雨の日の休日。
我が家では、お天気の日なら公園で遊ばせることが多いです。

しかし、雨の日は「イオンでもいく?」となることが多いです。
実際、イオンモールに行くと多くの子連れ家族をみかけますね。

あちこち移動しなくても買い物、食事、子供の遊び、駐車場などが一つの建物に揃っているので子連れでもお出かけしやすい場所なのではないでしょうか。

そこで今回は、イオンモール京都桂川店についてご紹介したいと思います。

Sponsored Link

イオンモール京都桂川店とは

イオンモール京都桂川店は2014年秋にオープンした京都では一番新しいイオンモールです。
JRの「桂川」駅と直結していて電車での買い物もとっても便利です。
阪急の「洛西口」駅からも徒歩約5分となっています。

プリント

原宿表参道に1号店がある人気の雑貨店「オーサムストア」の2号店がイオンモール京都桂川店にオープンするということで、話題になっていました。
関西初出店だそうです。

Sponsored Link

イオンモールでの食事は?

プリント

桂川イオンは2階に「洛西小路」というレストラン街があります。
そのなかにあるビュッフェダイニングCHISO KOMACHIでランチをしたことがあります。

メニューはお寿司やカレーなど子供が喜ぶメニューから、約60種類の和洋中の
料理、デザートと何でもありました。

その中でも、子供が喜んでいたのが自分で作るワッフルです。
ワッフル専用の焼き器と生地、時間をはかる砂時計がおいてあって自分でワッフルを
焼くことができます。

息子は、5歳なので私と一緒にやりましたが、初めてでも簡単にできました。
小学生ぐらいのお子さんは1人で焼いて、その上にソフトクリームをのせたりトッピングして嬉しそうに席へ運んでいました。

息子はここでの食事が楽しかったようで「また行きたい」と言っていますが、また何か特別な日に連れて行ってあげようと思っています。

その他にも3階には「フードコート」「カジュアルコート」があります。「カジュアルコート」にはマクドナルド、ミスタードーナツ、ケンタッキーが並んでいて一角には幼児用の低いテーブルとイスも並んでいるので軽く食べながら休憩もできます。(休日は混んでいて席がなかなか空きませんが)

子供の遊び場・桂川パーク

bornelund kidokid grandfront3

 

3階のカジュアルコートの前には「かつらがわぱぁく」という幼児向けの遊びスペースがありす。

幼児向けとなっていて大きなお子さんは楽しめませんが、靴を脱いで遊ぶようになっています。

特に遊具があるわけではありませんが、小さいお子さんがハイハイしたり、小さなお山?に登ったりして遊んでいました。

その遊びスペースを囲むように黄色いソファーが並んでいて、保護者の方が様子をみながら座って休憩できるようになっています。

その他にも、モーリーファンタジーなどおなじみの遊び場もあります。

最後に

これは、うちの4歳の息子が大のお気に入りの場所なんですが、3階に「楽市楽座」というクレーンゲームがたくさんおいてあるお店があります。

その奥に壁一面を使った「ピタゴラスイッチ」のような仕掛けの装置があります。
ボールが登ったり落ちたりするのを息子は時間を忘れて見ていました。

同じように、まわりにはポカンとお口を開けてその不思議な装置を見上げる小さな
お子さんが。。
もし、桂川イオンに行かれた時にはちょっと覗いてみて下さいね。

ゆうママより

 

Sponsored Link


関連記事はこちら