fukuoka city zoo lunch Eye-catching image

 

福岡市の中心にある「福岡市動物園」は、中学生以下のお子様は全て無料

パパ&ママに嬉しい「子連れお出かけスポット」です♪

私も、今度子供連れて行きたいと思っていますが、お昼ごはんはどうしようかなぁ。
私は、動物園の近くに10年以上住んでいますが、向こうで食べたり、お弁当持参したりしてますよ。
動物園にも、食べる場所があるのですね!
では、今日はレストラン情報やその他のお子様が喜ぶ遊戯施設まで、詳しくご紹介しましょう。

 

ということで、今回は「福岡市動物園」

  • レストラン情報
  • メニューや料金
  • ランチ・休憩スポット
  • 遊戯施設
  • 子連れの注意点

まで、何度となく足を運んでいる地元民の私が、盛りだくさんの写真と共にご紹介しますよ!

私も、3人の子供が赤ちゃんの頃からずーっと通っている家族で大好きな場所です。

ぜひ、チェックしてお越しくださいね(*^^*)

Sponsored Link

レストラン&ランチスポットは?

行く前に、向こうで子供が食べられるものがあるか、レストラン情報やメニューも知りたいのですが?
動物園にはレストランがあり、子供向けのランチメニューも豊富ですので安心ですよ。

まず、レストランは園内に

  • 中央食堂(正門そば)
  • 科学館横食堂(動物科学館横)

の2か所あります。

イートインメニュー以外にも、テイクアウトメニューも豊富ですし、持ち込んだお弁当などを食べる場所もありますのでご安心ください。

中央食堂

福岡市動物園 メニュー

1番メニューが豊富なのは、正門から近い「中央食堂」。

ストーブ写真中央のテントは、冬限定で中にストーブやひざ掛けなどの準備もありましたよ。

季節の限定メニューもいつも出ています。

冬は豚汁やカレーうどん、寄せ鍋まで!

夏はまた違う限定メニューが出るのでお楽しみに♪

食券販売機

イートインメニューは食券販売で、テイクアウトは対面で注文販売です。

小さな子供連れなので、ランチメニューが気になるところなんですが・・

お子さん向けの「うどん」や「キッズプレート」などなど・・とてもメニューは充実しています。

メニューと料金
まず、中央食堂のイートインメニューは以下の通り。

メニュー

ちょっと見にくいと思いますが(;^ω^)

《子供向けメニューは・・》

  • キッズカレー 500円
  • キッズプレート 650円
  • とろとろ玉子のオムライス 850円
  • 肉うどん 500円
  • ロコモコ 900円
  • 牛丼(温玉のせ) 700円
  • カルボナーラ 750円
  • ヤマネコラーメン 500円

 

・・などなど盛りだくさん♪

これだけあれば、手ぶらで来ても大丈夫そうですね!

大人も気になるグリーンカレーやイエローカレーといったメニューまで。

それから、ここのオリジナル「ヤマネコラーメン」は私もまだ未体験ですが、気になるところ!

お土産にもあって人気のようですし、ぜひお試しあれ~♪

次に、テイクアウトメニューは以下の通り。

メニュー

《子供向けメニュー》

  • フランクフルト2本入り 400円
  • フライドポテト 300円
  • たこ焼き 400円
  • 焼きそば450円
  • アメリカンドッグ 300円
  • ソフトクリーム 350~380円
  • アンパンマンジュース 150円

冬限定で

  • 肉まん・あんまん 250円
  • コーンスープ 250円
  • スティックドーナッツ 300円

 

などなど、こちらも盛りだくさん!

IMG_0704これだけあれば、お子様も迷ってしまいそう(*^^*)

何かしら好みの物は見つかりそうですね。

パック入りなので、食べきれなくても持ち歩け、後で食べたりもできます。

他の景色の良い場所などで休憩がてら食べるのも良さそうですね!

科学館横食堂

福岡市動物園 福岡市動物園

もう一つ、動物南園側、坂を上ったところにある「科学館横食堂」があります。

動物園を見て回る途中にあり、この食堂前が遊戯施設で長居しやすい場所なので、ここでランチする人も多いかもしれません。

お店の中は、テーブル数が少ないですが、外にたくさんテーブルや椅子が並んでいます。

メニューと料金
イートインメニューはこちら。

メニュー

《子供向けメニュー》

  • かけうどん(おにぎり1個付き) 500円
  • 肉うどん 600円
  • ミートソーススパゲティ 600円
  • キッズカレー(ポテト付き)500円
  • 牛丼 700円
  • オムライス 850円
  • おにぎり2個 250円

 

ちょっとだけ、メニューが中央食堂と違いますね。
テイクアウトメニューはこちらです。

メニュー

《子供向けメニュー》

  • フライドポテト 300円
  • 唐揚げ 400円
  • たこ焼き 400円
  • 焼きそば450円
  • アメリカンドッグ 300円
  • フランクフルト 400円
  • コーンスープ 250円
  • ソフトクリーム 350円
  • どうぶつパンケーキ 500円

 

などなど・・、こちらもちょっと違うメニューになってるのが嬉しいところ♪

「こどもびいる」や「どうぶつパンケーキ」も気になりますね~

もちろん、大人にもビールなど充実しています。

ここは中間地点ですし、目の前の遊戯施設で子供を遊ばせながら一息する休憩スポットにもなりますよ。

植物園

お天気が良い日でしたら、植物園で食べるのもオススメです。

動物園と植物園は園内で繋がっており、別途入園料をとられることはありません

お弁当などを売っている売店展望台カフェもありますよ。

桜が咲いている時期なんか特に気持ち良いですよ。

満開になるともっと綺麗ですし、桜の時期でなくても、シーズンのお花で素敵な空間です。

入園にお金はかからないし、せっかくだから植物園も覗いてみたいですね!
関連記事

食事・休憩スポット

動物園には、作ってきたお弁当など、食べ物を持ち込んだ場合に食事できる場所はありますか?
お弁当持参の遠足にもよく利用される動物園なので、そういった場所もありますよ。

 

【中央食堂の目の前】

大きなテントなので、夏は日差しよけてたべることができます。

周りにハトがいつもいて、子供たちに人気♪

周りのスペースが広いし、トイレや授乳室の目の前なので安心してゆっくりできますよ。

福岡市動物園【中央食堂の上階】

食堂の上にも食べるスペースがあります。

日影が良いなら2階。

お天気の中、気持ちよく食べたい方は屋上がオススメ。

こちらは階段を上らず、ツキノワグマを見た後、キリン側へ向かう途中に行くことができます。

福岡市動物園

福岡市動物園

【科学館横食堂の周り】

科学館横のエリアや、食堂の周りにもたくさんのテーブルやベンチもあります。

遊戯施設前あたりなので、子供を遊ばせながらゆっくり飲み物を飲んだり、ちょっと一息つく場所にピッタリです。

動物園の1番高い坂の上にあたるので、休憩場所ですね。

福岡市動物園

ちなみに、夏場このエリアはミストが出て涼しい場所です。

子供達が自ら濡れに行きますよ(笑)

ここで、夏はかき氷やソフトクリームも食べたくなっちゃうんです。

そうそう!

トイレや授乳室もすぐそばにあることもポイントですね。

福岡市動物園

北園にある休憩所もゆっくりできてオススメ。

下からは見えませんが、この案内が目印。

階段上にちょっと広いスペースがあります。

日除けもあるのが嬉しいところ。

このように、持参したお弁当でも、食堂でテイクアウトしたものでも、食べる場所はあります。

坂道の多い動物園なので、お子様連れの方はランチ時にゆっくりと一度休憩をとると良いですよ。

休憩がてら、坂道移動をいったんやめて、途中の遊戯施設で遊ぶこともオススメです。

Sponsored Link

子供向け遊戯施設も♪

遊戯施設もあるとのことですが、どんなものがありますか?

福岡市動物園には、遊戯施設が集まったエリアに

  • 観覧車
  • メリーゴーランド
  • アストロメリー
  • 乗り物ゾーン

があり、子供たちに人気のスポットとなっています。

では、料金も含め詳しく見ていきましょう。

観覧車やメリーゴーランド

メリーゴーランド

カバを見終えて、小高い坂を上ると・・「観覧車と「メリーゴーランドが見えてきて子供がいつも駆け出します(*^^)

この観覧車、昔の岩田屋屋上にあったものですって。

小さいけれど小高い丘の上にあるので、乗ると意外と良い景色!

怖がりのうちの3歳児も、これなら乗れました☆彡

アストロメリーや乗り物

遊戯施設

その横には、「アストロメリー」も!

幼稚園生や小学生はこっちが大興奮です。

ちなみに、料金は以下の通り。
  • 観覧車・メリーゴーランド・アストロメリーの料金はどれも1回200円
  • 1歳以上が有料となります。
  • 5歳未満は保護者(10歳以上)の同伴が必要です。

 

アストロメリーの下や横の乗り物ゾーンも子供は大好きですね。

乗り物

福岡市動物園

 

 

 

 

 

こちらは1回100円

無料遊具

ここであまりお金を使いたくない場合はこちら!

科学館手前にある無料遊具でも、しばらく喜んで遊んでくれますよ。

これら遊戯施設をサッと通り抜けたい場合は(笑)・・

奥に「こども動物園」があり、ふれあいコーナーなど興味をひく場所となりますので、そちらに連れて行ってしまいましょう♪

こんな風に、全体的にこじんまりした遊戯施設ではあるものの、小さいお子さんなら十分ではないでしょうか。

うちの小学生の上の2人も、いまだに乗り物に乗って楽しんでますよ(^^)

動物科学館

遊戯施設の目の前にある「動物科学館」。

ここも、意外と子供が飛びつくので、立ち寄ってみてくださいね。

福岡市動物園福岡市動物園

 

 

 

 

入るとまず目に飛び込むのは大きな「キリンの骨格標本」!

うちの子達も「大き~い」と思わず声に出してました。

その他にも、様々な動物の標本やはく製、小さな生き物まで。

館内には動物相談員の方がいらっしゃって、分からないことは気軽に尋ねることができますよ。

パネル展示やいろんな図鑑も置いてあって、詳しく学ぶことができます。

ここは、夏は涼しいし、冬は暖かいし、入ると気持ちの良い空間です(笑)

授乳室もありますので、ご利用できます。

Sponsored Link

授乳室は?子連れ情報まとめ!

授乳室もきちんとあるようで安心しましたが、各所にありますか?

他にオムツを変える場所なども気になります。

小さなお子様連れの方も多いと思いますので、ご説明しますね。

授乳室・おむつ替えシートはある?

授乳室は園内各エリアに5か所あります。

トイレ自体も園内に9か所あり、あちこちで見られるので安心でした。

 

もちろん、オムツを変える台も随所のトイレに設置されていましたよ。

子供トイレが設置されている場所も。

道中、あちこちで見かけたので、小さな子連れでも、トイレに困ったりはしませんでした。

授乳予定なら、パンフレットであらかじめ場所を確認してから回ることをオススメします。

ベビーカーや抱っこ紐は必須!

荷物になるし、ベビーカー持参かどうか悩んでいるのですが。
福岡市動物園は高低差があり、坂道が多い動物園です。

また、荷物も多くなりますし、坂道で移動がお子様にはきついので小さなお子様連れはベビーカーも必須です!

ちなみに、ベビーカーの貸し出し210円であります。

ただし、数に限りがありますのでご注意くださいね。

忘れると、子供より抱っこをせがまれるパパ&ママが大変な思いをします・・

注意して欲しいのは坂道が多いということ!!

福岡市動植物園

写真で見るよりけっこうキツイので要注意。

ベビーカー抱っこ紐持参が安心ですよ。

福岡市動植物園

それと、坂道になると走り出す子供が多い!

うちの子もそうなんですが・・

あちこちに「走るとあぶないよ」の看板が。

動物園に来る際は、親もスニーカーで!

ヒールは絶対にやめた方がいいです。

なるほど。

準備万端で来てめいっぱい楽しみたいと思います。

 

関連記事

最後に

福岡市動物園には

  • 中央食堂
  • 科学館横食堂

があり、イートイン&テイクアウト共に、子供向けメニューも豊富

手ぶらで行っても心配ないし、お弁当など持参で食べるスポットもあります。

  • 観覧車
  • メリーゴーランド
  • アストロメニ―

などの遊戯施設も、小さいながら喜ぶスポットです。

授乳室やおむつ替えシートもあり、トイレも各エリアに充実。

ただし、坂道の多い動物園なので、ベビーカー抱っこ紐はお忘れのないように!

 

以上、写真盛りだくさんでご紹介してきましたが、いかがでしたか?
楽しそうな場所ですし、ランチの心配もなくなりました。

今日ご紹介したのは、動物以外の情報でしたが、お子さんが喜ぶ動物たちもたーっくさんいますからね。

しかも、中学生までのお子様は全て無料!!

大人も600円で、こんなにいっぱい動物見られたら十分だと思います。

季節ごとのイベントもありますし、ぜひお越しの際はその辺もチェックして来てくださいね。

次回は、お子様が喜ぶ動物特集記事もアップしたいと思いますのでお楽しみに♪

byRIKO

Sponsored Link


関連記事はこちら