2016年4月29日にオープンした京都の梅小路の鉄道博物館ですが、その3階にあるスカイテラスが解放感あって、かつそこから新幹線や貨物列車とともに京都の景色を見ることができます。

1階から順番に見ていくと、3階に辿り着く頃にはたいていの方は疲れていますが、その疲れが一気に吹き飛ぶのがこのスカイテラスです。

今回はそんなスカイテラスの魅力についてお話します。

スポンサーリンク

京都の鉄道博物館のスカイテラスの魅力は?

  • 新幹線が見える。
  • 貨物列車が見える。
  • 京都の景色が見える。

これらが一緒に見える。百聞は一見に如かずということでこちらのツイートをどうぞ。

新幹線と世界遺産である東寺の「五重塔」のコラボです。普段こんなコラボは見られませんので、なんかいいですね^^

そもそも京都は景観を守るために厳しい条例があり、タワーマンションなどの高い建物を建てることができません。ここからの景色は、そんな高い建物に邪魔されることなく、広角にわたり見渡せる抜群の眺望を楽しむことができるのです。

さらに、貨物列車の駅が近くにあり、貨物列車を見ることもできます。

貨物列車をボーと眺めたり、新幹線と五重塔や京都タワーとのコラボという非日常的な景観を楽しめるのがこのスカイテラスの最大の魅力なのです。

しかも、列車が見やすい高さにある展望台で、身長の低い子供でも柵に邪魔されずに見やすく設計されているようです。ですので、非常に見やすいのもポイントです。

運が良ければドクターイエローに会えるかもしれませんね。

こちらは新幹線、在来線、貨物、五重塔が見えますね。

IMG_6896

京都の鉄道博物館にご飯の持ち込みは可能?

鉄道博物館にお弁当などの持ち込みは可能ですか?
可能です。

このスカイテラスに持ち込むことも可能ですし、同じ3階には食事ができる部屋が用意されています。こちらにも持ち込んで食事をすることが可能です。

また1階にもテーブル付きのベンチがあり、そちらで食事をとることも可能です。

3階の食事ができる部屋はこちら。

IMG_6879

IMG_6880

混雑していなければ、食後にのんびりくつろぐこともできますね。

ちなみにお弁当は販売もされています。弁当箱付きですと1500円です。弁当箱付きお弁当はこちら。

最後に

京都鉄道博物館まとめ10の一番最初にスカイテラスを挙げておられます。

電車にフォーカスを当てて、京都の景観をぼやけさせた躍動感ある写真ですね^^

スカイテラスで列車の運行状況を確認しながら見ることができ、あまりに撮りやすいので、今後大丈夫なのか?こんな心配までされていますね。撮り鉄にはたまらない場所なのかもしれませんね。

京都の鉄道博物館はオープンして間もないですが、ツイッターなどネットでのシェア情報を見ているとスカイテラスからのコラボ写真をたくさん見ることができます。

鉄道博物館に行かれた際は、開放感あふれ、普段見れないコラボシーンが見られる、そんなスカイテラスに是非立ち寄ってみてください。

関連記事)

スポンサーリンク

関連記事はこちら