、雨が酷いような時には、抱っこ紐の上からも雨よけのカバーをするのがお勧めです。

Rain Coat

[icon image=”point1-2-r”]近くのスーパーに行かなくてはいけないような時は、ベビーカーにレインカバーを付けてお出かけするのがお勧めです。
レインカバーは雨だけでなく、風も防いでくれますから、赤ちゃんと安心して外出できます。

[icon image=”check3-r”]雨の日でなくても、雨が降りそうな場合は、予めレインカバーの準備をされていると心強いものです。
又、タオルを持参されていると、何かと役立つのでお勧めです。

赤ちゃんと雨の日に外出する際の注意点

Road

 

[icon image=”point1-1-r”]日頃自転車を使って行動されていると、雨でも自転車でと思われるかもしれません。
しかし、雨の日は、大変滑り易く、自転車側、車側共に視界が悪くなっており、危険を伴う可能性が高いです。

[icon image=”check3-r”]もし、自転車での外出をお考えの場合は、防水対策はもちろん、お子さんにヘルメットを被らせ、絶対に傘を差して運転するような事は避けて下さいね。

[icon image=”point1-2-r”]お子さんが歩けるようになった場合でも、まだ傘を上手くコントロールするのは難しいですし、傘で遊びがちになるものです。
ですから、レインコート長靴での防水を心掛けて下さいね。

最後に

Umbrella雨の日の外出が、食料品の買出しだけの様な時には、宅配サービスを利用されるのも便利かもしれませんね。

又、赤ちゃんと病院へ行くのにお車を使われる時は、駐車場に限りがあったり、車から降りる際が大変な事もあります。
その点を考慮されて、タクシーを使われるのが楽な場合もあります。

雨の日の外出は、準備が大切になってきます。
外出の日が分かっていれば、前もってお天気を確認されて、いざ出発の時に、重要な物がない!なんて事がない様にされて下さいね。

あやより

スポンサーリンク

関連記事はこちら