こんにちは。

大阪市在住の5歳男児のパパです。

気候も温かくなってきて、子連れでハイキングでもしたい気分!

そんな中、ネットでアスレチックやハイキングを調べていて出てきたのがむろいけ公園

何でも施設も駐車場まで無料で楽しめるとか!

大阪市内から車で40分程度で到着です。

今回は「むろいけ園地」のアスレチックや巨大滑り台、ハイキングを楽しんで来ましたので体験談を写真や動画とともに記事にまとめました。


むろいけ園地の森の宝島のアスレチック

むろいけ園地の森の宝島のマップ

まず、むろいけ園地の森の宝島には、

  • わんぱく坂(アスレチック)
  • わいわい広場(ジャンボ滑り台や遊具あり)

の2つがあります。

むろいけ園地のわんぱく坂(アスレチック)

むろいけ園地のアスレチックの写真

むろいけ園地のアスレチックをネットで検索して口コミを見ていると

  • 幼児〜小学生低学年向け
  • 初心者向け

などの記載があります。

 

5歳の息子にはちょうど良いのではないかと思って連れて行きました。

結果、口コミ通りでした。

5歳の息子には簡単すぎず、難しすぎずでした。

アスレチックの動画を撮影してきました。

また、アスレチック自体は他の施設よりも距離はかなり短いので、その点の不満もネットの口コミでは見られましたがそれもその通りでした。

むろいけ園地のアスレチックの写真

ただし、息子は「楽しい楽しい」と同じコースを合計4回繰り返し楽しんでいました(*^_^*)

アスレチックは山を登っていくタイプで、頂上には広場があり、桜もいい感じで咲いており、お花見をしながら食事をしている家族が複数いました。

むろいけ園地のアスレチックの写真

頂上の広場はかなり良い感じでした。
お弁当を持ってこなかったことが残念でした。

わいわい広場(ジャンボ滑り台や遊具あり)

わいわい広場のジャンボ滑り台は時間によっては、かなり混雑していました。

むろいけ園地のジャンボ滑り台の写真

私も何度か滑りましたが、結構急でスピードが出ます。

むろいけ園地のジャンボ滑り台の写真

慣れると平気になりますが、最初の1回目はちょっとびびってしまいました。

むろいけ園地のジャンボ滑り台の写真

ジャンボ滑り台以外にも遊具などがあります。

滑り台はちょっとまだ怖いという幼児でも楽しめます。

むろいけ園地のハイキングは?

むろいけ園地のハイキングの写真

もともとはアスレチックとジャンボ滑り台のみを楽しむつもりで出掛けたのですが、(結果、ハイキングに来ていた)子連れ親子について行ったところ、こちらもハイキングをするハメに・・・。

子連れについて行けば大丈夫だろうという浅はかな考えでした(^_^;

とはいえ、このハイキングかなり快適で良い運動になりました。

トレイルランをしている人にどんどん抜かれていきます。

息子も疲れない程度で、特にボードウォークには大はしゃぎでした。

こちらがそのボードウォークです。

板の上を歩けて(走れて)楽しそうでした。

ランチをするところは?

お弁当などを持ち込んで風呂敷を引いてランチすることはいくらでも可能です。

しかし、残念ながらレストランのような食事を食べられる施設はありません。

森の宝島の遊具の近くに、

  • アイスクリーム
  • ドリンク

の自販機があるのみです。

お弁当持って行ったらよかったなあ。
桜も綺麗やったしなあ。

むろいけ園地のアスレチックやハイキングの料金は?

料金はいずれも無料です。

ただし、森の工作館でのイベントの施設利用は一部有料です。

今回森の工作館にも立ち寄ったのですが、その日はイベントはありませんでした。

むろいけ園地の森の工作館の写真

イベントは基本土日に行われています。

料金はイベントにより異なり、安いものでは300円、高いものは3000円(myオカリナ作り)などがあります。

年齢は基本3歳から参加できますが、陶芸やオカリナ作りなどは小学生や中学生からなどと指定があります。

料金など詳しくは公式サイトで確認してください。

駐車場の料金は?

むろいけ園地の駐車場はいずれも無料で利用することができます。

注意点としては、駐車場は2カ所あるということです。

  • 水辺自然園駐車場
  • 森の宝島駐車場

の2カ所です。

アスレチックやジャンボ滑り台は森の宝島にありますので、こちらの駐車場に止めた方が近いです。

水辺自然園駐車場に駐車して森の宝島に歩いて行くことは可能ですが、徒歩で7分程度かかると記載がありました。

(ちなみに今回最初は水辺自然園駐車場に止めて、(予期せぬ)ハイキングをしてまた駐車場に戻ってきて気付きました(^_^;)

「森の宝島」の駐車場は、入り口が結構わかりにくいので、「森の宝島P」という看板を見逃さないように注意が必要です。

関西の子連れスポットを実際にお出かけしたところのみまとめています。→関西の子連れお出かけスポットまとめ!

最後に

完全無料でアスレチックやジャンボ滑り台、さらにはハイキングまで楽しめるむろいけ園地。

アスレチックやジャンボ滑り台は小学生高学年にはちょっと物足りないかもしれませんが、その分はハイキングでカバーできます。

大人も結構な運動になりますよ(^o^)

ただし、食事をするところがないので、お出かけの際にはお弁当を持参した方がよいです。

参考になれば幸いです(*^_^*)

スポンサーリンク

関連記事はこちら