幼稚園の説明会でビックリしたんだけど、あんなにも手作りしなくちゃいけないものがあるの?

そうそう。

私も長男の時は、用意するものの多さにビックリしちゃった。

やっぱり、手作りしなきゃダメかなあ?
手作り品として販売されているものもあるけど、やっぱり最初はママの愛情として、手作りに挑戦してみたらどう?

頑張って幼稚園に行くんだって気持ちにもなるみたいよ?

手芸苦手なんだけど、私にできるかしら?

 

 

そんな幼稚園グッズを手作りしたいけど、自信がないという方に向け、今回は

  • レッスンバッグ
  • 上靴入れ
  • 弁当袋
  • コップ袋

などの作り方を、工程画像とともにわかりやすく説明したもの(リンク)をまとめました。

初心者にもわかりやすいようまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

レッスンバッグの作り方!

レッスンバッグは、毎日幼稚園に持っていく荷物のひとつです。

  • 上靴入れ
  • 体操服袋(着替え)
  • 絵本
  • お手紙

などを入れて使うことが考えられます。

そのため、丈夫さが求められるのです。

レッスンバッグ

そこでオススメしたいのが、裏地つきのレッスンバッグ

こちらは、「どこを縫ったらいいのかわからない」という方にもわかりやすく、画像に縫う場所を点線としてプラスしているので、「いきなり裏地付きなんて」と躊躇されている方にオススメです。

 

 

上靴入れの作り方!

上靴入れ・体育館シューズ入れとして、幼稚園だけでなく小学校でも使うものですよね?

しっかり作れば、幼稚園で使っていたものを小学校でも使えるかしら?
小学校低学年のうちは使えますが、靴のサイズが変わると入れ物のサイズも合わなくなるので、作り変える必要が出てきます。

じゃあ、「最初から大きめに作ったらいい」と思われた方・・・

そうはいきません!

というのも、小さな幼稚園児に合わせた持ちやすさ出し入れしやすさを考えた大きさでなくてはいけないのです。

上靴入れ

そこでオススメなのが、今回紹介する上靴入れの作り方!

ボタンがうまく使えないという子にもオススメで、ママ的にもボタンホールやホックをつけずに済むので、初心者にもってこいなんです。

詳しくはこちらをご覧ください。→上履き入れの簡単な作り方!幼稚園でも使えます!

 

次は、弁当袋の作り方です。

「うちは給食だし」という方も、遠足の時などに活躍する品ですし、ひとつ作っておくと役立ちますよ。

スポンサーリンク

弁当袋の作り方!

給食の幼稚園もありますが、中には毎日お弁当というところも。

そうなると必要になるのが、お弁当袋です。

弁当袋

小さな子は、大人のようにお弁当を風呂敷に包んで・・・ということがなかなかできません。

確かに、うちの子もまだ結んだり、ほどいたりができないわ。

そこでオススメなのが、巾着横入れ型のお弁当袋です。

巾着型は、初心者にも難しい工程がなく、作りやすい形となっています。

また、横入れ型は出し入れしやすさ抜群で、子供は使いやすいでしょう。

 

 

コップ袋の作り方!

コップなんて、幼稚園で何に使うの?
ランチの時間に、お茶を注いでもらって使ったり、歯磨きコップとして使うことがあります。

コップ袋

そして、コップとなると厚みがあるため、マチが必要となるんです。

マチ付きなんて難しそう。

そんな方にオススメなのが、簡単に作れちゃう「折りマチ」付きのコップ袋です。

この方法を覚えたら、体操服入れやスモック袋など、色々なものに応用できますよ。

 

 

 

また、準備品のリストにはないけど、これらを作ったら、なんでも作れちゃいそうな自身も出てくるはず。

そんな方達には、こちらの手作り記事もオススメです。

参考にされてください。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

「幼稚園の入園グッズを手作りしよう」という本も色々販売されていますが、ただでさえ物入りな時期にお金をかけたくないという方。

ぜひ、こちらのリンクをお手本に作ってみることをオススメします。

たくさんの読者から「作ったよ」というコメントを頂いており、そのほとんどが、手作り初心者の方達でした。

はじめて行く幼稚園で子供たちは不安な気持ちでいっぱいですが、ママが自分のために作ってくれたものと一緒なら、頑張れたりするものです。

そんなお守り的な意味も込めた手作り準備品、挑戦してみてください。

スポンサーリンク

関連記事はこちら