浜寺公園というと大阪に古くからある公園ですが、広大な敷地面積を誇ります。もちろん、車は駐車場に駐車しますが、広い園内を汽車が走ってるってご存知ですか?

JRでも私鉄でもない、浜寺公園の子供汽車です。私も乗ったんですが、子供だけ?と思いきや、大人ももちろん乗れます。汽車好きの子供は、もう大興奮。

今回は、浜寺公園にある汽車について、

  • 料金は?
  • 何時から何時まで動いてる?
  • 口コミは?
  • 昔の電車も見れるってホント?

をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

浜寺公園にある汽車♪気になる料金は?

浜寺公園内に汽車があると聞きました。いくらくらいかかるんですか?
浜寺公園には、子供も大人も乗れる、本格的な汽車があります。料金をご説明しますね。
子供汽車 大人(高校生以上) 小人(4歳~中学生)
個人 300円 140円
団体(30人以上) 210円 100円

子供汽車とはいえ、1度に98人も乗車可能で、1番後ろの車両には車椅子のまま乗り降りすることも出来ます。そして、空いていたら自転車も乗せてもらえます。

団体だと安くなるので、よく遠足で訪れた子供達も乗っています。

017hamadera park

子供汽車は何時から何時まで運行してる?どこまで乗れる?

子供汽車って何時から何時まで乗れて、どこまで行けるんでしょうか?
子供汽車の運行時間や距離についてご説明しますね。

運行時間

運行開始時間 運行終了時間
3月20日~10月第3日曜 10:00 17:00
上記以外 9:30 16:30

浜寺公園の開園は9時、閉園は夕方5時なんですが、子供汽車の運行時間は、3月20日~10月第3日曜までは、10時から夕方5時それ以外の期間は、9時半~夕方4時半までです。

016hamadera park

運行距離

  • 「花壇広場」と「交通公園」の間を往復
  • 20分に1本
  • お昼休憩あり

公園の中心付近にある花壇広場と、球場奥の交通公園駅間を往復しています。運行は20分に1本。定員になったら、次を待たなくてはいけません。また、お昼休憩時は、運行も一時お休みとなりますので、ご注意ください。

ただ乗るだけでなく、広い園内を移動の手段としても使えます。

浜寺公園の汽車からの動画はこちら。

関連記事)浜寺公園の駐車場の混雑具合は?何時に満車になる?

 浜寺公園の汽車はとっても楽しい♪みんなの声

実際乗られた方の口コミってありますか?
子供汽車は、子供だけでなく、大人にも好評です。みんなの声をご紹介します。

もう、浜寺公園に来たら子供汽車に乗らないことには始まりません。園内を走る汽車。子供は必ず「あれ乗りたい」と言うはずです。もちろん、大人だけで乗るのもOKです。

スポンサーリンク

昔の汽車もあるってホント?乗れるの?

023hamadera park

汽車は子供汽車1本だけなんでしょうか?
実際に乗れて園内を走る汽車は難波号ですが、それ以外にも昔の汽車もあるんです。
  • 蒸気機関車D51
  • チンチン電車

蒸気機関車D51

蒸気機関車の中でも最も有名なD51「デゴイチ」の愛称でも親しまれたもので、国鉄では最も古い蒸気機関車なんですよね。このD51は展示のみなんですが、実際に昭和46年8月まで走っていて多くの人や物を運搬していました。

チンチン電車

阪神電気軌道で実際に活躍していた電車なんです。しかし、たくさん走ったチンチン電車はその役目を終え、平成13年からここ浜寺公園に展示されていて、昔の雰囲気そのままの、その車内に乗ることが出来ます。中には椅子の他にテーブルもあり、実際に座ったり、触ったりすることができ、そのオシャレでレトロな雰囲気に、大人の方が魅了されちゃいます。

ありがとうございました。こりゃ実際に行って乗って来るしかありませんね。子供も喜びそうですが、電車好きな主人も喜びそうです。

関連記事)浜寺公園の無料バーベキュー地図はこちら!雨の場合は?

最後に

019hamadera park

  • 浜寺公園の子供汽車は、大人300円、小人140円
  • 20分間隔で運行
  • 「花壇公園」「交通公園」間を運行
  • 子供だけでなく大人にも人気
  • D51やチンチン電車の展示もある

広い園内、移動だけでも疲れますよね。小さい子を連れていたら特に、荷物を持って抱っこで移動は本当に大変です。ただ記念に乗るというだけでなく、移動手段として子供汽車に乗るというのもおすすめです。

また、電車が到着する交通公園には、ゴーカートやバッテリーカーもあって楽しいですよ♪

◆オススメ◆
関西でお出かけスポット、実際に行ったところだけ、まとめました!よろしければどうぞ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

関西子連れおすすめ

スポンサーリンク

関連記事はこちら