こんにちは。

大阪在住の5歳男児のパパです。

ゴーカートが大好きな男の子は多いですよね。

うちの息子(幼児)はゴーカートが大好きで、ゴーカートがある施設にいくと必ず乗って楽しんでいます。

しかし、子供にとってゴーカートに乗る際に

  • 身長制限
  • 年齢制限

は大きな壁となります。

当然、幼児の場合は、1人で乗ることはできず、助手席に乗ることになります。

また、

  • ハンドルの操作性
  • コースは広いのか

も重要ですね。

そこで、今回は私たちが関西で実際に行ったゴーカートのある施設について、それらの点でどうなのかをレビューしてみました。

施設は新たにお出かけするごとにまた更新していきますね。


関西で子供(幼児)が乗れるゴーカートのある施設

実際に息子がゴーカートを体験したことがあるのは、

  • ハーベストの丘(大阪)
  • 浜寺公園(大阪)
  • 東条湖おもちゃ王国(兵庫)
  • 神戸フルーツフラワーパーク(兵庫)
  • イングランドの丘(兵庫)
  • 淡路ワールドパークonokoro(兵庫)

です。

幼児ですので、いずれも1人では乗れません。親の付きそいが必要です。

これらを一つ一つ見ていきましょう。

ハーベストの丘

harvest-no-oka-osaka177

  • 料金:800円
  • 身長制限:140cm以上。それ以下の人は大人の付き添いが必要。
  • 年齢制限:中学生以上
  • 幼児が乗れるのは、助手席のみ。

ここの特徴は850mもあるロングコースであり、なおかつ起伏が大きく、コースも複雑でカーブなども多いことです。

またハンドル操作を誤ると壁に衝突したりするため、ハンドル操作という意味でも楽しめます。

実際に乗って撮影した動画がこちら。

 

ハーベストの丘でのゴーカート体験記事はこちら→ハーベストの丘体験ブログ!口コミは?混雑は?写真と動画で解説!

 

浜寺公園

029hamadera park

 

  • 料金:300円
  • 身長・年齢制限:4歳以上かつ120cm以上、もしくは8歳以上。それ以下の人は大人の付き添いが必要。
  • 幼児であっても4歳以上で身長120cm以上ならば運転可能。

760mのコースで、1人乗りタイプと、2人乗りタイプの2種類があります。

浜寺公園でのゴーカート体験記事はこちら→浜寺公園のゴーカートが楽しい♪身長制限は?何歳から乗れる?

東条湖おもちゃ王国

  • 料金:300円(ただし、フリーパスが使える)
  • 身長・年齢制限:140cm以上かつ11歳以上。それ以下の人は大人の付き添いが必要。
  • 幼児が乗れるのは、助手席のみ。

東条湖おもちゃ王国のアトラクションの一つです。

300円と他の施設よりも安いですが、フリーパスも使えますので空いていれば何度でも乗ることができます。

ただし、土日は混雑します。

3月の日曜日に出掛けて、私たちも乗りましたが、乗るまでに30分以上の待ち時間がありましたので、もう一度乗ろうとはなりませんでした。

東条湖おもちゃ王国でのゴーカート体験記事はこちら→東条湖おもちゃ王国の体験ブログ!口コミは?乗り物・混雑具合も!

神戸フルーツフラワーパーク

FRUITFLOWERPARK

  • 料金:900円
  • 身長制限:130cm以上でアクセルペダルとブレーキペダルを奥まで踏み込める人。
  • 年齢制限:なし
  • 幼児が乗れるのは、助手席のみ。

ここの特徴は、1週1.2kmあり、施設内のいろんな畑を見ながらゴーカートに乗れるところです。

FRUITFLOWERPARK

ただし、ゴーカートの下にはレールがあるため、操作性という意味での楽しみはやや少ないのが特徴です。

神戸フルーツフラワーパークでのゴーカート体験記事はこちら→神戸フルーツフラワーパークのバーベキューが美味!味覚狩りもアリ!

イングランドの丘

 

england_hill_awaji_island074

  • 料金:700円
  • 身長制限:140cm以上。それ以下の人は大人の付き添いが必要。
  • 年齢制限:なし
  • 幼児が乗れるのは、助手席のみ。

全長650mのコースを走ります。

神戸フルーツフラワーパークのような広大な土地を大きく一周というわけではありませんが、ハンドル操作を誤ると壁に衝突したりするため、ハンドル操作という意味でも楽しめます。

イングランドの丘でのゴーカート体験記事はこちら→イングランドの丘の体験ブログ!周辺の宿泊でおすすめはこれ!

淡路ワールドパークonokoro

onokoro world park077

  • 料金:600円(ただしフリーパスが使える)
  • 身長制限:140cm以上。それ以下の人は大人の付き添いが必要。
  • 年齢制限:4歳以上

全長700mのコースを走ります。

こちらもハンドル操作を誤ると壁に衝突したりするため、ハンドル操作という意味でも楽しめます。

ここの最大の特徴はフリーパスを使えるということです。

ゴーカートはどこも料金が高いのが親の悩みですが、フリーパスですと何度も乗れるが嬉しいですね。

息子を連れて行ったときも6−7回は乗りました。

淡路ワールドパークonokoroでのゴーカート体験記事はこちら→【写真あり】淡路ワールドパークONOKOROの体験ブログ!口コミは?

最後に

関西で子供が楽しめるゴーカートについて実際に体験したことがあるところをまとめました。

幼児の場合、1人で乗ることは基本的にはできませんが、車が好きな男の子にとって、自分が運転に少しは携われるというのはものすごく楽しそうです。

ゴーカートに乗れる施設選びの参考になれば幸いです(*^_^*)

スポンサーリンク

関連記事はこちら