Tenjin Ryo orchards Eye-catching image

 

今や夏休みの恒例となっている福岡市役所前広場でのイベント「天神涼園地

毎年「涼」をテーマに、水とミストを使ったアトラクションが並びます。

2017年は7月23日(日)8月15日(火)までの開催です。

たとえば、どんなアトラクションがあるのでしょうか?
RIKO
目玉は巨大スライダーですが、今年は小さい子も楽しめる白い砂浜ゾーンや遊具が増えていますよ!
小さな子供も遊べるんですね。
RIKO
今年のスライダーの迫力や、小さい子向けの遊具も含めて動画と写真でたっぷり紹介します!

 

ということで、今回は「天神涼園地」について

  • 時間と開催場所
  • 料金と割引は?
  • 混雑具合について
  • アトラクション紹介

などなど、このイベントがスタートしてから今回まで、6回制覇している私が詳しく紹介します!

スポンサーリンク

天神涼園地の開催時間や会場!場所取りは必要?

時間と場所から詳しく教えてください。

【期間】2017年7月28日(金)8月15日(火)

【時間】午前10時~17時(入場受付~16:30、アトラクション受付~16:45)

【主催】We Love 天神協議会

【場所】福岡市役所西側ふれあい広場(市役所:福岡市中央区天神1丁目8番1号)

緯度経度で指定

 

RIKO
イムズの裏側、福岡市役所を目指して行けばすぐにわかりますよ。

場所取りは必要なの?

オープン時は並んだりするのでしょうか?
RIKO
平日のちょうど10時でこの状態です!

天神涼園地

この列をたどって奥のテントを曲がっても、さらに10数人はいる状態。

けっこう並ぶのですね。

年々オープン時の列が長くなっているのは、このイベントが根付いてきたということだと思います。

週末やお盆はもっと多いと思うので、ご注意くださいね。

中に入ると、親が待機するのによい大きなテントがあるのですが、皆さんそこを狙って素早く場所取りに移動します!

2017年の大テントの位置は、入って右側です。

天神涼園地 天神涼園地

ここはあっという間に埋まってしまいます。

あとは、中央の砂場広場の周りにある緑のテントが狙い目ですが、ここもすぐにいっぱいに。

天神涼園地

あとは日影にレジャーシートを敷いて皆さん場所取りをします。

オープン5分前に並んだ私は、ギリギリ市役所前の日影ゾーンにシートを敷けましたが・・

ゆっくり座りたい方はオープンより早く余裕をもって行きましょう

ちなみに、市役所側のこのゲートからも途中出入り自由です。※最初は中央ゲートからのみ入場

天神涼園地

ここから出るとすぐにトイレとコンビニがあるので、お昼ご飯を買いにも行けます!

12時すぎると市役所職員の皆さんがコンビニにいっぱい流れ込むので、早めに購入を。

天神涼園地の料金や割引についてはどんな感じでしょうか?
RIKO
今年は料金に変更がありましたので、詳しくみていきましょう。

天神涼園地の料金は?小学生の付き添いは不要!?

【入場料】1歳以上 1日 500円  ※再入場可

去年は3歳以上~だったのに、今年は1歳以上から必要となっていますので注意!

ただし、その分小さなお子さんを意識しての新しい遊び場を増やしているが今年の変化です。

天神涼園地

確かに小さい子が遊べる場所は増えているけど、「1歳から取るか~(+_+)」と嘆くお母さんもいそうだな・・

我が家の高学年の子にとっては、去年の巨大スライダー2つあった方が満足度高かったけど。

下の4歳の子も滑られる幼児用スライダーや遊び場が増えてたのは嬉しいので、我が家的にはいっか!?(;^ω^)

RIKO
ちなみに、入園に関しての注意として・・

6歳未満(未就学児)のみでの入園はできません。

※必ず保護者かそれに準ずる18歳以上の付き添いが必要

 

とあって・・ということは、小学生は親なしでもOKなんだね!!

私も、記事書くために注意事項見て初めて知りましたよ(;^ω^)

遊ばせてる間に天神でお茶したり、ショッピングできちゃうのですね。
RIKO
とはいっても、心配だからか涼しいからか、すぐ前の市役所内でお茶をしている親御さんも多かったですよ。

天神涼園地 天神涼園地

会場の出入りは自由なので、子供はここと行き来もできるし、なかなかよい場所です。

※ただし、濡れた水着で中には入れません。

小さなキッズスペースまで見えますね。

カフェメニューも揃っている他、もーもーらんどのおいしいソフトクリーム(380円)まであるんですよ(^o^)丿

天神涼園地

行くのが小学生なら、親は入園料払わずにここでお茶しているのもありですな!

入場料ですが、割引はありますか?
RIKO
続いては、割引について見ていきましょう。

天神涼園地に割引はあるの?

天神涼園地は、入場料の割引はありません

ただし、以下を利用してバス電車地下鉄を利用して天神まで行く場合に、乗車券の割引はあります

交通費の割引を利用しよう!

  • 西鉄バス「Kids FREE」
  • 西鉄電車「子供とおでかけきっぷ」
  • 福岡市地下鉄「ファミちかきっぷ」
それぞれ、ご説明しますね。

天神涼園地

西鉄バス「Kids FREE」

福岡市内一日フリー乗車券」利用で大人1名につき小学生1名無料となります!

  • 【発売場所】天神定期券発売所・博多バスターミナル・市内一般バス車内
  • 【発売期間】2018年3月31日(土)まで
  • 【お問い合わせ】西鉄お客さまセンター:0570-00-1010
西鉄電車「子供とおでかけきっぷ」

夏休みに家族で天神へ西鉄電車で行くと、子供が1名無料に!

大牟田線各駅から福岡(天神)駅への割引往復乗車券です。

  1. 大人1名小児1名→小児1名無料
  2. 大人2名小児1名→大人往復割引券小児無料
  • 【発売箇所】西鉄天神大牟田線、西鉄大宰府線の各駅

  ※ただし、福岡(天神)駅・無人駅・甘木線各駅を除く

  • 【発売期間】2017年7月22日(土)~8月31日(木)
  • 【お問い合わせ】西鉄お客さまセンター:0570-00-1010
福岡市地下鉄「ファミちかきっぷ」

1家族1,000円で全線乗り放題の1日乗車券です。

大人2名まで、子供は何人でもOK!

  • 【発売箇所】地下鉄各駅窓口、お客さまサービスセンター(定期券売り場)
  • 【お問い合わせ】お客さまサービスセンター:092‐734-7800

天神涼園地受付で、これら上の各種企画きっぷや「はやかけん」「nimoca」などを提示すると、お子様向けのノベルティをプレゼントしています。

RIKO
1日先着100名なので、ぜひ利用する方はお忘れなく。
基本情報はわかりましたが、実際に行った感想を教えてもらえますか?

 

では、次は感想を交えながら2017年のアトラクションを紹介します!

スポンサーリンク

2017年のアトラクションを動画と写真で紹介!

皆さんが気になる2017年のアトラクション!

RIKO
まずは、ぐるーっと1周してきたので、動画で全体の様子をご覧になってくださいね。

会場を1周した天神涼園地の動画♪

見ての通り、子供たちは水着がほとんどです!

洋服でも大丈夫ですが、びしょ濡れになりますので必ず着替えを準備していきましょう

RIKO
更衣室がきちんと準備されています。

 

天神涼園地

着替えて早速遊びにいくなら、オススメはやはり巨大スライダーから!

お昼からは順番待ちが長い行列を作っていくので、午前中オープン後すぐに遊ぶとよいですよ。

スライダーは大きさ別3段階の3種が登場!

目玉は、なんといっても天神のど真ん中に現れる巨大なスライダー!!

でも、それだけでなく小さいお子さんも滑られる種類を含めて3種類が登場しています★

  • メガスライダーダブル・・3歳以上が対象
  • ウェーブスライダー・・2歳以上が対象
  • ちびっこスライダー・・幼児専用
RIKO
それぞれを写真で見てみましょう。
メガスライダーダブル!

今年、新たに導入した巨大スライダーは「メガスライダーダブル」!

3歳以上が対象で、その名の通り2人同時に滑ることができます(*^^)v

天神涼園地

お昼頃には待っている子供たちがテントいっぱいに並んでいて、その後テントから列が溢れていました。

平日の今日、オープンしてしばらくは、わりとすぐに滑られる状態でしたので、早めがオススメです。

ちなみに、うちの4歳の息子は「滑る」と張り切って上り、上で「えーん(つд⊂)」となって階段から降りるという・・

確かに、この急な角度とスピード感は怖いと思うしムリだと思ったよ(;^ω^)

てか、3歳以上利用可能とけっこう低い年齢からOKなのにビックリですが、3歳でこれ滑っている子はほとんど居なかったんじゃないかなぁ。

ウェーブスライダー

これは、2歳以上が対象の「ウェーブスライダー」です!

2歳からOKとなっていますが、これも上るとなかなかの高さに感じるはず。

天神涼園地

巨大スライダーで泣いた息子は、これを見ても首を横にふってもう滑ろうとはしませんでした(笑)

去年までは、このサイズ感のものまでしかなかったから、OKでも小さい子はスライダー遊びを怖くてできない子がほとんどだったんですよね。

でも、今年はさらに小さなスライダーが新登場!!

ちびっこスライダー

このサイズの「ちびっこスライダー」は2017年でお目見えです!

コレなら滑られる!

と、うちの息子も他の幼児もたくさん滑っていましたよ。

 

天神涼園地

写真では手前しか見えませんが、反対側へも滑ることができます。

これも怖い、もっと小さな子供が遊べるすべり台などありますか?
RIKO
それなら、よちよちゾーンの遊具へ。

よちよちゾーンを動画で紹介!

こちらは、3歳未満が対象の「よちよちゾーン」。

可愛らしいミニ滑り台が4台もあります(*^^)

シャボン玉も子供たち喜ぶでしょうね!
RIKO
もう1つ、小さな子も遊べる新アトラクションとして登場した目玉がありますよ~。

新登場!白い砂場「ホワイトサンドプール」

入って正面奥、去年までは大テントがあった場所に新しく登場したのが「ホワイトサンドプール」!

白い砂浜のような砂場で、ここで遊べるのは小学2年生までです。

 

天神涼園地

RIKO
遊んだ後は、きちんと水で流してくれますよ。

天神涼園地

写真にあるように、砂遊びセットの購入(400円)やレンタル(200円)も可能です。

うちの息子たち2人に購入をせがまれたのは、別のものでしたが・・

みずてっぽうゾーン

「買いたい×2」とうるさかったのが、これこれ!

水てっぽうのゾーンがあるんだけど、みんなが持っているこれらは全て購入したものやレンタル(400円)。

天神涼園地

タダで貸してくれるわけではないのですよ。。

スプラトゥーンみたいで楽しそうだし、みんながカッコイイの持っているのが羨ましくもなりますよね。

小3の息子は自腹で買いましたさ(笑)←買ってやらない親

天神涼園地

悩んで、1,200円もする立派な水てっぽうをお小遣いで息子購入!

おかげで、他の子たちと混ざって打ち合いをして、仲良くなっておりました(^o^)丿

来年もあるなら、今度は忘れずにこれを持参だな★

ウォーターキャノンなど水噴射系3種!

毎年中央にあった、大きな水噴射するこのイベント恒例のウォーターキャノンは、今年は端っこに移動していました。

規模も少し小さくなってたような・・斜めに発射していましたよ。

ウォーターキャノン

天神涼園地 天神涼園地

この噴射ですが、実は子供たちにスイッチを押させてくれます。

時間になると教えてくれて、集まった子でじゃんけん大会!

買った3人がボタンを同時に押します♪

水くみゲーム

同じような噴射するミニ版のものが、水くみゲーム!

みんなでコップでせっせと水を貯めていくと、水が噴射します。

天神涼園地

協力型のゲームですね。

RIKO
同じようなものがもう1つ。
スプラッシュタワー

ボールを投げ入れて、たくさん貯めていくと同じく水が噴射しボールも空へと上がります!

天神涼園地

これも、みんなで協力して噴射させて遊ぶのですね。

水が落ちてくるドキドキゾーンは2つ!

ずぶ濡れになる1番のゾーンは、バケツの下!

いつ落ちてくるのか、ドキドキしながら待ちます(笑)

びっくりバケツ

天神涼園地

これも、1回目から毎年恒例となっているゾーンです。

下で待ち構えている子はよいですが、ここを通る親御さんは気を付けてくださいね!

どきどきバルーン

同じく、いつ落ちてくるかわからないその名も「どきどきバルーン」(笑)

天神涼園地

こちらは、「間もなく始まりまーす」とお兄さんが呼び込みしてくれます。

そろそろとなった時に、皆で座って数を数えながらその時を待つのですが、水の量はわりと少なくてあっけなかったです。

RIKO
その他にも、水とあまり関係ないゾーンもありましたよ。

その他の遊びコーナー

これは、運動系の遊具かな!?

乗り物好きな小さいお子さんも食いつくかもしれませんが、手動なのでご注意(;^ω^)

ころころトロッコ

押してもらっている写真ですが、これは自分の力で紐を引っ張って移動するトロッコです(笑)

天神涼園地

行き帰りと往復して戻ります。

RIKO
小さい子がよく遊んでいましたよ。
ネットくぐり

これは、遊具と呼べるのか!?

ちょっと高めに設置されたネットがただあった「ネットくぐり」。

地味でしょ!?

天神涼園地

あまり、子供遊んでなかったので、来年はなさそうな予感・・

来年は、また面白い遊具や企画にパワーアップを期待したいですね♪

他には、かき氷屋さんのテントやポップコーン、アイス、飲み物などのテントも会場内にありました。

天神涼園地 天神涼園地

ちなみに、かき氷は350円。

ソフトドリンクはミニサイズの100円。

ちょっと割高なので、コンビニで色々と買ってくる人も多かったです。

RIKO
おにぎりやお菓子などお家から持参も、もちろんOKですよ。
関連記事換

最後に

  • 2017年の天神涼園地は、7月28日(金)~8月15日(火)
  • 【時間】午前10時~17時(入場受付~16:30、アトラクション受付~16:45)
  • 【場所】福岡市役所西側ふれあい広場
  • テント下や日影スペースに場所取りしたいならオープン前に余裕もって来ておくこと
  • 【入場料】1歳以上 1日 500円  ※再入場可
  • 6歳未満(未就学児)のみでの入園はできませんが、小学生は親なしでもOK
  • 天神涼園地は、入場料の割引はありません!
  • バス・電車・地下鉄を利用して天神まで行く場合、乗車券の割引はある
  • 水着でも私服でもOKだが、着替えは必須!
  • 今年は、ちびっこが楽しめるスライダーや遊び場が増えている

 

RIKO
天神涼園地の体験リポート、いかがでしたか?
詳しい様子がわかり、ぜひ期間中に遊びに行ってみたくなりました!

水の中に浸かるわけではないので、とにかく暑いです!

水分補給をしっかりするためにも、水筒に飲み物たっぷり持参しましょう★

我が家の子供たち3人は大好きなイベントなので、2018年も出かける予定。

また次回のことがわかり次第更新しますね!

体験リポートを参考に、皆さんもぜひお出かけください(^o^)丿

byRIKO

スポンサーリンク

関連記事はこちら