初めてのベビーカーえらび、悩んでいませんか?
どのべビーカーが自分にとってベストなのか、判断できる方はなかなかいないと思います。

毎年各メーカーから新しく、素敵なベビーカーが続々と発売されています。
その多くのベビーカーの中から1台を選ぶのは、至難の業です。

実際、私が購入したベビーカーが、果たしてベストだったのかというと、そうではないと思いますし、もう1台購入を考える時も相当悩むと思います。

私はたいして情報もないまま、雑誌でベビーカーの特集がされていたページを参考に、主人と相談してデザイン重視で購入を決めてしまったので、もっと、他のベビーカーと比較検討してから購入したほうがよかったと今となっては思います。

そして、その時々によって流行りもあります。
私が購入した当時は、MACLAREN(マクラーレン)が中心でしたが、現在は見かけることがなくなってきました。

ベビーカーによって、金額はバラバラですが、決して安い買い物ではありません。
ですが、使用期間は約3年、第2子、第3子をお考えであれば、お下がりが使える、しっかりしたベビーカーを選んだほうが結局はお得だと思います。
もちろん、人によっては性別に合わせて2台目を購入したりされるかもしれませんが...

私が選んだベビーカーは

MICRALITE(マイクラライト)社製のベビーカー「ザ・バギー」です。
3色ある中から、オリーブグリーンを購入しました。
2008年に購入したので、現在は生産を終了しており残念ながら発売されていません。

ですが、現在発売されているマイクラライト社のベビーカーとフレームなどは同じなので、参考にしていただければと思います。

2008年から約3年使用したのち、第2子が生まれたのを機に、またマイクラライトのベビーカーを現在使用していますが、2015年の今、使用感はまったく購入当時と変わりません。

マイクラライトの長所

・マキシコシのベビーシートとドッキングが可能です。
・背中部分がメッシュ素材で汚れがつきにくく、夏場など通気性が良いです。
・見た目がかっこよい!
・畳んだ後も自立するのは助かります。
・荷物を正面から入れることができます。
・人とかぶりにくいです。
走行に安定感があり、段差も楽々です。
・ハンドルがU字なので、傘をさした時や子どもの手を繋ぎながら、などの片手で走行が可能です。

マイクラライトの短所

・前輪フレームの幅が広いため、車椅子の改札口を選ばなくてはならないです。
・階段などで持ち上げる時、結構重いです!
・畳んでも場所をとります。
・やや高額です。
・後輪のタイヤにその都度、空気を入れることが必要です。
・ハンドルに子どもを載せていない状態で荷物をかけると倒れます。
・帆が小さく、あまり役に立ちません。(後付けの帆を付けることをオススメします)

スポンサーリンク

新生児から利用するには?

MAXI-COSI(マキシコシ)社製の新生児から約1歳まで使用可能なベビーシートを選び、別売りでカーシート・アダプター(¥5292)を購入していただくと、マイクラライトにドッキングでき、対面式のベビーカーになります。

ドッキングすると、重さがプラスされることと、たたむことができなくなります。
車で移動する際には、大変便利です。

現在正規店で発売されている製品は

twofold(トゥーフォールド)
super lite(スーパーライト)

の2種類です。

購入するには

保障や修理などのメンテナンスの面から正規販売店を選ぶ方が無難です。

・DAD WAY(ダッドウェイ)
・三越伊勢丹各店

まとめ

マイクラライトは、見た目のカッコよさや走行がとってもとっても楽なので、おすすめのベビーカーです。

近所のお散歩や、車での移動がメインの方は良いですが、電車やバスなどの公共機関を利用する方は、一度考え直した方がよいかもしれません。

どこでベビーカーを利用するか、想像することが大事です。

Mimosa

スポンサーリンク

関連記事はこちら