お受験も本番直前!対策の手は尽くした、さて、もうすぐ本番!試験対策は万全。でも、ちょっと待って!服装は一体どうしたらいいの?!

困って調べようと思っても、ネットの情報もたくさん、お受験専用の通販サイトも最近では数が増え、一体本当に必要なものは何なのか、探しきれない!なんてこともありますよね。

子どもはもちろん、両親面接がある場合には、父、母までも。それぞれ、どんな服装で、さらには、どんなアイテムが必要なのでしょうか。

子供の服装はどうすれば?

・親の服装は黒か紺のスーツでよい?

・その他のアイテムや、気を付けるポイントは?

娘と息子の小校受験をくぐり抜けた経験から簡単にポイントをお伝えいたします。

スポンサーリンク

子供の服装はどうする?

子どもはどんな服装にするのがよいのでしょうか。
男の子、女の子ともに共通するのは以下のポイントです。
  • 面接やペーパーの試験では、華美過ぎず、清楚さを重視!
  • 運動、行動観察では動きやすさと清楚さをミックス!
  • 学校によって、好まれる基本スタイルやカラーは異なるので注意!
それでは、ここからは男の子、女の子でさらに具体的にご説明していきましょう。

男の子

  • 白のワイシャツ、ブレザー、半ズボンが基本
  • 靴下は白、ベストもOK
  • 靴は黒のローファー、上靴の場合は白で縁取りなども派手すぎないもの、キャラクター物は厳禁
  • 地域や学校によって、好まれる基本のスタイルは違うので注意
  • 行動観察や運動的な試験を伴う場合は、ポロシャツ、伸縮のよいズボン、短パン、体操着

男の子の場合、基本は半ズボンですが、地域や季節によっては長ズボンでもよいと思います。だぶつかず、サイズもピッタリなものがよいですね。色は黒紺が一般的です。

su-tu

女の子

  • ブラウス、ブレザー、スカート、キュロットスカート、ワンピース、スーツタイプのもの
  • 靴下は白、上に羽織るものとしては、ボレロも好まれるようです
  • 靴は黒のローファー、上靴の場合は白で縁取りなども派手すぎないもの、キャラクター物は厳禁
  • 行動観察や運動的な試験を伴う場合は、ポロシャツ、伸縮のよいズボン、短パン、体操着
女の子は男の子よりも、選択肢が多くて悩みますね。

デザインが個性的すぎると悪目立ちしてしまうかもしれませんので注意が必要です。お子様がより賢く、清楚に見えるような、個性に合った、シンプルな中にもきらりと光るデザインのものがよいですね。

色はやはり、黒紺が基本でしょう。男の子も、女の子も、受験校によって、好まれるカラーやスタイルは違うので、事前の調査は欠かせません。

su-tu

関連記事)小学校受験ってどんな問題が出るの?面接は?

親の服装は?

親の服装にも決まりや、こういったのが一般的というのがあるんでしょうか?
両親の服装は父親、母親に分けてポイントをお伝えします。

父親

  • スーツは黒・紺・グレー
  • ネクタイは似合うもの
  • はきものは、革靴、スリッパ(お受験用)、靴下はダークカラー

スーツは基本、黒・紺・グレーでしょうか。都内では、濃紺が定番なカラーのようですね。華美過ぎない、シンプルなお似合いのコーディネートがよいでしょう。

母親

  • スーツのデザインは華美過ぎず、かといって、地味すぎず。エレガントな清楚さで勝負。
  • アクセサリーは、シンプルに。
  • 履物はヒール付のスリッパや、黒のパンプスなど

スーツはセレモニースーツ、ビジネススーツ、ワンピース。色は黒・紺・グレーなど派手すぎないものにしましょう。

やはり、学校により、好まれるスタイルや雰囲気、カラーは異なります

mensetu

当日、浮いてしまわない服装を選ぶため、どんなタイプのスタイルの両親が多いのかは、しっかりと事前にリサーチしておきましょう。スカートの丈も長すぎず、短すぎず、鏡で見た目をチェックして、身の丈と相談しましょう。色々と迷ってしまったら、お受験用コーナーのある百貨店で相談するのもありだと思います。

スポンサーリンク

その他、気を付けるポイントは?

他にどういうことに気を付けたらよいのでしょう?
髪型や身だしなみ、バックにも注意しましょう。
  • 髪型、特に女の子は乱れに注意!
  • 子どものトイレ後のシャツはみ出しに注意!
  • バッグの大きさは持ち物に合わせて、色は黒紺系のお受験バッグがベター。

女の子は特に、運動や行動観察での髪の乱れも気になります。ゼッケンの脱着をする場合もあります。ヘアアクセサリーが邪魔にならないよう気を付けましょう。

関連記事)

最後に

  • どんなカラー・服装が好まれるかは、実際に受験する小学校についての口コミで判断
  • 受験する小学校の雰囲気に合わせる
  • 高級なスーツはもちろん見栄えは良いが、安物のスーツでも合格する人はいる。
色々ポイントをお伝えしてきましたが、受験校の雰囲気に合わせることが何より重要です。

ご説明したポイントが全く役に立たないケースもあるかもしれませんが、しっかりと、学校公開などで、ご自身の目で、雰囲気や求められるスタイルを見極めてくることです。

高級な衣類は、もちろん見栄え良く立派には見えますが、清潔感と、それぞれに似合うスタイルであれば、合否に基本的には関係ないと思います!家族全員が、全力で力を発揮できるような、お気に入りの服装で試験に臨めるといいですね。

スポンサーリンク

関連記事はこちら