fukuoka city zoo Eye-catching image2

 

福岡市中心部に位置する「福岡市動物園」!

1年中様々なイベントがあり、たくさんの家族連れやカップルで賑わいます。

そこで、気になるのが混雑具合・・駐車場には停められるのか心配です。
確かに、週末やイベント時には混雑しますので注意が必要です。
やはり・・車以外のアクセス方法も、チェックしておこうかな。
「どのくらいに来園したら停車できるのか」という車の場合も含め、他のアクセス方法、駐車場の増台工事についてまで細かくご紹介しますね。

 

今回は福岡市動物園の「駐車場やアクセス情報」について

  • 駐車場情報
  • 週末やイベント時の混雑具合
  • 駐車場増台リニューアル情報
  • 様々なアクセス方法(車・バス・地下鉄・電車)
  • 詳しい行き方

など・・地元民で何度も行っている私が、詳しくお話しますよ。

何も知らずにゆっくり出かけると、駐車場探しで時間がつぶれちゃうなんてことも!?

ぜひ、お出かけの前にチェックしておいてくださいね!

スポンサーリンク

駐車場混雑具合は?

車で行こうと考えているのですが、駐車場は停められそうですか?

ご来園の際、もしもお車のご利用をお考えでしたら、駐車場はかなり込み合うのでお気をつけください。

連休や、イベント時は特に、開園時間前に着いたとしても満車で停められないという可能性大です。

福岡市動植物園の駐車場情報から詳しく見ていきましょう。

駐車場情報

福岡市動植物園には3つの駐車場があり、どこの駐車場に停めるかで、入門口も変わってきます。

福岡市動植物園

  • 動物園駐車場→動物園正門
  • 植物園駐車場→植物園正門
  • 西展望台駐車場→動物園西門

※ハートマーク下が駐車場、星マークが門の位置

どこから入っても、同じ1日500円というお値段(乗用車)で動物園と植物園が自由に行き来できるので、入った門から動物園を回り、戻るという見方で大丈夫です。

動物園駐車場

駐車場 

90台(工事期間中は83台)

  • 週末は開園後すぐに満車
  • イベント時は開園前に満車になることも!
  • 工事後駐車場が増えるという話もあり。(~平成30年10月工事予定)

※動物園のHPでは「正門前駐車場は現在工事中でご利用できません」の記載のままですが、上の写真の通り2017年2月現在、ここの工事は終わり利用可能になっています。

正門エントラス部の工事のため、以前あったロータリー部分の使用はできません。

総合案内所(券売所)が動物園駐車場内に仮設で移転しているので、駐車台数が減っている状況です。

 

現在、正門からエントランスにかけては工事中となっているため、以下が仮設入園門となっています。

仮設口 

この写真窓口にチケットを渡し、その左奥へ進むと、入口があり見えているゾウのエリアにすぐにつながっています。

植物園前駐車場

福岡市植物園

130台

  • 正門前より広く、動物園駐車場が満車になった後に皆こちらに停める
  • 普段は開園前に満車になることはほぼなく、9時台ならだいたい停められる
  • GWなどイベント時は開園前に満車なことも
  • 動物園と植物園は園内のスロープカーで行き来可能なので、最初からこちらに停めることもオススメです。

福岡市動植物園

植物園入口から動物園に入る場合・・

入ってすぐに見える噴水手前で左に曲がります。

案内に沿って下に下ると、スロープカーがあるのでこちらから動物園へ。

  1. スロープカーを降りたところが、トラやライオンの南園近く
  2. 左側上へ回ってカバや遊戯施設・こども動物園など見て
  3. キリンなどがいる北園満喫
  4. 最後にゾウから上りヒョウなどアジア熱帯の渓谷エリアを見て
  5. またスロープカーで上がると1周うまく見て回れますよ。

 

植物園駐車場に停めても動物園にすぐに入れて1周見られるのですね!
【西展望台駐車場】

75台

動植物園2つの駐車場がいっぱいな時に案内されるのが、西展望台駐車場です。

少し離れたところにありますが、動物園西門から入ることができます。

入ってすぐにカバさんが居て、その上には遊戯施設やこども動物園があり、そちら側へ。

反対回りは、坂道がきついのでこの順序に1周がオススメですよ。
【近隣のコインパーク】

3つの駐車場が空いていない時は近隣のコインパークのご利用となります。

駐車場 駐車場

動物園に向かう浄水通り沿いにコインパークが左右にいくつもあります。

しかし、それぞれ台数がそこまでないので、混雑時にはすぐに埋まるため、やはり来園は早めがオススメです。

※それぞれの場所や料金など詳しい近隣の駐車場情報は、動物園HPの近隣の駐車場マップをご参照ください。

週末の駐車状況

どのくらいの時間に行けば停められるのでしょうか?

何もない平日は、9時台でもわりと駐車できますが、週末になるとやはり混み合います。

ある週末の駐車場状況を見てみましょう。

週末日曜日

  • 動物園駐車場・・・ 9:13
  • 植物園駐車場・・・9:56
  • 西展望台駐車場・・・10:55

別の週末日曜日

  • 動物園駐車場・・・8:48 
  • 植物園駐車場・・・9:24
  • 西展望台駐車場・・・ 9:35

このように、9時開園前に正門前の動物園駐車場が満車になることもあります。

GWの駐車状況

もっと混むのがゴールデンウイーク

無料開園日こどもの日には9時開園前頃に来ても駐車できないのでご注意ください!

浄水通りから動物園に向かうと左手に「動物園駐車場」が見えますが、この時既に満車で黒い車が入れずにいます。

GW中は、この浄水通りが大渋滞です。

過去のとある日の駐車状況見てみると・・

GW中

  • 動物園駐車場・・・7:57
  • 植物園駐車場・・・8:24
  • 西展望台駐車場・・・8:40

 

ゴールデンウイーク中は・・

動物園正門前の駐車場は8時前には満車

他の駐車場も8:30前後には満車となっています。

 

開園は9時なのに、1時間前には満車なんて!

GWやイベント時は、周辺道路まで激しい渋滞となります。

この時期は特に、公共交通機関を利用するとよいでしょう。

夜の動植物園開催時

夜の動植物園時もかなり混み合います!

詳しくはこちらの記事をご覧ください→「夜の動物園2017」福岡市動植物園の夏の目玉!料金や動画リポ♪

スポンサーリンク

リニューアルで駐車場台数を拡大計画!

ちなみに現在、リニューアル20年計画真っ只中であり(~H37年度)工事中ですが、HPにあるその計画を覗いてみると・・

  • 正門前エントラス部分に地下駐車場
  • 既存駐車場の立体化

によって駐車台数が増台予定とあります。

地下駐車場の工事中!

現在のエントラス部分はこんな感じ。

福岡市動物園

 

※2017年8月末撮影

まずは、この写真部分のエントランスになる部分下に、地下駐車場ができるとのこと!

園の方に聞いたらこの地下駐車場は「100台程度」とのお話です。

少しでも駐車場が増えるのは嬉しい情報ですね!

さらに駐車台数は増える!?

ちなみに、HPにある計画案には・・

20年計画全ての工事によって駐車場台数は、現況295台→計画 最大で750台へとあります。

※現況台数は現在工事でもっと少ないですし、これはあくまで計画案として載っている台数です。

「最大750台」との記述に関して園の方に尋ねてみましたが、地下駐車場以外の言及はなく「そんなに多い台数にはならないのでは」という感じ(;^ω^)

立体化についてはまだ工事に入ってませんし、理想の計画案で台数的にはそこまではいかないのかな!?

福岡市動物園

とりあえず、エントランス部分の工事期間はH30.8.31となっています。

地下駐車場がいつから使えるかはまだ分かりませんが、どうなるか注目しておきますね。

詳しくは、動物園のHPの検索から「リニューアル」と入力し

→リニューアル(福岡市動植物園再生事業)のページをご覧ください。

  • 再生事業概要
  • 計画平面図・スケジュール
  • 動物園エントラス部

について、上に書いた計画の概要や、将来の動物園の完成予想図などを見ることができます。

 

この計画案を見る限り、市としては建設中の地下駐車場だけでなく、現存駐車場を立体化したり・・

「どうにかもっと増台をする方向で進むのでは?」

とも感じ取れます。

動物園内部も大幅に変わり、より身近で魅力いっぱいの動物園になるようですよ。

園内工事と共に、期待したいです。
では、次は車を含め、他のアクセス方法も詳しくご説明していきますよ。
関連記事

福岡市動物園へのアクセス方法は?

他県から行く場合、どういったルートになりますか?
高速で来た場合のルートやバスで行く場合など、それぞれご紹介しますね。
車で行く場合

動物園のHPには

ルート

という分かりやすさ重視の道路を勧める記載になっていますが・・

高速降りて渡辺通へ行くと天神を通ることになり、週末は特に渋滞します。

渋滞

地元民のわたしなら、天神を避けるルートで向かいます。

【天神を避け大正通りから向かうルート】

ルート

 

 

上の地図で

  • 灰色の右ラインが天神を通るルート
  • 左の青ラインが大正通りを通るルート
高速降り、天神を避けて通る方が渋滞は避けやすいのでご参照くださいませ。

※それでも土日祝日は激しく混雑しますので、公共交通機関のご利用がオススメです。

バスで行く場合
動物園前で降りれば、すぐなのでバスはオススメですよ!

博多方面からバス利用】

  • 「博多駅前B」乗り場 58番バスで約20分(土日祝は約20分おき)

天神方面からバス利用】

  • 「天神協和ビル前(10)」乗り場 56・57(※)バスで約20分(土日祝は約10分おき)
運が良ければ、動物園のペイント&中に動物のぬいぐるみ装飾バスに出会うことも。

降りるバス停は以下のようになっています。

《最寄りのバス停》

動物園

  • 56・58番バス-「動物園前」下車→動物園正門から入園
  • 56・57・58番バス-「上智福岡中高前」下車→動物園西門から入園

植物園

  • 56・57・58番バスの場合-「小笹団地正門前」

※57番は「動物園前」を経由しませんのでご注意ください。

 

基本は「動物園前」下車が入口が近く、分かりやすいのでオススメです。

「上智福岡中高前」や「小笹団地正門前」で降りるのは、西門や植物園から入る場合です。

ゴールデンウイークと、「夜の動植物園」開催日(8月と9月2週目までの毎週土曜)は、地下鉄駅から無料シャトルバスが運行されます。

※バスの乗車場所や割引についての最新情報は、動物園のHPをご参照ください。

地下鉄で行く場合

【地下鉄七隈線の場合】

  • 地下鉄七隈線「薬院大通駅」下車2番出口下車
さぁ、地下鉄を出ると・・そこからはバスまたは徒歩での移動となります。

【バス】

  • 薬院大通り」バス停から56・57番乗車→動物園まで6分。(土日祝10分おき)

地下鉄出口から出てすぐの場所、バリュー前にバス停があります。

【徒歩】

地下鉄2番出口から出て左手に見えるローソン側へ向かい、ローソン超えてから左折

  • 浄水通りを15分ほど歩くと動物園です。

「薬院交番前」や「九電記念体育館前」を通ってずーっと浄水通り沿いにまっすぐです。

 

浄水通り周辺は、話題のお店やカフェ、日本庭園鑑賞ができる松風園などもあります。

お時間ある方は、散策してもよいですね。

  • 地下鉄1日乗車券
  • 地下鉄薬院大通駅・桜坂発行の乗車証明書

の提出で団体割引の適用も受けられるのでぜひ利用しましょう。

電車で行く場合

【西鉄電車利用の場合】

  • 西鉄大牟田線「薬院駅」下車南口

→「薬院駅前」58番バスで10分(土日祝 約20分おき)

 

電車降りたら、バスに乗り換えて行けば良いのですね!

もしも、電車ご利用予定なら、お得な福岡市動植物園きっぷをオススメします。

  • 西鉄電車
  • バスの乗車券
  • 福岡市動植物園の入園券
  • ミスタードーナツの割引クーポン券(西鉄薬院駅店のみ有効)

これらがセットになった企画乗車券です。

お得な券ならぜひ、利用したいですよね。

このように、車・バス・地下鉄・電車、4つのアクセス方法をご紹介しました。

以上の情報をご参照の上、当日の行き方を決めてみてくださいね(*^^*)

※行かれる前にこちらの割引やランチ情報&子連れ動物園体験談もチェックしてくださいね☆彡

福岡市動物園の基本情報は?

最後に、動植物園の営業時間や所在地などの基本情報は以下の通りです。

【営業時間】

  • 9:00~17:00(入園は16:30まで)

【休園日】

  • 月曜日
  • (祝日の場合は翌日、3月の最終月曜は開園)
  • 年末年始(12/29~1/1)

【入園料】

入園料(植物園含む)
大人 600円
高校生 300円
中学生以下 無料

【所在地】

〒810-0037

福岡市中央区南公園1番1号

福岡市中央区南公園1番1号

【お問い合わせ】

福岡市動植物園総合案内所 092-531-1968

チェックしてお越しくださいね!

最後に

福岡市動植物園には

  • 動物園駐車場
  • 植物園駐車場
  • 西展望台駐車場

3つの駐車場があり、週末やイベント時には上から順に埋まっていく

【駐車場の混雑具合】

  • 週末―動物園駐車場から開園時間前後に満車になることも
  • GW-動物園駐車場から8時前に満車になることも

混雑が予想される時は、公共交通機関がオススメです。

【リニューアル工事】

現在「地下駐車場」を建設中で100台程度の増台が見込まれています。

今後もっと増台の計画もあるので期待したいところ。

【アクセス】

車、バス、地下鉄、電車でお越しの際は、上のアクセス方法をご参照の上お越しください。

 

混雑具合やアクセス方法は参考になりましたか?
車でお昼前に着くように考えてたので・・それじゃ停められない可能性大だと知れて良かったです!

駐車場に関しては、現在増台も含めリニューアル工事中となっています。

今後、福岡市動植物園の正門やエントランスと共に新しく生まれ変わるのも楽しみですね。

とってもお手頃な入園料でたくさんの動物に会えるので、ぜひお気をつけてお越しください!

スポンサーリンク

関連記事はこちら