Mokumoku farm Eye-catching image2

 

ママ友
ミニブタがいてね、おいしいお店があってね、体験もいっぱいできるよ♪
あんつぶ
それどこどこ?
めっちゃ楽しそう!!

ママ友の絶賛ぶりを聞いて、家族でおでかけしたのが三重県にある“伊賀の里 モクモク手づくりファーム

なんとそこはミニブタさんが主役の農場!
ブタの他にも、羊やポニー、日本では珍しいジャージー牛にも会うことができます。

また、広大な敷地内にはハムやウィンナーの工房やバーベキューレストラン、手作り体験教室やのんびり学習牧場などがあり、一日中楽しめるおでかけスポットとなっていますよ。

我が家も手作りウィンナー教室に参加したり、ブタさんと触れあったりと満喫してきたんです♪

そこで今回は、魅力満載のモクモクファームの口コミに加えて、

  • 我が家の手作りウィンナー体験
  • その他の体験教室やイベント
  • モクモクネイチャークラブ

などについてまとめてみました。

お得に入園できる方法も紹介しているので、ぜひ読んでみてくださいね♪

スポンサーリンク

モクモクファームの口コミは?

三重県伊賀市の山間にある“モクモク手づくりファーム”。
ここはミニブタやジャージー牛と触れあったり、美味しいものを食べたり、ウィンナーを手作りしたりと様々な体験ができる場所。

あんつぶ
実際に行かれた方の口コミをみてみましょう♪

あんつぶ
ファーム内ではミニブタさんが自由にお散歩♪

https://twitter.com/yutocd/status/859625112995287041

 

あんつぶ
モクモクといえば、このぐるぐるウィンナーですよね!

https://twitter.com/g_lei0913/status/847450128424226816

あんつぶ
ぐるぐるウィンナー作りも体験できます!

あんつぶ
おいしいハムやソーセージがいろいろ食べられるとあって大人気!

あんつぶ
かわいい看板を探してまわるのも楽しそう♡

あんつぶ
モクモクには宿泊施設も♪
実は泊まった方だけが参加できる体験もあるんですよ!

広大なモクモクファームの敷地内では楽しみ方もいろいろ♡
一日たっぷり満喫できるおでかけスポットとなっています!

我が家も4歳の長男と2歳の次男を連れて、モクモクファームに遊びに行ってきました。
クッキングが好きな長男のために、今回は“手づくりウィンナー教室”に参加してきましたよ♪

あんつぶ
写真つきで詳しく紹介しますね!

スポンサーリンク

手作りウィンナー体験!写真つきでご紹介♪

モクモクファームでは本格的なウィンナーが手作りできるんですよ!
私も長男と一緒に体験してきました。

あんつぶ
では、初めてのウィンナー作りスタート♪

持参したエプロンを身につけ、手洗いを済ませたらスタッフの方の説明を聞きます。
目の前にはウィンナー作りの材料と道具♪

mokumoku1

ウィンナーメーカーの先端についてあるのは羊の腸。
これで2.5m程あるんだそう!!

mokumoku2

まずはミンチ状にした豚の赤身肉に氷を入れてしっかりとねります。

mokumoku3

次に片栗粉と味のついたスパイス、お好みでパセリやブラックペッパーを加えてさらにまぜまぜ。
仕上げに脂身をやさしく混ぜます。

mokumoku4

いよいよ腸詰めの作業へ。
ウィンナーメーカーにお肉を詰め、腸がついた先端をセットしたら、お肉を押し出していきます。
なが~いウィンナーをくるくるとひねったら連結ウィンナーの完成!

mokumoku5

茹で作業はスタッフさんにお任せし、その間に私達はお片づけ。
20分程で茹であがり、できたてのウィンナーを試食させてもらいました♪

mokumoku6

あんつぶ
噛むと中からジュワ~っと溢れる肉汁♡
とっても美味しかったです!!

残りは自分たちでパッキングしてお持ち帰り用に。
かわいい保冷バッグが付いていました。

mokumoku7

今回、4歳の息子と2人で参加しましたが、腸詰めするところがちょっぴり大変でした。
乾燥すると破れやすい腸に注意しながら、ウィンナーメーカーを使いたいけれどうまく扱えない息子をアシストするのに私も必死…(笑)。

でも頑張った分、とってもいい体験になったと思います!
息子も「ウィンナーってこうやってできるんやね。楽しかった~!またやりたい♪」と言っていました。

あんつぶ
モクモクファームでは他にも体験教室がいっぱい♪

2017年6月開催の教室

  • 手づくりウィンナー
  • ぐるぐるスモークウィンナー
  • スモークフランクフルト
  • ジャージーミルクパン
  • ジャージーアイスクリーム
  • 手づくりこんにゃく

 

月ごとや時間帯によって体験できる内容は変わるので、モクモクのHPをチェックしてみてくださいね。

なお、体験教室はネットや電話で予約することができます。
当日でも空き席があれば参加できますが、人気の教室は満席の場合が多いので予約がベターですよ。

あんつぶ
私達が体験した日も手づくりウィンナー教室以外は満席のようでした。

mokumoku8

また、料金は体験教室によって異なります
私達が参加した“手づくりウィンナー教室”は、ペアコース(2名)税込3,240円(3歳以上からの参加人数で申し込み)。

こちらも2017年6月現在の情報になるので、詳細はHPなどで確認してください。

あんつぶ
機会があればまた体験してみたいです♪
次はぐるぐるウィンナーを作ってみたいな~♡

スポンサーリンク

モクモクファームってどんなところ?

モクモク手づくりファームは「食と農業のあり方」を見つめ直してほしいという思いが込められた食農学習の場

さまざまな体験や家畜動物たちとの触れ合いを通して、「農業」と「食べもの」について楽しく学ぶことができます。

ウィンナー作りのような教室の他に、季節を感じさせるイベントや子供むけの学習プログラム、収穫体験なども行われていますよ。
また、温泉や宿泊施設もあるんです♪

あんつぶ
魅力満載のモクモクについて紹介しますね!

体験いっぱい&イベント盛りだくさん♪

モクモクファームでは普段できない体験や珍しいイベントがいっぱい!!

ポニーの乗馬体験

mokumoku9

体重上限があるため小学6年生までが対象となりますが、かわいいポニーの背中に乗せてもらえます。
ヘルメットを被った姿はジョッキーそのもの♡

ジャージー牛の乳しぼり

mokumoku10

本物のジャージー牛を目の前にして、その暮らしぶりや生態について学びます。

mokumoku11

その後はお楽しみの乳しぼり体験。
初めて触る牛のおっぱいから出てくるミルク、興味津々で挑戦していた子供たちです♡

ザリガニ釣り

mokumoku12

餌がついた釣り竿を池にたらし、じっと待っていると釣れました!
これには親も大興奮!!

mokumoku13

ハンモックの森

ファーム内に3か所あるハンモックの森には大きめのハンモックがずらり。
ゆっくり揺られて気持ちいい~♡

mokumoku14

いかだに挑戦

いかだに乗って池をぐるっと周ってみましょう!
我が家はいかだに手すりがなかったので体験しませんでした。

mokumoku15

 

今回紹介したものは、開催時間や回数が制限されていますが全て無料で体験できるものです。
他にも、ミニブタたちの芸や朝ごはんの様子をみたり、子牛にミルクをあげたりもできますよ。

mokumoku 22

また有料になりますが、田植え体験のようなその季節にしかできないイベントや、カブトムシを学ぼうといった発見の場も設けられています。

あんつぶ
今後のイベントも要チェックですね♪

温泉や宿泊も楽しめる!

あんつぶ
モクモクファームには温泉や宿泊施設もあるんですよ。

こちらは“野天 もくもくの湯”

mokumoku16

地下1,000mから湧き出た温泉で、男女それぞれ内風呂が1つ、野天風呂が3つあります。
自然石をくりぬいて作られた野天風呂、気持ちよさそうですね。

毎週木曜日のモクモクの日は入湯料が半額になるサービスも!
また、もくもくの湯の前にある足湯は無料で利用することができますよ。

mokumoku17

 

宿泊施設は“OKAERiビレッジ”と呼ばれています。
ドーム型のコテージに泊まって、特別な朝を味わってみませんか?

OKAERiビレッジではジャージー牛の乳しぼりやえさやり、季節によっては野菜の収穫体験など、宿泊した方だけの朝のひと仕事に参加することができるそうですよ。

コテージには牛さん・豚さんをもっと知ることができる特別な部屋や、小さな子供連れも安心なキッズコテージも用意されています!

入園料や営業時間は?

あんつぶ
実は、モクモクファームは有料と無料のエリアに分かれています。

先ほど紹介した“野天 もくもくの湯”やモクモクの商品が買えるショップ、レストランなどは無料エリアにありますが、ミニブタと触れ合ったり、さまざまな体験ができるのは有料エリアとなるんです。

入園料はひとり500円(税込)。
ただし0~2歳は無料、モクモクネイチャークラブの会員本人であればカード提示にて無料となります(2017年6月現在)。

あんつぶ
モクモクネイチャークラブについてはあとで紹介しますね♪

 

入園時間は10:00~16:30
なお、平日15:00~、土日祝16:00~は入園が無料となるそうです。

休園日は2017年4月~11月では第2水曜日(8月と12月は無休)となっています。
詳しくはHPなどで確認してくださいね。

 

ファームへの入り口は無料エリアにあるこのショップの中にあります。

mokumoku18

ショップの奥まで進み、入園ふだを渡して入るとまずは階段がお出迎え♪

mokumoku19

自然豊かな山間に位置するだけに、ファーム内には勾配の強い場所がいくつかあります。
スロープももちろんありますよ。

mokumoku20

あんつぶ
できるだけ歩きやすい靴や服装がオススメです♪

モクモクネイチャークラブってなに?

実はモクモクファームにはファンクラブがあるんですよ♡

それが“モクモクネイチャークラブ”
全国に約5万世帯の会員さんがおられるそうです!

年会費は無料で、入会金として2,000円(税込)必要となります。
会員になると特典もいっぱい♪

  • 会員カードの提示で会員本人はファーム入園がいつでも無料
  • 会員ファミリー入園招待券が年2回10枚ずつ貰える
  • モクモク通信や通販カタログが届く
  • ネイチャークラブ限定のイベントや食農学習プログラムに参加できる
  • ファーム内での買い物や食事、体験教室などの利用でポイントが貯まる(貯まったポイントは支払いや商品交換に使える)
  • モクモク各店での食事や買い物で割引してもらえる

一番嬉しい特典は、やはりファームへの入園が無料になること!!

ファームへの入園がひとり500円かかることを考えると、ネイチャークラブへの入会はとてもお得だと思います。
会員本人はもちろん、ファミリー招待券のおかげで家族も無料で入ることができますよ。

mokumoku21

ネイチャークラブへの入会は、モクモクファームや直営店、電話やインターネットで申し込むことができます。
ただし、ファームや店頭で入会の場合は、その場で招待券をもらうことができません。

あんつぶ
招待券を利用して入園しようとお考えの方は、インターネットなどで前もって入会しておくことをオススメします♪

アクセスは?

伊賀の里モクモク手づくりファームへのアクセスはこちらです。

住所:〒518-1392 三重県伊賀市西湯舟3609
電話:0595-43-0909

 

三重県伊賀市西湯舟3609

 

あんつぶ
新名神甲南I.Cができたことによって、名神からのアクセスも便利になりましたよ♪

駐車場は2か所あり、料金は無料。
ファームに近い駐車場が満杯になると、第二駐車場へ案内されるようです。
そこからは10分程歩くか、無料のシャトルバスを利用することができます。

GWや人気のイベント開催時には早めの到着がオススメです♪

また、ファームには授乳室やおむつ交換台もあるので、小さなお子様連れでも安心しておでかけできますね。

最後に

今回初めてモクモクファームにおでかけした我が家ですが、動物との触れ合いやウィンナー作りなど、ここでしかできない体験・発見にどっぷりはまってしまいました♡

あんつぶ
自宅から近いこともあって、2週連続で行ったくらいです(笑)。

何よりも子供たちが目をキラキラ輝かせてファーム内を駆けまわっていたのが印象的でした。
ミニブタさんの後について散歩したり、ハンモックでリラックスしたり、ザリガニを釣ってみたり…、いろいろ楽しめるのがいいですね♪

 

モクモクファームとは…
  • 食と農業のあり方を見つめ直してほしいという思いが込められた食農学習の場
  • ミニブタやジャージー牛などの動物と触れ合える
  • ウィンナー作りやパン作りが体験できる
  • 温泉や宿泊施設もある
  • モクモクネイチャークラブに入会するとお得に入園できる

 

季節限定のイベントや子供向けの学習プログラムなどもたくさん開催されています!
我が家も常連になりそうな予感…♡

あんつぶ
みなさんもぜひおでかけの候補に加えてみてくださいね♪
スポンサーリンク

関連記事はこちら